杉本竜士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉本 竜士 Football pictogram.svg
名前
愛称 リュウジ
カタカナ スギモト リュウジ
ラテン文字 SUGIMOTO Ryuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-06-01) 1993年6月1日(26歳)
出身地 東京都府中市
身長 163cm
体重 58kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 徳島ヴォルティス
ポジション MF / FW
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2016 東京ヴェルディ 88 (8)
2013 FC町田ゼルビア (loan) 8 (3)
2017-2018 名古屋グランパス 17 (2)
2018- 徳島ヴォルティス 27 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

杉本 竜士(すぎもと りゅうじ、1993年6月1日 - )は東京都出身のプロサッカー選手。Jリーグ徳島ヴォルティス所属。ポジションはMFFW

来歴[編集]

小学生時には一時期シンガポールに在住し、伊藤壇の指導を受けていた[1]。中学進学と同時にヴェルディユースに所属。低い重心のドリブルが持ち味で同ユースの先輩である河野広貴を尊敬している。2011年には日本クラブユースサッカー選手権で優勝を果たし自らもMVPを受賞、2011年に河野が東京Vを退団する際には河野の背番号7を託されていた[2]

2012年、トップチームに昇格するも目立った活躍ができないまま、2013年に背番号7は1学年下の中島翔哉に渡り、7月にはFC町田ゼルビアに移籍。2014年からは再びヴェルディに復帰。シーズン後半から先発出場するようになり、トップチームでの初ゴールを決めるなど活躍したが、終盤に肩を怪我してしまい出場機会を失った。2015年より背番号をかつて河野が付けていた7に変更する。8月23日、U-22日本代表に追加招集された。

2016年12月29日、名古屋グランパスへ完全移籍[3]。2017年4月8日、J2第7節のカマタマーレ讃岐戦で移籍後初得点を決めた。

2018年、開幕直後の2月28日に徳島ヴォルティスへの完全移籍が発表された[4]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 東京VY 17 - - - 1 0 1 0
2011 東京V 33 J2 1 0 - 0 0 1 0
2012 3 0 - 0 0 3 0
2013 2 0 - - 2 0
2013 町田 32 JFL 8 3 - - 8 3
2014 東京V 33 J2 16 4 - 0 0 16 4
2015 7 37 3 - 1 0 38 3
2016 29 1 - 1 0 30 1
2017 名古屋 25 17 2 - 2 0 19 2
2018 J1 0 0 - - 0 0
徳島 14 J2 27 0 - 2 0 29 0
2019 -
通算 日本 J1 0 0 - - 0 0
日本 J2 132 10 - 6 0 138 10
日本 JFL 8 3 - - 8 3
日本 - - 1 0 1 0
総通算 140 13 0 0 7 0 147 13

タイトル[編集]

東京ヴェルディユース
個人
  • 2011年 第35回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 MVP

代表歴[編集]

  • U-22日本代表(2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]