法然上人二十五霊場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

法然上人二十五霊場(ほうねんしょうにんにじゅうごれいじょう)は、浄土宗の開祖である法然ゆかりの寺院を巡る霊場巡拝である。札番付き寺院が25箇所のほかに、番外である「縁故本山」と「特別霊場」が1箇所ずつあり、計27箇所となる。

円光大師二十五霊場とも言い、宝暦年中(1751年 - 1763年)のころ、大阪難波の順阿、京都洛西の廊誉という2人のの発起によって、法然と御縁の深い霊場二十五箇所を巡拝したことに始まるといわれ、1924年大正13年)に史実や記伝などに徴して若干の寺院の更改[1]が行われたが、1959年(昭和34年)3月法然上人750回忌を迎えるに際して、『元祖法然上人霊蹟巡拝の栞』が刊行され遺跡を紹介しているが、宝暦年中のものを踏襲している。1974年(昭和49年)に浄土宗開宗800年を記念し、再興された。また、当霊場は浄土宗の寺院を中心にした巡拝であるが、法然の御霊跡を巡る霊場であるので真言宗天台宗などの寺院も含まれている。

札所は中国四国地方から近畿地方に渡る。また、二十五箇所の霊場を巡拝するのは、法然上人御入寂の御命日である1月25日や、念仏来迎の聖衆の二十五菩薩の数にちなむとの説である。

霊場一覧[編集]

寺社名は専用納経帳の表記に合わせている。( )内は補足。

札所番号 寺名 宗派 所在地 補足
第一番 誕生寺 浄土宗・特別寺院 岡山県久米南町誕生寺里方808 誕生地
第二番 法然寺 浄土宗 香川県高松市仏生山町甲3215 四国配流地
第三番 十輪寺 浄土宗西山禅林寺派 兵庫県高砂市高砂町横町1074 四国配流時漁師教化地
第四番 如来院 浄土宗 兵庫県尼崎市寺町11 四国配流時遊女教化地
第五番 注1 勝尾寺 二階堂 高野山真言宗 大阪府箕面市勝尾寺 四国配流後滞在地
第六番 四天王寺 阿弥陀堂(念仏堂) 和宗 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18 日想観修行地
第七番 一心寺 浄土宗 大阪府大阪市天王寺区逢阪2丁目8-69 日想観修行地
第八番 報恩講寺 西山浄土宗 和歌山県和歌山市大川117 配流後漂着地
第九番 當麻寺 奥院 浄土宗 奈良県葛城市當麻1263 上人御影霊場
第十番 法然寺 浄土宗 奈良県橿原市南浦町908 高野山帰途立寄・民衆教化地
第十一番 注2 東大寺 指図堂 華厳宗 奈良県奈良市雑司町 浄土三部経講説場
第十二番 欣浄寺 浄土宗 三重県伊勢市一ノ木2丁目6-7 日の丸名号感得地
第十三番 清水寺 阿弥陀堂 北法相宗 京都府京都市東山区清水町1丁目 不断念仏霊場
第十四番 正林寺 浄土宗 京都府京都市東山区渋谷通東大路東入三丁目上馬町 平重盛邸跡説法地
第十五番 源空寺 浄土宗 京都府京都市伏見区瀬戸物町745 大仏開眼後立寄・民衆教化地
第十六番 光明寺 西山浄土宗・総本山 京都府長岡京市粟生西条丿内26-1 遺骸火葬地
第十七番 二尊院 天台宗 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町 七箇条制戒製作地
第十八番 月輪寺 天台宗 京都府京都市右京区嵯峨清滝月ノ輪町37 頭上光輪感得地
第十九番 法然寺 浄土宗 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1 熊谷蓮生父旧館
第廿番 誓願寺 浄土宗西山深草派・総本山 京都府京都市中京区新京極桜之町453 説法地
第廿一番 勝林院 天台宗 京都府京都市左京区大原勝林院町 大原問答地
第廿二番 大本山 百万遍 知恩寺 浄土宗 京都府京都市左京区田中門前町103
第廿三番 大本山 清浄華院 浄土宗 京都府京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町395 禁裏内道場下賜地
第廿四番 大本山 黒谷 金戒光明寺 浄土宗 京都府京都市左京区黒谷町121 浄土宗開宗時白河禅房
第廿五番 総本山 知恩院 浄土宗 京都府京都市東山区林下町400 浄土宗総本山・上人往生地
縁故本山 永観堂 禅林寺 浄土宗西山禅林寺派・総本山 京都府京都市左京区永観堂町48
特別霊場 黒谷 青龍寺 天台宗 滋賀県大津市坂本4220 浄土開宗地
  • 団体はすべての札所で予約が必要。個人で参拝し朱印を受ける際は以下の点に注意。
    • 注の欄に☆がある寺院は納経関係者が数人しかおらず、予め電話で確認をしていないと留守などで朱印の押印をしてもらえない可能性がある。特に月輪寺と青龍寺は長く歩いたあとに到達できる寺院であるので要注意。月輪寺の宝物殿拝観は事前に要予約。
    • 注の欄に◎がある寺院は、参拝前に「必ず」電話予約を要する。
    • 注1の勝尾寺二階堂は、事前に連絡しておかないと札所の堂が閉扉している。連絡しても基本的に団体向けのみ平日しか開扉せず、個人は堂の外部からの参拝となることがほとんどだが、朱印の押印は常に寺内の西国札所の納経所で可能。
    • 注2の東大寺指図堂は、基本的には土曜・休日と正月三が日のほか、平日でも東大寺の行事がある日などは開扉するが、都合により土・休日でも閉扉することがある。確実に開扉日に参拝したいなら、事前に電話確認したほうが良い。なお、閉扉日の朱印押印は東大寺寺務所(本坊)で可能。団体の予約があった場合などは平日に開扉していることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3番・十輪寺が室津浄運寺に、6番・四天王寺・六時堂が兵庫・元祖教会(名号石)に、8番・報恩講寺が高野山・円光大師廟に、11番・東大寺・指図堂(宝暦版では竜松院)が同・大仏殿に、17番・二尊院が嵯峨清凉寺(釈迦堂)に、18番・月輪寺が太秦西光寺に、19番・法然寺が鹿ケ谷・法然院に、20番・誓願寺が比叡山西塔黒谷・報恩蔵にそれぞれ改められていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]