法然寺 (橿原市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
法然寺
法然寺
所在地 奈良県橿原市南浦町908
位置 北緯34度29分32.9秒
東経135度48分53.5秒
山号 香具山
宗旨 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
開基 法然
中興 歓蓮社 保誉 源派上人
正式名 香具山少林院法然寺
別称 少林院法然寺
札所等 法然上人二十五霊場 第十番
法人番号 2150005005143 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

少林院法然寺(ほうねんじ)は、奈良県橿原市香久山大和三山)の麓にある浄土宗の寺院。法然上人二十五霊場の第十番。御詠歌は「極楽へつとめて早く出でたたば身の終わりには参りつきなん」。

歴史[編集]

  • 元久2年(1205年)3月、法然高野山参詣からの帰途、聖徳太子が誕生したと言われている橘寺への巡拝のおりに庵に一夜の宿泊をした。庵主は法然に帰依し行者と成り、法然を開山とした。
  • 明応8年(1499年)10月、知恩院保誉は霊夢で「香久山や麓の寺はせまけれど 高きみのりを説きて弘めむ」との歌を法然から授かった。

寺宝[編集]

山門

交通[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『円光大師御遺跡廿五箇所案内記』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]