杉戸清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉戸 清
すぎと きよし
生年月日 (1901-10-10) 1901年10月10日
出生地 愛知県愛知郡則武村字香箱(現名古屋市中村区[1]
没年月日 (2002-04-24) 2002年4月24日(100歳没)[2]
死没地 愛知県名古屋市昭和区[2]
出身校 東京帝国大学工学部土木工学科[2]
所属政党 無所属[2]
称号 勲二等瑞宝章[2]

Flag of Nagoya, Aichi.svg 第20-22代 名古屋市長
当選回数 3回
在任期間 1961年4月28日 - 1973年4月27日
テンプレートを表示

杉戸 清(すぎと きよし、1901年10月10日 - 2002年4月24日)は、日本政治家。元名古屋市長(3期)。

来歴[編集]

愛知郡則武村字香箱(現名古屋市中村区)出身[1]名古屋中学校第八高等学校を経て、東京帝国大学工学部土木工学科を卒業[1][2]1926年大正15年)4月に名古屋市役所に入り[1]、水道局長、助役などを歴任する[2]

1961年昭和36年)3月16日、名古屋市長の小林橘川が任期中に死去。これに伴って4月28日に行われた市長選に立候補し初当選[2]。地下鉄の整備等に尽力した[2]

1973年(昭和48年)に4選を目指したが、社会党・共産党の推薦を受けた本山政雄に敗れた[2]。同年、勲二等瑞宝章を受章[2]

退任後も長命を保ち、2002年(平成14年)に100歳で没した[2]

著書[編集]

  • 『下水道学 上』壮文社、1948年。ASIN B000JBMYSG
  • 『下水道学 下』技報堂、1953年。ASIN B000JBAQY0
  • 『厠談義』実業之日本社、1960年。ASIN B000JAPJ48
  • 『なごやべん―杉戸清さんのおしゃべり』日進堂書店、1970年。ASIN B000J9JRAG
  • 『20世紀を生きて―杉戸清先生の水道人気質 特別インタビュー構成』日本水道新聞社〈ウォーターマン叢書〉、1997年9月。ISBN 978-4930941176

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 青木信樹 1970, p. 口絵.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l “名古屋の都市基盤整備 杉戸清元市長 死去 100歳”. 中日新聞: p. 1. (2002年4月25日) 

参考文献[編集]