大岩勇夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大岩勇夫
Oiwa Isao.jpg
生年月日 慶応3年5月22日1867年6月24日
出生地 三河国加茂郡花本村
(現在の愛知県豊田市
没年月日 昭和30年(1955年7月7日
出身校 東京法学院(現在の中央大学
所属政党 立憲同志会

愛知県の旗 愛知県会議員

Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市会議員
当選回数 4
在任期間 1910年 - 1927年

日本の旗 衆議院議員
選挙区 愛知県郡部2区
当選回数 1
在任期間 1915年 - 1917年

Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市長
当選回数 3
在任期間 1927年8月1日 - 1938年12月5日
テンプレートを表示

大岩 勇夫(おおいわ いさお、慶応3年5月22日[1][2]1867年6月24日) - 昭和30年(1955年7月7日)は、日本の政治家弁護士名古屋市長衆議院議員立憲同志会)などを務めた。

経歴[編集]

三河国加茂郡花本村(現在の愛知県豊田市)出身[2]東京法学院(現在の中央大学)に入学し、在学中の1890年に代言人試験に合格した[1]。翌年に卒業した後、弁護士を開業し、名古屋弁護士会会長も務めた[1][3]

1899年、愛知県会議員に選出された[1]1910年からは名古屋市会議員となり、3回にわたって議長を務めた[1]1915年第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選[4]。一期務めた。その他、愛知セメント株式会社専務、中京法律学校理事も兼ねた[3]

1927年、名古屋市長に就任。三期11年にわたって市政を運営し、在任中の1937年には名古屋汎太平洋平和博覧会を開催した。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局 『衆議院要覧下巻 大正4年11月増訂』、1915年
  • 手島益雄 『名古屋百人物評論』 日本電報通信社名古屋支局、1915年
  • 馬場籍生 『名古屋新百人物』 珊珊社、1921年
  • 名古屋毎日新聞社 『中京名鑑』、1932年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『中京名鑑』
  2. ^ a b 『名古屋百人物評論』
  3. ^ a b 『名古屋新百人物』
  4. ^ 『衆議院要覧』