新倉雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
にいくら まさみ
新倉 雅美
本名 渡邊 清
(わたなべ きよし)
出生地 新潟県北蒲原郡聖籠町
国籍 日本の旗 日本
職業 演出家
プロデューサー
ジャンル テレビアニメ
アニメ映画
活動期間 1962年 - 1973年
主な作品
とびだせ!バッチリ
ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!
ドラえもん』(日本テレビ版)

新倉 雅美(にいくら まさみ、1937年[1] - 1986年5月消息不明)は日本の元アニメーション監督日放映動画スタジオ東京テレビ動画元代表取締役。日本テレビ動画元社長。プロデューサーとしての名義は本名の渡邊 清(わたなべ きよし)。

人物・来歴[編集]

東京ムービー入社[編集]

1937年(昭和12年)に新潟県北蒲原郡聖籠町に生まれる[2]。実家は網元素封家だったという[2]。地元の中学を卒業して上京。都内の芸能タレント養成の劇団に入り俳優を志したが、断念してアニメーション制作に転向した[2]1962年4月頃、コマーシャルプロダクションの動画プロに入社し1年務めたあと創業間もない東京ムービーに入社[2]。同社では動画を担当し、『ビッグX』の実質的ディレクターとされる岡本光輝の弟分となる[3]

日本放送映画移籍[編集]

1965年(昭和40年)ピンク映画教育映画を製作していた矢元照雄主宰の制作プロダクション国映株式会社」が出資し、日本テレビの番組を専門に手がけるスタジオとして設立した日本放送映画岡本光輝が移籍した際、新倉も同行[3]。同年には日本放送映画内に日本テレビ専属のアニメ制作部門が発足。1966年には有限会社日放映動画スタジオとして独立する。主要メンバーは旧虫プロダクション東映動画の元スタッフで、新倉は日放映動画スタジオで代表取締役となり、日放映が手がけた『戦え!オスパー』では、岡本とともに「演出・ディレクター」を務めたとされる[4]

しかし新倉が監修したアニメ『とびだせ!バッチリ』(原作・岡本光輝/製作・矢元照雄)で依頼されたフィルム数が納入されないトラブルがあり、その後も帯番組を手がけたが『冒険少年シャダー』制作後、日本放送映画は解散した[5]

東京テレビ動画設立[編集]

1968年(昭和43年)日本放送映画の解散に伴い、出資元でもあった国映の傘下を離れて独立。元日放映のメンバーを再結集する形で、東京テレビ動画狛江市に設立した。

東京テレビ動画は『冒険少年シャダー』を放映した時間帯を引き継ぐ形で『夕やけ番長』を制作した。以後も、東京テレビ動画は3年間、日本テレビと共同でアニメ番組を制作し、同局のアニメをほぼ独占した[6]。1971年には『男どアホウ!甲子園』制作に際して新潟市にスタジオを新設している[7]

しかし、日本テレビと東京テレビ動画の間に金銭的な不祥事が起こったとされ、東京テレビ動画は1971年春を最後に日本テレビから仕事を干される[8]。日本放送映画に在籍していた岡迫亘弘の証言では、日本テレビの藤井賢祐が新倉からの贈与の見返りに仕事を与えていたが、それが日本テレビに発覚して東京テレビ動画への発注がなくなったという[8]。新倉は映画配給会社の契約決定も未定なまま、谷岡ヤスジ原作の劇場アニメ形式のアダルトアニメヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』を社運を賭けて制作するが、興行は大失敗に終わり、東京テレビ動画は解散する[8]

日本テレビ動画として再出発[編集]

1971年11月に元東京テレビ動画のメンバーを中心に再々度立ち上げられたアニメ制作会社日本テレビ動画の社長になる。日本テレビ動画は、旧東京テレビ動画の新潟スタジオが拠点となった[9]。東京テレビ動画が社名を変更しただけのように見えるが、別会社である。新倉が新潟政界の実力者である田中角栄と関係があったという証言が、後述の1986年に逮捕された際の報道に記載されている[2]。また、日本テレビ動画の名目上の代表取締役だった稲庭左武郎(社内では「会長」と呼ばれていたという)は、田中と関連が深いといわれた新潟総合テレビの役員を務めていた人物だった[10]

日本テレビ動画は、1972年4月TBSでスタートした『アニメドキュメント ミュンヘンへの道』を手がけてアニメ制作に復帰する。新潟だけでは制作に不都合を来すため、中野区のビルの部屋を借りて拠点としていた[11]。同年10月開始の後番組『モンシェリCoCo』の放送中、新倉は取締役を辞任。10話以降はクレジットも削除され、何らかのトラブルがあったとみられる[11]

日本テレビ動画スタッフだった真佐美ジュン(下崎闊)によると、日本テレビ動画は硬派任侠物の『少年次郎長三国志』のアニメ化を切望したが企画が頓挫[12]。『ドラえもん』のアニメ制作を、日本テレビ側から日本テレビ動画を制作会社に指名する形で受託することになったとされる[13]。だが『ドラえもん』放送中の1973年(昭和48年)8月ごろに新倉は突如失踪した[14]。この失踪が引き金になり、『ドラえもん』は同年9月に2クールで放映を終了した[14]

真佐美ジュンによると、新倉が失踪する前から「日本テレビ動画が解散するのではないか」という噂が下請けで流れており、入金の保証があるまで下請側は納品しないという状況にまでなっていたとされ、真佐美はこの件で日本テレビから呼び出されたという[15]。その後、会社の経営を引き継いだ会長はアニメ会社の経営に無関心な人物で「もう止めよう」の一言で日本テレビ動画は解散した[15][16]。その後、残されたスタッフは債権処理などに追われ、ついに日本テレビ動画が再建されることはなかった。

逮捕[編集]

失踪後、フィリピンマニラに移住し、海外で映画会社を勃興させるもうまくはいかず日比合作の映画製作の話をフィリピン政府要人に持ちかけたが、結局実現せず、借金を抱えて困窮していた[2]。金に困っていた新倉は、暴力団東組の幹部である柳沢充年に誘われピストル運び屋となり、拳銃密輸の目的で1986年にフィリピンから帰国[1]。同年5月2日西多摩郡瑞穂町内のホテルからピストルを持ち出そうとしていたところ、張り込んでいた捜査員に銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕される[1][2]。この際、短銃50丁と実弾約1400発が押収された[1]。逮捕後の報道はなく以後の消息は一切不明で、裁判資料も既に破棄され現存していないという[17]

新倉について『ミュンヘンへの道』のアニメパートを監督した吉川惣司は「全く影が薄い人でした。しゃべり方にしても物をはっきりと言うような雰囲気ではなく余りリーダーシップを発揮するというタイプじゃなかった。『ミュンヘンの道』でもTBSに振り回されっぱなしでした。結局、新倉さんはアニメを余りよくわかっていなかった。山師みたいな感じでバクチで一発あてるという雰囲気でしたよ」と語っている[18]

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 朝日新聞』1986年5月11日 東京朝刊23頁
  2. ^ a b c d e f g 週刊アサヒ芸能』1986年6月5日号。この記事の紙面写真および掲載内容の抜粋が『封印作品の憂鬱』pp.78 - 81に掲載されている。
  3. ^ a b 安藤、2008年、p.66(『戦え!オスパー』元スタッフの証言)
  4. ^ 安藤、2008年、p.66
  5. ^ 安藤、2008年、p.67
  6. ^ 安藤、2008年、p.68
  7. ^ 安藤、2008年、p.69
  8. ^ a b c 安藤、2008年、pp.70 - 73
  9. ^ 安藤、2008年、p.73
  10. ^ 安藤、2008年、p.56
  11. ^ a b c 安藤、2008年、p.76
  12. ^ 真佐美ジュンさんに聞く(個人サイト)
  13. ^ 安藤、2008年、pp.51 - 54。
  14. ^ a b 安藤、2008年、p.61
  15. ^ a b 旧ドラえもん製作者証言(真佐美ジュンへのインタビュー、個人サイト)
  16. ^ 真佐美の証言にある「会長」とは、登記上の代表取締役だった稲庭左武郎を指すとみられる(安藤、2008年、p.65、75)
  17. ^ 安藤、2008年、p.79
  18. ^ 安藤、2008年、p.82
  19. ^ 富野喜幸が同じく演出を担当していた。日本テレビ初の国産テレビアニメシリーズ。
  20. ^ 企画提携に日本テレビの藤井賢祐と日本テレビ動画の佐々木一雄プロデューサーがいる。

参考文献[編集]