柳田泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳田 泉(やなぎだ いずみ、男性、1894年明治27年)4月27日 - 1969年昭和44年)6月7日)は、明治文学研究者、翻訳家。

青森県中津軽郡豊田村(現・弘前市)出身。1918年に早稲田大学英文科卒業。トルストイの小説や、『カーライル全集』、『ホイットマン全集』、『アミエルの日記』など英訳版からの重訳を含め、多くの思想哲学書を翻訳出版した。

関東大震災以後は明治文学を中心にした文芸史研究に専念、1924年には、吉野作造などの「明治文化研究会」に参加、資料収集・編纂、実証研究で多大な成果がある。

1935年から母校早稲田で文学史を講じ、のち文学部教授となった。『明治文化全集』(日本評論社)や『明治文学全集』(筑摩書房)の編集にも参画、多数の巻を校訂した。内田魯庵『紙魚繁昌記』(現在は平凡社東洋文庫)など、多くの魯庵の著書校訂もしている。

太平洋戦争末期の空襲により、約1万5千冊の蔵書・資料を焼失したが、戦後も資料収集を続け、膨大な蔵書は没後早稲田大学図書館に寄贈され「柳田泉文庫」となった。

1969年、肺炎のため死去[1]

著書[編集]

  • 希臘思想の研究 (春秋社、1922年)
  • 明治初期の翻訳文学-明治文学叢刊 (松柏館書店、1935年)
  • 明治初期翻訳文学年表 (春秋社、1935年)- 小冊子
  • 政治小説研究-明治文学叢刊 (上・中巻、松柏館書店、下巻、春秋社、1935年 - 1939年)
  • 随筆 明治文学 (正・続、春秋社、1936年 - 1938年)
  • 東洋古典物語 (千倉書房、1937年)  
  • 伝記小説 孔子 (千倉書房、1939年)
  • 初期明治文学の輪郭 (日本放送出版協会〈ラジオ新書〉、1941年)
  • 成吉思汗平話 壮年のチムヂン (大観堂、1942年)
  • 幸田露伴中央公論社、1942年/真善美社(改訂版)、1947年)
  • 海洋文学と南進思想 (日本放送出版協会〈ラジオ新書〉、1942年)
  • 明治建設人物伝 (日本放送出版協会〈ラジオ新書〉、1943年)
  • 南進思想の文学について (南洋経済研究所出版部、1943年)
  • 明治の人物 自由思想に貢献せる人々 (東京講演会、1946年)- 小冊子
  • 哲人三宅雪嶺先生 (実業之世界社、1956年)
  • 田山花袋の文学 (全2巻、春秋社、1957年~58年)、複刻:日本図書センター(1巻目のみ)、1989年
  • 日本革命の予言者 木下尚江 (春秋社、1961年)
  • 明治文明史における大隈重信早稲田大学出版部、1962年)
  • 明治の書物・明治の人 (桃源社、1963年)- 随筆集
  • 心影・書影 (桃源社、1964年) - 随筆集
  • 福地桜痴吉川弘文館人物叢書〉、1965年、新装版1989年)
  • 若き坪内逍遥 (明治文学研究・第1巻:春秋社、1960年)、複刻:日本図書センター、1984年
    • 小説神髄」研究 (第2巻:春秋社、1966年)、複刻:日本図書センター、1987年
    • 明治初期の文学思想 (第4・6巻:春秋社、1965年)
    • 明治初期翻訳文学の研究 (第5巻:春秋社、1961年)
    • 西洋文学の移入 (第7巻:春秋社、1974年)
    • 政治小説研究 (第8・9・10巻:春秋社、1967-68年)- ※全11巻予定だったが、第3・11巻目が未刊。
  • 明治文学研究夜話(《リキエスタ》の会、2001年)- 小冊子
  • 随筆 明治文学 (全3巻、谷川恵一ほか校訂、平凡社東洋文庫、2005年)、順に「政治篇・文学篇」、「文学篇・人物篇」、「人物篇・叢話篇」。
  • 柳田泉の文学遺産 (全3巻、川村伸秀編、右文書院、2009年、解説坪内祐三
※単行本未収録を精選、1巻は自伝的文章・明治文学史に関する研究ほか、2巻は書物随筆ほか、3巻は主に作家論、二葉亭四迷ほか。

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁

外部リンク[編集]