La☆BlueGirl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
淫獣学園から転送)
移動: 案内検索
La☆BlueGirl
ジャンル 成人向け漫画、忍者
漫画:La☆BlueGirl(リイド社版)

ラ・ブルー・ガール(シュベール出版社版)

作者 前田俊夫
出版社 リイド社
シュベール出版
掲載誌 COMICジャックポッド
レーベル SPコミックス
シュベールコミックス
発表期間 1989年 – 1992年
巻数 全2巻(リイド社版)
全4巻(シュベール出版社版)
OVA:淫獣学園
真・淫獣学園
淫獣学園EX
淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇
原作 前田俊夫
脚本 一柳めぐみ
キャラクターデザイン よしもときんじ
りんしん
アニメーション制作 アームス
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

La☆BlueGirl』(ラ・ブルー・ガール)は、前田俊夫による日本成人向け漫画リイド社のCOMICジャックポッドに掲載されていた。単行本はリイド社のSPコミックスおよびシュベール出版のシュベールコミックスで刊行されており、リイド社版は『La☆BlueGirl』のタイトルで全2巻、シュベール版は『ラ・ブルー・ガール』のタイトルで全4巻となっており、収録エピソードもリイド社版とシュベール版で異なる。また単行本未収録のエピソードも存在する。『うろつき童子』『妖獣教室』などといった他の前田作品同様、触手責めのシーンが多々あり、ユーモアと触手というジャンルの自己パロディも含んでいる。1992年に『淫獣学園 La☆BlueGirl』(いんじゅうがくえん -)のタイトルでアダルトアニメとしてOVA化。以後『淫獣学園』がシリーズ名として用いられるようになり、4シリーズ全14巻のヒット作となった。アダルトアニメ版のフィルムコミック、実写アダルトビデオ版(全3話)、イラスト集、アダルトゲーム版などもリリースされた。

アニメ版タイトルに「学園」とあるものの主人公のくノ一の少女・美童巫女が通学する学校はそれほど重要な舞台として描写されてはおらず、平行世界(パラレルワールド)である「色魔淫界」と呼ばれる異界が主な舞台である。人間界および色魔淫界で、くノ一の巫女が敵の忍者集団や「色魔」などの異界の魔物達を相手に「淫術」を駆使したエロティックなバトルを展開する。

あらすじ[編集]

さまざまな忍者集団の争いの中、少女のくノ一美童 巫女は、修行中の身にして弥勒衆の次期リーダーと目されている。この忍者集団は堕落した魔物である色魔を用いた忍術を行うが、何者かが弥勒衆に力を与える淫籠を盗んだため、色魔が暴れ出す。巫女は色魔を止めて世界を救うために性術を用いて戦うのであった。

色魔について[編集]

魔物は色魔淫界という平行世界に住んでおり、その世界に行きたければ性的な儀式をしなければならない。すべての色魔は性に飢えており、その長は巫女の父親である。

登場人物[編集]

特筆なき場合、声はアニメ『淫獣学園EX』シリーズで確認できるクレジット表記に基づく。

美童巫女(原作・実写版ではびどう みこ、アニメ版ではみどう みこ)
声:阿久津マリ (EXまで) 
身長158cm。スリーサイズ:B87/W56/H80。年齢:16歳。
この作品の主人公であるくノ一の美少女。人間の女性・美童真璃亜と色魔大王・青鬼魔との間に生まれた。人間と変わらぬ姿をしているが、色魔の血が流れている半魔人のために血の色は青い。
ニン忍
声:勝家和弥
小柄な忍者で、巫女の部下。スケベ。頭巾から覗く部分が黒い影となっていて、丸い目が黄色く光っている。
夜久(やく)
声:浅倉舞(3、4巻)、尾崎聖子(EXから)
弥勒衆のひとり。巨乳。巫女が弥勒衆の里へ来る途中で出会った。満月の夜になると狼に変身する、いわゆる人狼である。犬のように鋭い嗅覚を持つ。
OVAでは第3巻で初登場。『EX』第3巻で再登場を果たす。色魔淫界の異変を知り、巫女たちのもとへ駆けつけた。 
甲斐吹雪(かい ふぶき)
声:八神恭子
弥勒衆のひとり。当初は巫女をライバル視し、弥勒衆頭目の座を巡って巫女と淫術合戦を繰り広げるも敗北。敗北後、巫女が色魔大王の娘であることを知り、仲間になる。敗北したもののその淫術の技量を色魔大王に評価され、青き血の儀式を経て色魔の肉体を得る。これにより人間の姿から色魔の姿に変身することが可能となった。
OVAでは『真・淫獣学園』より登場。スーパーバイザーDr.POCHIの「これからは貧乳が来る」との意向で貧乳となった。また原作では巫女との初多面は、巫女の姉みゆが撮影しているアダルトビデオの現場でAV女優としてであるが、このシーンがアニメではカットされたことで巫女との初対面が転校生として学園に来るシーンとなっている。
美童みゆ
声:朝岡実嶺(1、2巻)
巫女の姉。職業はアダルトビデオメーカーの社長兼監督で、撮影に妹の巫女を使うことも。巫女とは異父姉妹で、みゆは真璃亜と彼女を襲った鈴鹿衆の忍者との間に生まれた子である。その出自ゆえ、弥勒衆の後継者にはなれずくの一としての修業を受けていなかった。
OVAでは女優の仕事をしている。第2巻では鈴鹿衆の忍者・蘭丸に惹かれていた。『復活篇』で再登場をしたもののキャストが変更され、婚約者にマイケルというハーフの青年がいる。
実写版では巫女と同じく忍者となっている。第1巻で巫女と一緒に色魔のハンザキを倒そうとして凌辱され、巫女の手でハンザキは倒されたもののその子を宿してしまう。第2巻でミヤビという娘を産むが、巫女に彼女のことを託して息を引き取った。第3巻は巫女の回想で登場。
青鬼魔 / 色魔大王
声:山川浩二
巫女の父で、色魔淫界の王。魔人の大男で巨根のため、淫術で相当に女陰を鍛えた女性でなければ交わることもままならない。色魔淫界の王となったことで1000年の寿命を得た。
OVA『EX』で400年前に色魔大王となったことや姉に御色姫がいること、彼女が戦国武将の松永久秀に輿入れしたことなどが明かされ、これらの描写から少なくともOVA版での年齢は400歳以上であることが明らかとなっている。
美童真璃亜
声:築山真由子
巫女とみゆの母。弥勒衆のくの一だったが、鈴鹿衆の忍者との間にみゆを宿したことで里を追われる。その後、色魔の長・青鬼魔と結ばれたことで巫女を産む。
もも
美童姉妹の祖母で、巫女を忍者として育てた。作中の時点では故人であり、美童家と色魔淫界のつながりを教えようとしたところで心臓発作を起こして死んだことが回想シーンで描写されている。
OVAではこのシーンを巫女の回想として描かず、弥勒衆の持つ淫籠を狙う鈴鹿衆の刺客との戦いの最中に生じた心臓発作で反応が遅れ、刺客の刃を受けて死亡したという描写になっている。
おばば
声:枝島光子
ももの知人。雑貨屋を経営している。アニメでは『真』より登場。
蘭丸、菩薩
鈴鹿衆の兄妹忍者。OVAでは第2巻で登場。
蘭丸は男の姿を装っているが、実は両性具有。女性のような容姿をしていて胸もある。菩薩は蘭丸の妹。

OVA版オリジナルキャラクター[編集]

松永秀正
声:伊達慎二
『淫獣学園EX』にて、巫女が出会い、一目ぼれした青年。松永久秀の遠い子孫。
雁魔羅狂屍郎
声:伊達慎二
『淫獣学園EX』に登場。400年前に死んだ武将。松永久秀と青鬼魔の姉・御色姫との間に生まれたため、血縁上は巫女の従兄弟に当たる。父・久秀の謀略により亡き者にされるが自身と瓜二つの青年・松永秀正の肉体を得て現代に魔物としてよみがえった。
名前は眠狂四郎から。容姿や服装は天草四郎時貞がモデルとなっている。
遮那姫
声:飯島早紀
『淫獣学園EX』に登場。狂屍郎の許嫁だった色魔。彼女もまた死に、現代に怨霊としてよみがえった。
香菜子
『淫獣学園 復活篇』に登場した、看護学校の生徒。巫女に憧れており、レズっ気がある。
胡蝶
『淫獣学園 復活篇』にて登場。まほろば衆党首。
真帆
『淫獣学園 復活篇』にて登場。巫女のクラスメートである瑠璃の兄弟。

書誌情報[編集]

リイド社版
  • 『La☆BlueGirl』リイド社<SPコミックス>、全2巻
  1. 宿命編 1989年12月発売 ISBN 978-4845805280
  2. 変幻編 1990年12月発売 ISBN 978-4845805297
シュベール出版社版
  • 『ラ・ブルー・ガール』シュベール出版社<シュベールコミックス>、全4巻
  1. 妖怪編 1992年5月21日発売 ISBN 978-4915858284
  2. 淫影編 1992年6月19日発売 ISBN 978-4915858314
  3. 外伝編 1993年2月05日発売 ISBN 978-4915858574
  4. 美獣編 1993年3月08日発売 ISBN 978-4915858611

OVA[編集]

淫獣学園』のタイトルでアニメ化され、本作のヒットでタイトルに「淫獣」とついた触手凌辱の描写のある作品が多数制作されるようになった。エロ劇画となっている原作とは異なり、絵柄がアニメファンの嗜好に合わせたものになっているほか、キャラクター設定やストーリーなどに相違点が見られる。

1992年6月発売の第1巻『淫獣学園 La☆BlueGirl』から1996年11月8日発売の『淫獣学園EX4 La☆BlueGirl 哀恋輪廻篇』までが大映のdezレーベルで発売され、『哀恋輪廻篇』でシリーズは一旦終了となった。『真』までは原作のエピソードを元に映像化していたが、『EX』以降はオリジナルストーリーとなっている。

21世紀に入り『淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇』として復活。『復活篇』はグリーンバニーからの発売となっている。『復活篇』でも主要スタッフは続投しているが、キャラクターデザインや色設定が変更されるとともに、キャストも主人公の巫女が変更され、セル画からフルデジタル制作となっている。

イギリスでは全英映像等級審査機構 により、現地においてこのシリーズのOVAをビデオとして販売するための許可証を発行することを拒否されている[1][2]

制作[編集]

第1巻はエム・ティ・ヴィによってアニメ制作が行われた。キャラクターデザイン初挑戦となるよしもときんじはスタッフとして参加する際、『うろつき童子』『妖獣教室』などの前田俊夫作品が先にアニメ化されていたことから、自分がやる意味があるのかと悩んだが「何もかも任せてもらえるなら」ということで参加を決めたという[3]。こうして参加を決めたよしもとは本人いわく「キャラクターをライトでアニメっぽくする」方向でキャラクターデザインを行うものの、メーカー側は「原作どおりにやりたい」と言われる。だがよしもとは最初の約束を盾に取ってその要望を意地でも通さなかった。結局3カ月程度の期間を経てようやくOKが出たという[3]。こうして絵コンテの作業に入り、なんとかまとめたもののアニメ制作会社が倒産となってしまった。よしもとはイニチアシブが取れなくなったことから第1巻の途中で降板し、結局キャラクターデザインと絵コンテでの参加に留まった。よしもとにとっては不完全燃焼で終わったとの思いがあり「もう一度自分の解釈でやってみたい」と述べている[3]

上記のとおりアニメ制作会社のエム・ティ・ヴィが倒産したことから、第2巻の途中からアームスが制作することとなった。アームス取締役の清水修によれば「当時仕事がなかったことから、他社が投げ出したのを途中から引き受けた」という[4]。所属アニメーター・りんしんはこの第2巻で初めて作画監督を担当したが、りんによれば「当初は作画監督を担当する予定はなく、韓国に行って2週間、日本国内で3週間かけて原画を描き直した」とのことで、前の制作会社の韓国のスタッフが描いた原画については全部破って捨て、ヒイヒイ言いながら作ったという[4]。第2巻の制作に関しては他のスタッフも清水によれば「キレる寸前までいった」とのことであり、こうした紆余曲折を経て完全にアームス制作となるのは第3巻からである[4]。ただし、アームスと正式にクレジット表記されたのは『復活篇』になってからであった。

スタッフ[編集]

大映版[編集]

  • キャラクターデザイン:※1よしもときんじ(1※2)、りんしん(3以降)
  • 監督:北川雷三(1)、※3ふくもとかん(2、3、真1、EX)、柳風臨応(4、真2)
  • アニメーション制作:エム・ティ・ヴィ(1※2)、スタジオ旗艦(3から真まで)、ダンディライオン(現:アームス、EXから※4)
  • 製作:大映映像株式会社
  • プロデューサー:ラッシャー池田(1、2)、宮前太郎(1)、槙賢人(2から)、スモーリー和泉(3から、EXでは和泉朱森名義)
  • 制作担当:スモーリー和泉(2) 、※5ジャイアント清水(2 - 真まで)、 鈴木正則(EX)
  • 企画・製作(3から):ラッシャー池田
  • 原作:前田俊夫
  • 脚本:一柳めぐみ
  • 音楽:高浜輝夫
  • 音響監督:黛計
  • 編集:松尾編集(1)→ 井上編集(2から、EXでのクレジット表記は井上編集室)
補足事項
※1.第1巻で絵コンテ、演出でもクレジットされているが、実際には演出を担当していない。関連書籍『淫獣学園 [陽の章]シークレットファイル』P78でよしもと自身が証言している。
※2.第2巻のVHS・LDのパッケージ上ではスタッフ表記でクレジットされているものの、エンドロールにはクレジットされていない。
※3.第4巻では監修としてクレジット。
※4.実際には第1シリーズ第2巻から制作に参加している。
※5.アームス取締役・清水修のこと。『淫獣学園 [陽の章]シークレットファイル』P80 ― P84にかけてのスタッフインタビューでふくもとかん、りんしんとともに清水P(プロデューサー)としてインタビューを受けている。 

グリーンバニー版(復活篇)[編集]

  • キャラクターデザイン:りんしん、きしもとせいじ
  • 監修:ふくもとかん(1)
  • 監督:小川浩(1)、藤本義孝(2から)
  • 絵コンテ:さきさかみずき(1、2)、藤本義孝(3、4)
  • アニメーション制作:アームス
  • 製作:グリーンバニー
  • プロデューサー:雅太郎、越中おさむ
  • 企画・製作:ラッシャー池田(企画)、金木怪男(製作) 
  • 原作:前田俊夫
  • 脚本:一柳めぐみ
  • 音楽:高浜輝夫
  • 音響監督:吉田知弘
  • 編集:田熊純

作品リスト[編集]

淫獣学園
タイトル VHS発売日 作画監督 美術監督
淫獣学園 La☆BlueGirl 1992年
06月26日
ビビンバ・三宅 朴明植
淫獣学園2 La☆BlueGirl 12月11日 りんしん
淫獣学園3 La☆BlueGirl 色魔殺界の章 1993年
06月05日
たきたろう 中山益男
淫獣学園4 La☆BlueGirl 妖刀淫界の章 07月09日 りんしん
たきたろう
朴明植
中山益男
真・淫獣学園
タイトル VHS発売日 作画監督 美術監督
真・淫獣学園 La☆BlueGirl 1994年
1月28日
りんしん 中山益男
真・淫獣学園2 La☆BlueGirl 前篇 2月25日 南野洋平 苫村竜
真・淫獣学園2 La☆BlueGirl 後編 3月25日
淫獣学園EX
タイトル VHS発売日 作画監督 美術監督
淫獣学園EX La☆BlueGirl 初恋裏色魔篇 1996年
07月26日[5]
りんしん 常盤庄司
淫獣学園EX2 La☆BlueGirl 妖恋呪縛篇 08月23日 大塚あきら
淫獣学園EX3 La☆BlueGirl 邪恋地獄篇 10月11日 りんしん
淫獣学園EX4 La☆BlueGirl 哀恋輪廻篇 11月08日 大塚あきら
淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇
タイトル VHS発売日 作画監督 美術監督
淫獣学園 La☆Blue Girl 復活篇 第一章 2001年
5月25日
岸本斉司 朴明植
淫獣学園 La☆Blue Girl 復活篇 第二章 8月25日 隼鷹榛名
淫獣学園 La☆Blue Girl 復活篇 第三章 2002年
1月25日
淫獣学園 La☆Blue Girl 復活篇 第四章 5月25日

主題歌[編集]

いずれもエンディングテーマ曲となっており、4曲とも作曲・編曲を高浜輝夫が担当している。

Good-by Lonely Day
Lost LOVE
2曲ともに、歌・作詞:松崎厚美。「Good-by Lonely Day」は『淫獣学園』第1巻、第2巻エンディングテーマ曲でメインテーマ曲のメロディに歌詞をつけたもの。
「Lost LOVE」は『淫獣学園』第3巻、第4巻エンディングテーマ曲。
運命のpage
Bussiness Boy
2曲ともに、歌・作詞:野口典子。「運命のpage」は『真・淫獣学園』エンディングテーマ曲。「Bussiness Boy」は『淫獣学園EX』エンディングテーマ曲。

関連書籍[編集]

小説[編集]

第1シリーズ『淫獣学園』と『淫獣学園EX』が、ワコー出版のJoyMateシリーズのレーベルで小説化されている。いずれも原案:前田俊夫、著:やまとゆう となっている。著者のやまとゆうは『EX』までの脚本を担当した一柳めぐみである[6]

ムック[編集]

徳間書店 トクマコミックスペシャル
  • 淫獣学園 La BlueGirl フィルムグラフィティー 1994年6月30日発売。ISBN 4-19-780006-1
    • 第1シリーズ『淫獣学園』を取り上げている。 
蒼竜社 プラザムック
  • 淫獣学園 [陰の章]シークレットファイル 1998年11月15日発売。ISBN4-88386-009-4
    • 『淫獣学園』『真・淫獣学園』を主に取り上げている。折込みピンナップの裏側はよしもときんじ書き下ろしによる巫女が描かれている。このほか、脚本を担当した一柳めぐみによるサイドストーリー「美童巫女 淫術番外控 触手ワラシの巻 ~巻の表~」が収録されている。
  • 淫獣学園 [陽の章]シークレットファイル 1999年1月25日発売。ISBN4-88386-010-8
    • 『淫獣学園EX』を主に取り上げている。[陰の章]と同じく、折込みピンナップが付属。このほかによしもときんじ、ふくもとかん、りんしん、清水修、一柳めぐみへのスタッフインタビューに加え、サイドストーリー「美童巫女 淫術番外控 触手ワラシの巻 ~巻の裏~」が収録されている。

実写版[編集]

実写版 淫獣学園』のタイトルで氷高小夜主演の特撮オリジナルビデオとして映像化。SFXなどの特撮技術を用いて触手凌辱を再現している。アダルトアニメ版と同じく、大映のdezレーベルで発売されR指定版と18禁版がそれぞれ存在する。当時の深夜番組『ギルガメッシュないと』に出演していた人気AV女優を多数起用しているほか、同番組の司会を務めていた岩本恭生も敵側のボスとして出演している。

第1巻は1995年2月24日に発売。第2巻と第3巻は同時進行で制作され、共に1996年2月24日発売となっている。原作やアニメとは異なり巫女は色魔大王の娘という設定がなく、姉のみゆもまた忍者であること、ニン忍が登場しない、色魔は人間にとって仇をなす存在であり、弥勒衆の忍者は代々色魔を封印することが使命となっている、などの相違点がある。

  • 実写版 淫獣学園 色魔界の逆襲
    • 周囲で起こる女性の連続殺人事件に色魔の気配を感じた忍者の美童姉妹と、水の色魔「ハンザキ」との戦いを描いている。コミカルな描写は抑えられ、ホラー色を打ち出すことで色魔を都会の闇に潜む魔物として描写している。
  • 実写版 淫獣学園2 魔性の娘(こ)誕生
    • 第2巻から監督が変更されよりエロティックな作風になった。巫女のくの一装束もTバックビキニと網タイツから黒のレオタードに変更されている。巫女側は夜久以外にもオリジナルキャラクターとして姫露が登場。姉のみゆ役は変更され、みゆと淫獣ハンザキとの間に生まれた子供・ミヤビが登場。ミヤビと巫女の学友である美咲と静は色魔にさらわれ、その手先となってしまう。
  • 実写版 淫獣学園3 くノ一狩り
    • シリーズ最終巻。ミヤビを受胎させ、再びこの世に生まれ出ようとする色魔と巫女達のラストバトルを描く。巫女側は新たに雅鬼、星亜、風花が登場し『スーパー戦隊シリーズ』のようなくの一グループとなった。第2巻でミヤビを産んで死亡したみゆ役の中原美佑と、淫獣との戦いで死亡した姫露役の立原貴美は回想シーンでの登場にとどまっている。
キャスト
スタッフ
  • 監督:小林要(1)、 倉本薫(2・3)
  • 製作:久里謙介、ラッシャー池田
  • 脚本:小林要(1)、阿代幸四郎(1)、倉本薫(2・3)、津村エリ(2・3)
  • 撮影:栢野直樹
  • 音楽:八代康司、石上保

脚注[編集]

  1. ^ LA BLUE GIRL”. British Board of Film Classification (1996年12月30日). 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月5日閲覧。
  2. ^ The BBFC Talks Hentai”. UK Anime. 2008年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月5日閲覧。
  3. ^ a b c 蒼竜社『淫獣学園 [陽の章]シークレットファイル』P78 ― P79、インタビューウィズよしもときんじ氏。
  4. ^ a b c 蒼竜社『淫獣学園 [陽の章]シークレットファイル』P80、テーブルトーク ふくもとかん氏 りんしん氏、清水P氏。
  5. ^ 淫獣学園EX”. allcinema. 2011年9月13日閲覧。
  6. ^ 蒼竜社『淫獣学園 [陽の章]シークレットファイル』P85-87、インタビューウィズ一柳めぐみ氏。

外部リンク[編集]