一枚起請文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一枚起請文』(いちまいきしょうもん)とは、建暦2年1月23日ユリウス暦1212年2月27日)に法然が死の直前に自身で遺言を記し弟子の勢観房源智に授けたものである。経文には普通、法然上人(又は元祖大師)御遺訓一枚起請文と題されている。

現在は金戒光明寺において原本が見られる。拝観は御忌の四月二十三日・二十四日に可能である。

全文[編集]

唐土もろこし我朝わがちょう[1]にもろもろの智者達の沙汰し申さるる観念の念にもあらず。
学問をして念のこころを悟りて申す念仏にもあらず。
ただ往生極楽のためには、南無阿弥陀仏と申して、
うたがいなく往生するぞと思い取りて申す外には別の仔細しさいそうらわず。
ただし三心さんじん四修ししゅと申すことのそうろうは、皆決定けつじょうして
南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ううちにこもり候うなり。
この外に奥ふかき事を存ぜば、二尊のあわれみにはずれ、本願にもれそうろうべし。
念仏を信ぜん人は、たとい一代の法をよくよくがくすとも、一文不知の愚鈍の身になして、
尼入道あまにゅうどうの無智のともがらに同じうして、
智者ちしゃのふるまいをせずしてただ一向に念仏すべし。
証の為に両手印をもってす。
浄土宗の安心起行この一紙に至極せり。源空が所存、この外に全く別義べつぎを存ぜず、
滅後めつご邪義じゃぎをふせがんがために所存をしるしおわんぬ。

建暦二年正月二十三日 大師在御判(原文には「源空(花押)」とある)

脚注[編集]

  1. ^ 日本

関連項目[編集]