勤行 (浄土宗)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浄土宗おいて日常勤行は、宗徒としての基本的な法儀及び知識を修得する目的として行われる。

  • 浄土宗鎮西派の日常勤行式の例。
  1. 香偈(こうげ)←あり
  2. 三宝礼(さんぼうらい)←節あり
  3. 四奉請(しぶじょう)←関西ではこちらを使う←節あり
    三奉請(さんぶじょう)←関東ではこちら
  4. 歎仏偈(たんぶつげ)←略されることも多い
  5. 懺悔偈(さんげげ)
  6. 十念(じゅうねん)
  7. 三尊礼(さんぞんらい)←日中礼賛または礼賛とも言う、法要などに読まれる 場所は読誦の次や発願文の前など様々、が付く
  8. 開経偈(かいきょうげ)
  9. 読誦(『無量寿経』の中から四誓偈、『観無量寿経』中から真身観文、『阿弥陀経』など)
  10. 本誓偈(ほんぜいげ)、聞名得益偈(もんみょうとくやくげ)など
  11. 十念
  12. 一枚起請文(毎夕に唱える)、一紙小消息(毎朝に唱える)など
  13. 発願文(ほつがんもん)←音読と訓読がある、音読は節が付く
  14. 摂益文(しょうやくもん)←関東は和文で読む事もある
  15. 念仏一会(ねんぶついちえ)←その後に阿弥陀如来根本陀羅尼(大咒)が唱えられることがある
  16. 別回向偈(べつえこうげ)←年忌や命日などの際に読まれる
  17. 総回向偈(そうえこうげ)
  18. 十念
  19. 総願偈(そうがんげ)←四弘請願(しぐせいがん)とも言う
  20. 三唱礼(さんしょうらい)節が付く
    1. 三身礼(さんじんらい)
    2. 三帰礼(さんきらい)←節が付く
  21. 送仏偈(そうぶつげ)
  22. 十念

関連文献[編集]

  • 浄土宗 『浄土宗信徒日常勤行式』(浄土宗、1995)
  • 浄土宗 『壇信徒宝典』(浄土宗、1996)
  • 若林隆光 『わが家の宗教 浄土宗』 (大法輪閣、1984年)
  • 藤井正雄 『お経 浄土宗』(講談社、1983)