樺山諒乃介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
樺山 諒乃介 Football pictogram.svg
名前
愛称 カバ
カタカナ カバヤマ リョウノスケ
ラテン文字 KABAYAMA Ryonosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (2002-09-17) 2002年9月17日(19歳)
出身地 大阪府
身長 171cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 モンテディオ山形
ポジション MF
背番号 41
利き足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2021- 横浜F・マリノス 12 (0)
2021 モンテディオ山形 (loan) 16 (2)
2022- →モンテディオ山形 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年7月12日現在。
2. 2019年6月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

樺山 諒乃介(かばやま りょうのすけ、2002年9月17日 - )は、大阪府出身のプロサッカー選手Jリーグモンテディオ山形所属。ポジションは、ミッドフィールダー

来歴[編集]

中学時代から注目をあつめて、Jユースや強豪校の争奪戦となったが興國高等学校に進学[2]。ミッドフィルダーやフォワードとしてプレーでき、技術の高さが評価されて高校2年時に横浜F・マリノスに加入が内定した[3]

2021年より興国高校から横浜F・マリノスに入団。2月26日、開幕戦の川崎フロンターレ戦では長谷川アーリアジャスール以来となる高卒新人として14年ぶりとなる開幕スタメンを飾った[4]。4月28日、ルヴァンカップ・GS第4節のベガルタ仙台戦でプロ入り初ゴールを決めた[5]。同年7月22日、J2リーグモンテディオ山形に育成型期限付き移籍で加入した[6]

2022年は期限付きから横浜F・マリノスに復帰[7]。 同年7月、再びモンテディオ山形に育成型期限付き移籍[8]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2021 横浜FM 35 J1 5 0 7 3 1 0 13 3
山形 J2 16 2 - - 16 2
2022 横浜FM J1 7 0 0 0 2 0 9 0
山形 41 J2 - -
通算 日本 J1 12 0 7 3 3 0 22 3
日本 J1 16 2 - - 16 2
総通算 28 2 7 3 3 0 38 5
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2022 横浜FM 35 1 0
通算 AFC 1 0

代表歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jリーグ選手名鑑2021(エルゴラッソ著)
  2. ^ 「なんでこんなに点を取るんやろ」来季マリノス内定、興國高MF樺山諒乃介がフランスと横浜での衝撃を語るサッカーダイジェスト(2020年5月13日)2020年12月29日閲覧。
  3. ^ 横浜入団の興国MF樺山諒乃介「将来プレミアが夢」日刊スポーツ(2020年12月22日)2020年12月29日閲覧。
  4. ^ 「王者は凄かったです」開幕スタメン抜擢! 興國出身ルーキー横浜FM樺山諒乃介が堂々デビューゲキサカ(2021年2月26日)2021年2月27日閲覧。
  5. ^ 横浜指揮官、18歳MF樺山のプロ初弾を讃える一方で意外な辛口評価も「まだまだベストのパフォーマンスではない」サッカーダイジェスト(2021年4月29日)2021年4月29日閲覧。
  6. ^ 山形が横浜FMの18歳ルーキー樺山諒乃介をレンタルで獲得!「ピッチで目に見える結果を」ゲキサカ(2021年7月22日)2021年7月22日閲覧。
  7. ^ “樺山諒乃介選手 育成型期限付き移籍より復帰のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2021年12月23日), https://www.f-marinos.com/news/team/3894 2021年12月23日閲覧。 
  8. ^ “樺山 諒乃介選手 育成型期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2022年7月12日), https://www.montedioyamagata.jp/news/p/11616/ 2022年7月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]