如来院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
如来院
Nyoraiin2.jpg
表門(尼崎市指定文化財)
所在地 兵庫県尼崎市寺町11
位置 北緯34度43分5.6秒
東経135度24分41.2秒
座標: 北緯34度43分5.6秒 東経135度24分41.2秒
山号 珠光山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 天平年間
開基 行基、中興 湛空、法然(開山)
正式名 珠光山徧照寺如来院
札所等 法然上人二十五霊跡4番
テンプレートを表示

珠光山徧照寺如来院(にょらいいん)は、兵庫県尼崎市寺町にある浄土宗寺院法然上人二十五霊跡第四番札所

御詠歌「身と口と心のほかの弥陀なれば われをはなれて唱えこそすれ」

歴史[編集]

本堂に掲げられた扁額

天平年間(729年-749年)、聖武天皇の厄除けを祈願し、行基神崎釈迦の土像を祀り、徧照寺と号した。そして一堂を建立したのが起源と伝える。神崎釈迦堂[1]とも称された。

建永2年(1207年)3月、讃岐配流の際に法然が神崎に立ち寄り、5人の遊女帰依させた。 その後自らの罪を悔いて5人は念仏を唱えながら入水。法然は釈迦堂にて念仏回向した遊女塚も参照)。 当寺には現在も法然の遺物や遊女の遺髪が残されている。

その後神崎の洪水で釈迦堂が流されたため、新たに善光寺式阿弥陀三尊を本尊とし、それ以後如来院と号した[1]

永正17年(1520年)、尼崎城細川高国が城内(大物)に当寺を移転させた。永禄12年(1569年)の織田信長による尼崎焼打ちの際も、当寺は長遠寺と共に被災を免れたと言われる。さらに近世の尼崎城築城に伴い、元和年間(1615年-1624年)に大物から寺町(現在地)へ移転したと考えられる[1]

境内[編集]

本堂(尼崎市指定文化財)
銅鐘(尼崎市指定文化財)が吊られている鐘楼
石造笠塔婆(尼崎市指定文化財)

本堂を初め4つの文化財近世の著名人の墓などがある[1]

文化財[編集]

いずれも尼崎市指定。

本堂
寄棟造・銅板葺の建物。元禄9年(1696年)建立。内陣の天井に描かれた龍図は、大岡春卜の門弟とされる絵師・江阿弥(卜信)による、宝暦3年(1753年)の作。内部に組物を採用した総円柱本堂としては極めて貴重な遺構[2]。※平成15年(2003年3月28日指定
表門(附、棟札1枚、箱入)
表門は切妻造、本瓦葺の薬医門。本堂と同時期の17世紀末頃の建築と見られる。棟札には、本堂の建立年などが墨書されている[2]。※平成15年(2003年)3月28日指定
銅鐘(梵鐘
青銅製。高さ89.8cm、口径は南北52.9cm・東西52cm。応永32年(1425年)の銘がある。この鐘を当寺が所有するまでの経緯は不明だが、残された銘文より嘉吉3年(1443年)に河島(現・京都府京都市西京区内)の土倉から買い取られ西楽寺(詳細不明)へ移されたことが確認できる[3]。※昭和59年(1984年3月26日指定
石造笠塔婆
本堂向かいの塀を背にして建つ、花崗岩製の供養碑。高さ184.8cm。先端が欠失し塔身と基礎が残っている。嘉暦2年(1327年)建立。刻まれた銘文より、亡父母の33回忌にあたりその子供が建てたものであることが確認できる。当時の石造美術としても代表的な遺品[4]。※昭和58年(1983年3月24日指定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 如来院 - Web版尼崎地域史事典『apedia』
  2. ^ a b 如来院本堂・表門 - 尼崎市文化財収蔵庫
  3. ^ 如来院応永32年梵鐘 - Web版尼崎地域史事典『apedia』
  4. ^ 如来院嘉暦2年笠塔婆 - Web版尼崎地域史事典『apedia』

参考資料[編集]

  • 珠光山遍照寺如来院縁起

アクセス[編集]

関連項目[編集]

  • 遊女塚 - 前述の5人の遊女を弔うため建てられた墓碑。神崎町・梅ヶ枝公園にある。

外部リンク[編集]