この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

松友美佐紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松友美佐紀
Yonex IFB 2013 - Quarterfinal - Tian Qing - Zhao Yunlei vs Misaki Matsutomo - Ayaka Takahashi 01.jpg
基本情報
生年月日 (1992-02-08) 1992年2月8日(26歳)[1]
性別 女性
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県板野郡藍住町[1]
身長 159.5cm[1]
選手情報
利き腕[1]
種目 女子シングルス(WS)
女子ダブルス(WD)
混合ダブルス(XD)
日本代表歴 2010年 -
主な戦績
世界ランク(最高) WS:58位
WD:1位
XD:12位
日本ランク(最高) WD:1位
国際大会 WD:
ヨネックスオープンジャパン優勝 (2014)
BWFスーパーシリーズファイナルズ優勝 (2014)
インド・オープン優勝 (2015)
全英オープン優勝 (2016)
インド・オープン優勝 (2016)
インドネシア・オープン優勝 (2016)
リオ五輪優勝 (2016)
デンマーク・オープン優勝 (2016)
経歴
所属 藍住町立藍住東小学校
徳島市立徳島中学校
聖ウルスラ学院英智高校
日本ユニシス
 
獲得メダル
女子 バドミントン
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 女子ダブルス
世界選手権
2017 グラスゴー 女子ダブルス
ユーバー杯
2018 バンコク 女子団体
2016 崑山 女子団体
2014 ニューデリー 女子団体
2012 武漢 女子団体
スディルマンカップ
2015 東莞 混合団体
2017 ゴールドコースト 混合団体
アジア大会
2018 ジャカルタ 女子団体
2018 ジャカルタ 女子ダブルス
2014 仁川 女子ダブルス
2014 仁川 女子団体
アジア選手権
2018 武漢 女子ダブルス
2017 武漢 女子ダブルス
2016 武漢 女子ダブルス
2015 武漢 女子ダブルス
2015 武漢 混合ダブルス
アジア混合団体選手権
2017 ホーチミン 混合団体
アジア団体選手権
2018 アロースター 女子団体
2016 ハイデラバード 女子団体
世界ジュニア選手権
2010 グアダラハラ 女子シングルス
アジアジュニア選手権
2007 クアラルンプール 混合団体
BWFプロフィール
2018年8月29日現在
髙橋礼華との「タカマツ」ペア(BWFスーパーシリーズプレミア インドネシア・オープン2016)

松友 美佐紀(まつとも みさき、1992年2月8日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表ナショナルAチームに選出されている。髙橋礼華とのペアは「タカマツ」の愛称で知られている。

選手経歴

5歳より、藍住エンジェルスポーツ少年団藍住エンジェルクラブ(徳島県藍住町[2]に所属してバドミントン競技を始めた[3][4]藍住町立藍住東小学校(徳島県藍住町)卒業。2006年平成18年)に徳島県にて全国中学校体育大会(全中)が開催予定だったため、県外の強豪校からの誘いを断って地元の徳島市徳島中学校(徳島県徳島市[4]に入学した[5]。中学3年時に迎えた徳島県での全国中学校バドミントン大会ではシングルスで優勝し、団体優勝にも貢献した[5]

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で優勝することを目標に[6]、バドミントンの強豪校・聖ウルスラ学院英智高等学校宮城県仙台市)に入学[5]。高校1年だった2007年平成19年)夏より、同校で1年先輩の髙橋礼華とダブルスを組んだ[7]。シングルスでは高校2年時からインターハイに出場し、常盤木学園高等学校(仙台市)の1学年上にいた佐藤冴香2012年ロンドン五輪バドミントン女子シングルス日本代表)を決勝で破って優勝した[6][8]。このインターハイでは団体、シングルス、ダブルス(松友・髙橋)で優勝した[6][8]。高校3年時のインターハイでは団体ベスト4、シングルスでは三谷美菜津に敗れて準優勝だった[6][9]2010年(平成22年)3月に高校を卒業すると、髙橋が所属する日本ユニシス東京都)に4月入社した[1]

2014年(平成26年)、ヨネックスオープンジャパンで、女子ダブルスとして日本人初の優勝[10]第17回アジア競技大会で、女子ダブルスとして1970年に優勝した竹中悦子相沢マチ子以来44年ぶりに決勝に進出し準優勝した[10]。10月30日付女子ダブルスのBWF世界ランキングで1位となった[11]。日本勢の世界ランク1位は全5種目を通じて初となった[10]BWFスーパーシリーズファイナルズでは、女子ダブルスで全種目通じて日本勢初の優勝を達成している[12]

2016年、全英オープン女子ダブルスで、1978年の徳田敦子高田幹子ペア以来となる日本勢で38年ぶりに優勝した[13]。そして同年のリオデジャネイロオリンピックに髙橋と共に女子ダブルスの代表に選出され、日本のバドミントン史上初となるオリンピックでの金メダルを獲得した。その後、株式会社テコテックとマネジメント契約をしている。

人物

  • 2016年10月5日、髙橋と共に宮城県より「みやぎ絆大使」を委嘱された[14][15]

主な成績

国内大会

大会 種目 成績 Name
2008 全日本総合選手権 WD 3位 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2009 全日本総合選手権 WS 3位 松友美佐紀
2010 全日本総合選手権 WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2011 全日本総合選手権 WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2012 全日本総合選手権 WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2013 全日本総合選手権 WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2013 全日本総合選手権 XD 1/優勝 松友美佐紀 / 早川賢一
2014 全日本総合選手権 XD 1/優勝 松友美佐紀 / 早川賢一
2015 全日本総合選手権 WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2015 全日本総合選手権 XD 2/準優勝 松友美佐紀 / 早川賢一

国際大会

大会 種目 成績 Name
2009 大阪インターナショナル WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2009 ベルギー国際 WS 2/準優勝 松友美佐紀
2009 ベルギー国際 WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2009 インド・オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2010 世界ジュニア選手権 WS 2/準優勝 松友美佐紀
2010 大阪インターナショナル WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2011 ロシア・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2012 オーストラリア・オープン XD 3位 松友美佐紀 / 早川賢一
2012 USオープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2012 USオープン XD 2/準優勝 松友美佐紀 / 早川賢一
2012 カナダ・オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2012 インドネシアオープングランプリゴールド WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2012 デンマーク・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2013 マレーシア・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2013 シンガポール・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2013 ヨネックスオープンジャパン WD 3位 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 マレーシア・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 ドイツ・オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 全英オープン WD 3位 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 ヨネックスオープンジャパン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 ヨネックスオープンジャパン XD 3位 松友美佐紀 / 早川賢一
2014 オーストラリア・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 第17回アジア競技大会 WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 デンマーク・オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2014 BWFスーパーシリーズファイナルズ WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2015 インド・オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2015 中国オープン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 マレーシアマスターズ WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 全英オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 インド・オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 アジア選手権 WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 インドネシア・オープン WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 リオデジャネイロオリンピック WD 1/優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 ヨネックスオープンジャパン WD 2/準優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 デンマーク・オープン WD 優勝 松友美佐紀 / 髙橋礼華
2016 フランス・オープン WD 3位 松友美佐紀 / 髙橋礼華

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 松友 美佐紀(日本ユニシス実業団バドミントン部)
  2. ^ 藍住エンジェルクラブ(公式サイト)
  3. ^ 強打の松友&強肩の高橋、ルーツ「父の野球」にあり日刊スポーツ 2016年8月15日)
  4. ^ a b 四国放送フォーカス徳島」2016年8月19日放送
  5. ^ a b c <2>バドミントン・松友美佐紀選手~中学生時代~(読売新聞 2016年8月3日)
  6. ^ a b c d 松友美佐紀「3冠は先輩たちのおかげ。楽しかったです」IHの想い出③(総合バドミントン・ポータルサイト「バドスピ! BADMINTON SPIRIT」2015年8月1日投稿)
  7. ^ 五輪バドミントン 結成10年、信頼の連係…高橋・松友組(毎日新聞 2016年8月16日)
  8. ^ a b 平成20年度 全国高校学校総合体育大会 高松宮記念杯 第59回 全国高等学校バドミントン選手権大会(公益財団法人全国高等学校体育連盟バドミントン専門部)
  9. ^ 平成21年度 全国高校学校総合体育大会 高松宮記念杯 第60回 全国高等学校バドミントン選手権大会(公益財団法人全国高等学校体育連盟バドミントン専門部)
  10. ^ a b c 女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組 日本人初の世界ランキング1位を達成!”. 日本ユニシス実業団バドミントン部 (2014年10月31日). 2016年4月8日閲覧。
  11. ^ BWF World Rankings” (英語). tournamentsoftware.com (2014年10月30日). 2016年4月9日閲覧。
  12. ^ 女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組 「スーパーシリーズファイナル 2014」で日本人初の優勝”. 日本ユニシス実業団バドミントン部 (2014年12月22日). 2016年4月9日閲覧。
  13. ^ バドミントンの全英オープンは…:バドミントン 高橋礼華&松友美佐紀 写真特集”. 時事ドットコム (2016年3月13日). 2016年4月8日閲覧。
  14. ^ 「みやぎ絆大使」(新規委嘱)について(宮城県 2016年10月28日)
  15. ^ みやぎ絆大使(宮城県)
  16. ^ バド高橋が奈良県民栄誉賞 松友は特別功労賞を受賞”. 日刊スポーツ (2016年9月9日). 2016年9月27日閲覧。
  17. ^ a b c 松友選手、26日徳島凱旋 27日藍住でパレード”. 徳島新聞 (2016年9月25日). 2016年9月27日閲覧。
  18. ^ 徳島県、タカマツペアを表彰 バド松友選手の出身”. 中日新聞 (2016年9月26日). 2016年9月27日閲覧。
  19. ^ 松友・高橋選手に徳島市長特別賞 リオ五輪「金」”. 徳島新聞 (2016年9月6日). 2016年9月27日閲覧。
  20. ^ a b c タカマツペア「金」祝う 仙台母校、宮城県が栄誉賞(スポーツニッポン 2016年10月5日)
  21. ^ リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得された髙橋礼華選手・松友美佐紀選手への「賛辞の楯」贈呈式を、市民の皆さまに公開して実施します(仙台市 2016年10月1日)
  22. ^ 名誉県民・県民栄誉賞(宮城県)
  23. ^ “『こち亀』原作者・秋本治氏に菊池寛賞 「上質な笑いに満ちた作品を堂々と完結させた」”. ORICON STYLE. (2016年10月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2079894/full/ 2016年10月13日閲覧。 
  24. ^ 秋の褒章、772人20団体の受章決まる 朝日新聞 2016年11月2日
  25. ^ バドミントン高橋・松友ペア 世界の年間最優秀選手に NHK 2016年12月14日
  26. ^ 第51回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 受賞者 (PDF)”. テレビ朝日. 2017年1月13日閲覧。

関連項目

外部リンク