この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

垣岩令佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

垣岩令佳
Yonex IFB 2013 - Quarterfinal - Reika Kakiiwa - Miyuki Maeda vs Bao Yixin - Tang Jinhua 14.jpg
基本情報
生年月日 (1989-07-19) 1989年7月19日(29歳)
性別 女性
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県大津市[1]
身長 167cm
選手情報
利き腕
種目 女子ダブルス
主な戦績
世界ランク(最高) 3位
経歴
所属

選手

 
獲得メダル
バドミントン
日本の旗 日本
オリンピック
2012 ロンドン 女子ダブルス
世界選手権
2014 コペンハーゲン 女子ダブルス

垣岩 令佳(かきいわ れいか、1989年7月19日 - )は、日本のバドミントン選手。 身長167センチ。右利き。滋賀県大津市出身。バドミントン日本代表ナショナルチームに選出されている。
2012年ロンドンオリンピックにおいて藤井瑞希と組んだダブルスで銀メダルを獲得した。

人物

祖母が住んでいる熊本県で生まれ[2]大津市立雄琴小学校大津市立日吉中学校を経て青森県私立青森山田高等学校卒業。

高等学校卒業後に柿岩の1年先輩にあたる藤井の誘いでルネサス セミコンダクタ九州・山口(ルネサスSKY、後にルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング)に入社した。同社バドミントン部に所属。

競技歴

6歳の時にバドミントンを始める。小学生時代からジャンプスマッシュを習得する攻撃的なスタイルで、小学6年生で全国大会3位の成績を収めた。卒業文集に将来の夢として「オリンピックを見てみたい」と記した。

中学校では全国大会、シングルス・団体戦の2冠を達成する。一方で高校はバドミントンの名門、青森山田高等学校に入学した。高校1年生で出場した東北大会団体戦の決勝で当時高校2年生だった藤井と急遽ダブルスを組んで出場し、その後、藤井と正式にダブルスのペアを組むことになり藤井のインターハイシングルス・ダブルス・団体戦の高校3冠に貢献した。

進路に悩んでいた高校3年の夏、柿岩は藤井からの「ダブルスを組んで五輪を目指そう」とのラブコールを受けてNECセミコンダクターズ九州・山口への入社を決意した。北京オリンピックでチームの先輩でもあるスエマエの活躍を応援席で見たのを機に本格的に五輪を目指すようになり、藤井とのコンビで国内外で活躍する。2012年にはロンドンオリンピック日本代表選手に選出され、銀メダル獲得に貢献した。

2014年の世界選手権では前田美順との女子ダブルスで銅メダルを獲得した[3]。 2017年、藤井とペアを再結成し、2020年東京オリンピックを目指すことが発表された[4]

主な戦歴

国内試合

  • 2002年
    • 全国小学生大会 小学6年生シングルス3位
  • 2004年
    • 全国中学生大会 シングルス優勝(団体も優勝したため2冠達成)
  • 2006年
    • 全国高校選抜大会 ダブルス優勝
    • アジアジュニア ダブルス3位
    • インターハイ ダブルス優勝(団体も優勝したため2冠達成)
  • 2007年
    • インターハイ ダブルス5位(ペアは藤井と異なる)

国際試合

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 垣岩 令佳 プロフィール”. 再春館製薬所 バドミントンチーム 公式サイト. 2018年3月18日閲覧。
  2. ^ 銀メダルの藤井「24歳の誕生日は最高の一日」 垣岩とともに会見=バドミントン (2/2) スポーツナビ、2012年8月6日付、2012年8月6日閲覧。
  3. ^ バドミントン女子単の三谷は銅 前田・垣岩組も3位、世界選手権 - JOC、2017年5月4日閲覧
  4. ^ バド女子の「フジカキ」再結成 - 時事通信、2017年5月4日閲覧

外部リンク