文化の森駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
文化の森駅
駅入口(2005年8月16日)
駅入口(2005年8月16日)
ぶんかのもり
Bunkanomori
M02 二軒屋 (1.1km)
(2.1km) 地蔵橋 M04
所在地 徳島県徳島市八万町二丈
駅番号 M03
所属事業者 JR logo (shikoku).svg四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 牟岐線
キロ程 3.9km(徳島起点)
電報略号 フモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
118人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1990年平成2年)11月3日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム(2005年8月16日)

文化の森駅 (ぶんかのもりえき)は、徳島県徳島市八万町二丈にある、四国旅客鉄道(JR四国)牟岐線である。駅番号はM03

駅構造[編集]

ホームは単式1面1線である。ホームに近距離切符販売機がある。

特徴[編集]

駅のすぐ南、徳島県道203号鮎喰新浜線の道路上に踏み切りがある。

駅名「文化の森」は徳島県文化の森総合公園に由来するものだが、当駅から文化の森へ行くには徒歩で約30分かかる。また、駅前にはバス停はあるものの文化の森へ接続する路線バスが長年ない状態であったが、2016年4月より開業26年にして初めて文化の森駅から接続する路線バスが運行されることになった(後述)。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は下記の通り[1][2]

  • 34人(1995年度)
  • 44人(1996年度)
  • 61人(1997年度)
  • 61人(1998年度)
  • 62人(1999年度)
  • 69人(2000年度)
  • 73人(2001年度)
  • 74人(2002年度)
  • 91人(2003年度)
  • 94人(2004年度)
  • 86人(2005年度)
  • 89人(2006年度)
  • 87人(2007年度)
  • 91人(2008年度)
  • 86人(2009年度)
  • 98人(2010年度)
  • 105人(2011年度)
  • 111人(2012年度)
  • 116人(2013年度)
  • 118人(2014年度)

接続する他の交通機関[編集]

バス[編集]

  • 路線バス
    • 徳島バス島田石橋・市原線 文化の森駅東バス停[3]。1日3便。

接続するバスがない時間帯には徳島駅徳島市営バス3番バス乗り場[4]から徳島バス(2016年3月までは徳島市営バスが運行)の文化の森への直通便を利用となる。

なお、法花大橋バス停からは文化の森総合公園方面への路線バスは発着していない。

歴史[編集]

  • 1990年(平成2年)11月3日 開業。開業時は一部普通列車が通過していたが、2000年(平成12年)にすべての普通列車が停車するようになった[5]。また、2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正から2016年(平成28年)のダイヤ改正までの期間も、再び上り普通1本のみ通過するようになっていた。駅の南側にかかる園瀬川橋梁の掛け替え工事の関係で、1998年(平成10年)から一時仮線上に設置された仮駅で営業していたが、2001年(平成13年)11月21日に元の位置に戻された[6]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
牟岐線
二軒屋駅 (M02) - 文化の森駅 (M03) - 地蔵橋駅 (M04)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳島市統計年報
  2. ^ 平成26年版徳島市統計年報 交通・公益事業 JR市内駅の1日平均乗車人員
  3. ^ 市原線・島田石橋線の運行が変わります 徳島市役所の地域交通課より発表されたリリース。2016年3月1日発表
  4. ^ 徳島市交通局 路線案内
  5. ^ 『JTB時刻表』1991年5月号、1994年9月号によると終日にわたり約3割の列車が通過、1995年4月号、1999年12月号によると朝1往復と夕方上り1本のみ通過、2000年3月号によると全列車停車。
  6. ^ 「モハユニ」、『RAIL FAN』第49巻第1号、鉄道友の会、2002年1月号、 28頁。

関連項目[編集]