この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

廣瀬栄理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廣瀬栄理子
Yonex IFB 2013 - Quarterfinal - Eriko Hirose vs Tai Tzu-ying 15.jpg
基本情報
生年月日 (1985-03-16) 1985年3月16日(34歳)
性別 女性
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県川辺郡猪名川町
身長 163cm
体重 54kg
血液型 A型
選手情報
利き腕
競技開始年齢 6歳
種目 女子シングルス
主な戦績
世界ランク(最高) 7位
日本ランク(最高) 1位
国際大会 インドネシアオープン準優勝、大阪国際チャレンジ優勝、全英オープン準優勝、他
国内大会 全日本総合選手権優勝(5回)、全日本社会人選手権優勝、他
経歴
所属 選手
1991年 - 1997年 ひよどりジュニアバドミントンクラブ
1997年 - 2000年 コマツジュニアクラブ(兵庫県中谷中学校)
2000年 - 2003年 青森山田高等学校
2003年 - 2013年 パナソニックバドミントンチーム(三洋電機バドミントンチーム)[注釈 1]
2013 - 2014年 ヨネックス
 
獲得メダル
女子 バドミントン
ユーバー杯
2010 クアラルンプール 女子団体
2012 武漢 女子団体
アジア競技大会
2006 ドーハ 女子団体
2010 広州 女子単
アジア選手権
2005 ハイデラバード 女子単

廣瀬 栄理子(ひろせ えりこ、1985年3月16日 - )は女子バドミントン選手である。兵庫県川辺郡猪名川町出身。身長163センチ、体重54kg。血液型はA型。右利き。兵庫県猪名川町立松尾台小学校-兵庫県中谷中学校-青森山田高等学校卒業。北京オリンピック日本代表。

バドミントンの経歴

小学校にスポーツ少年団「ひよどりジュニアバドミントンクラブ」があり、兄と一緒にバドミントンを始める。進学した地元の中学校には部活としてバドミントン部がなかったため、「コマツジュニアクラブ」にて練習を積む。中学3年生の時にようやく中学校側が中学校体育連盟の大会に出ることを許可したため、初めて中学校体育連盟の大会に出場。全国中学生大会で広瀬の応援団は家族だけという中で第3位を獲得した。

高校はバドミントンで強くなるために青森へ「バドミントン留学」をする。1、2年生の時のダブルスでは、中国からの留学生楊藹琳と組みインターハイで3年連続入賞。3年生の時には茨城県で開催されたインターハイで団体、シングル、ダブルスと3冠を期待されていたが、ダブルスでは今別府靖代と組み、清水陽子岡本望良組(当時常総学院高等学校)に1-2で負けベスト4止まりとなる。シングルスでも1学年下の平山優(当時聖ウルスラ学院高等学校)に1-2で負け準優勝となる。その結果、3冠にはならず団体の優勝だけにとどまる。

2003年に高校を卒業し三洋電機に就職。インターハイでの3冠達成ができなかったのをばねにしたかのように全日本総合選手権で3位に入賞。

2004年には、全日本総合選手権の決勝でアテネオリンピック代表の米倉加奈子を下し初優勝。

2005年、全英オープンで3位入賞。9月、ハイデラバードで開催されたアジア選手権で銅メダルを獲得。2連覇がかかった全日本総合選手権の決勝では米倉加奈子に負け準優勝に終わる。

2006年、日本で開催されたユーバー杯では日本の一員として出場したが準々決勝のオランダ戦で敗退。自身は第2シングルでジュディス・ミューレンディクスに1-2の逆転負けをした。全日本総合選手権では決勝で森かおりを降して2年ぶり2回目の優勝。12月のドーハアジア大会では世界ランキング1位の謝杏芳に惜敗したもののベスト8に入った。団体戦では銀メダルを獲得。

2007年には、シンガポール・オープンで3位に入賞し好調であった。だが、フィリピン・オープンで右足肉離れを起こし世界選手権を欠場することになった。このコートマットは足が滑りやすく危険性を指摘されていた。病院に2週間入院し、退院後もイメージ通りの動きができなくなった。ネット前にラッシュもできない状況が続き、全日本総合の連覇も途切れた。しかし、北京オリンピックに出場するためのポイントを稼いであり、BMF世界ランキングが女子シングルスで15位であったため、北京オリンピックへの出場が決まる。

そして、2008年の北京オリンピックではシングルス3回戦で元中国選手でフランス代表のピ・ホンヤンに1-2で惜しくも敗れたが、ベスト16となっている。同年から2010年まで全日本総合選手権3連覇を達成。

2010年、ユーバー杯で銅メダル。8月、世界選手権では準々決勝で同大会で優勝した王琳に敗れたがベスト8。11月の広州アジア大会女子シングルスで銅メダルを獲得。

2011年、全英オープンで女子シングルスでは1979年準優勝の近藤沙織以来32年ぶりとなる準優勝。全日本総合選手権では4連覇を狙い、決勝では奥原希望と対戦する予定であったが、体調不良のため棄権して準優勝。

2012年、アジア選手権団体戦(ユーバー杯予選)の優勝と、ユーバー杯での銅メダルに貢献。ロンドンオリンピック出場は逃したが、ヨネックスオープンジャパンでは同大会自身最高成績となる準優勝。

2013年3月末を以ってパナソニックバドミントン部が休部となったため、ヨネックスに移籍。2014年12月の全日本総合選手権出場(ベスト4)を最後に現役を引退。

主な戦歴

国内試合

大会 種目 成績 Name
1996 全国小学生大会 WS 準優勝
1999 全国中学生大会 WS 3位
2000 インターハイ WS 3位
2000 インターハイ WD 優勝
2001 全国高校選抜 WS 3位
2001 全国高校選抜 WD 優勝
2001 インターハイ WS 3位
2001 インターハイ WD 準優勝
2001 全日本ジュニア選手権 WS 優勝
2002 インターハイ WS 準優勝
2002 インターハイ WD 3位
2002 全日本ジュニア選手権 WS 優勝
2002 全日本ジュニア選手権 WD 優勝
2003 全日本社会人選手権 WS 準優勝
2003 全日本総合選手権 WS 3位
2004 日本ランキングサーキット WS 優勝
2004 国体成年女子 WS 4位
2005 日本ランキングサーキット WS 優勝
2005 全日本社会人選手権 WS 準優勝
2005 全日本総合選手権 WS 準優勝
2006 全日本総合選手権 WS 優勝
2008 全日本総合選手権 WS 優勝
2009 日本ランキングサーキット WS 3位
2009 全日本総合選手権 WS 優勝
2010 日本ランキングサーキット WS 3位
2010 全日本総合選手権 WS 優勝
2011 全日本総合選手権 WS 準優勝

国際試合

大会 種目 成績 Name
2002 アジアジュニア選手権 WS 3位
2003 全英オープン WS 1回戦
2003 韓国オープン WS 1回戦
2003 南アフリカインターナショナル WS ベスト8
2003 ワイカトインターナショナル WS ベスト8
2003 ウエスタンオーストラリアインターナショナル WS 3位
2003 スロベニアインターナショナル WS 3位
2004 スイス・オープン WS ベスト16
2004 インドネシア・オープン WS 準優勝
2005 韓国オープン WS ベスト8
2005 ドイツ・オープン WS 3位
2005 全英オープン WS 3位
2005 世界選手権 WS ベスト16
2005 アジア選手権 WS 3位
2005 インドネシア・オープン WS ベスト8
2006 全英オープン WS ベスト8
2006 アジア選手権 WS ベスト8
2006 ユーバー杯 TEAM ベスト8 日本
2006 タイ・オープン WS 3位
2006 韓国オープン WS ベスト8
2006 世界選手権 WS ベスト16
2006 アジア大会 WS ベスト8
2006 アジア大会 TEAM 準優勝 日本
2007 マレーシア・オープン WS 3位
2007 大阪インターナショナルチャレンジ WS 優勝
2007 アジア選手権 WS ベスト8
2007 シンガポール・オープン WS 3位
2007 スディルマンカップグループII TEAM 優勝 日本
2007 香港オープン WS ベスト8
2008 マレーシア・オープン WS ベスト8
2008 インド・オープン WS 3位
2008 北京オリンピック WS ベスト16
2008 ヨネックスオープンジャパン WS ベスト8
2009 ニュージーランド・オープン WS 3位
2009 ヨネックスオープンジャパン WS 3位
2009 デンマーク・オープン WS 3位
2010 マレーシア・オープン WS 3位
2010 ユーバー杯 TEAM 3位 日本
2010 インドネシア・オープン WS 3位
2010 マカオ・オープン WS ベスト8
2010 世界選手権 WS ベスト8
2010 ヨネックスオープンジャパン WS ベスト8
2010 デンマーク・オープン WS 3位
2010 アジア大会 WS 3位
2011 全英オープン WS 準優勝
2011 スディルマンカップ TEAM ベスト8 日本
2011 世界選手権 WS 2回戦
2012 ユーバー杯 TEAM 3位 日本
2012 ヨネックスオープンジャパン WS 準優勝
2012 フランス・オープン WS 3位

注釈

  1. ^ 2011年4月1日、「三洋電機バドミントンチーム」から「パナソニック バドミントンチーム」にチーム名変更。[1]

脚註

  1. ^ [1]

関連項目

外部リンク