手塚一志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手塚 一志(てづか かずし、1963年1月5日 - )は、徳島県三好郡井川町出身のパフォーマンスコーディネーター、体育学修士、スポーツ上達工房「上達屋」代表。シンクロ打法うねり打法ジャイロボールW-スピンクオ・メソッドなどの発表で知られる、スポーツ科学者。東北楽天ゴールデンイーグルス・パフォーマンス・コーディネーター。2013年よりSWBC・JAPAN(ストロングリーグ日本代表)パフォーマンス・コーディネーター。2015年より理化学研究所客員研究員。

人物[編集]

  • 万人に共通する野球の各種必須動作をピックアップしたとする「正体」シリーズを皮切りに、数々のスポーツ動作に関する著書、ビデオを発表、テレビ、雑誌等のメディアへの出演、執筆する等の啓蒙活動を続けている。計29冊の書籍の累計総発行部数は67万部を越えるという。
  • 著書においては、それまでの経験論や感覚的な指導指導や練習に疑問を呈し、ヒトとして理に適ったカラダの操り方から発想した上達術や理論を展開している。
  • 1990年代初頭のダイエーホークス時代、肩周辺の機能について福岡にある久恒病院の原正文医師に師事。肩周辺の筋機能の調整エクササイズである「インナリング」(サークルスクラッチ等)開発、ホークス投手陣のコンディショニングメニューに組み込み、肩周辺の傷害の発生率を低減することに成功する。※1990年 32%→1992年 6%(%は障害発生によるリタイア=登録抹消率。※手塚一志著『肩バイブル』15ページより抜粋)。
  • 1993年自らホークスを退団し、一人で起業。このとき自らをパフォーマンスコーディネーターと名乗り、上達屋の前身となるアスリートパフォーマンスサポート業をスタート。最初のクライアントは桑田真澄工藤公康だった。これまでのトレーナーやコーチとは異なり、選手のパフォーマンス全体つまり心技体を一まとまりととらえ、投げるという行為のパフォーマンス向上・打つという行為のパフォーマンス向上のサポート約として活動を始める。
  • 1993年大村皓一率いる人口技能研究グループに参加し、共同研究を行った結果、ヒト本来の動作の本質であるとする新運動原理(現W-スピン運動原理)を発見。野球の動作に精通する以前はアメリカ仕込みの当時最新と言われた直線的な筋力トレーニングをコンディショニングメニューとして実践していたこともある。新運動原理を発見した以降はそれ以前のトレーニングの実践と理論を反省・方向転換し、従来考えられてきた直線的なプッシュ&プル動作を多用する筋力トレーニングに否定的、懐疑的な論調を展開。
  • このW-スピンの発想を元に、アスリートのパフォーマンスを向上させる上達メソッドクオ・メソッドを開発。野球選手のみならず、陸上競技、ラグビー、テニス、ゴルフ、相撲、ボクシング、サッカー、レスリング、競輪などほとんどのスポーツ種目に転用可能なことを証明していった。
  • 1995年に新たな直球系の球種としてジャイロボールの存在を提唱。2006年松坂大輔投手のレッドソックス入団時にこの魔球を投じるとのうわさが全米を席捲。CNNを筆頭に、日米の各種メディアが取り上げ、ニューヨークタイムスでも1面をすべてを使って特集を組んでこの魔球を追いかける騒動に発展した。
  • 1995年投手の肩と腕のコンディショニングドリルサークルスクラッチを考案・発表。後に前田健太投手がこのドリルを試合中の調整法として採用。いわゆるマエケン体操である。
  • 1999年著書『バッティングの正体』の中でシンクロ打法を発表。18m44cm離れている投手と打者の空間に、互いの呼吸を合わせたり外したりする駆け引きの法則シンクロニスティック・コーディネーションがあることを知らしめた。このシンクロ打法を松井秀喜選手が採用し一躍ブームに。当時、ジュニアから高校野球、プロ野球に至るまで、この投手とのタイミングが合い打率が上がるとされる打法が大流行した。
  • 2002年から2年間、阪神タイガース田淵幸一バッティングコーチの下で打撃指導を行った。その際、下半身からのらせん連鎖運動をバットコントロールに活かすうねり打法を導入。当時まだブレイク前だった今岡誠濱中治赤星憲広らの打力向上に貢献しつながる打線を実現。2003年の阪神優勝の陰の立役者として一躍注目を集めた。

指導した主な選手・チーム[編集]

理論展開[編集]

手塚一志の展開する理論の一例を挙げる。

ジャイロボール
ボールの回転軸が進行方向に向いており、初速、終速の差を、ボールの縫い目によって発生する空気抵抗を操り打者を打ち取ろうとする球種。空気抵抗の少ないフォーシームジャイロと空気抵抗の多いツーシームジャイロの2種類が確認されている。
W-スピン
以前は「二重回旋運動」と表記していた。「NMP」(New Motion Principle)も同じ。脊柱を中心とした回旋を第一軸、腕の作り出す回旋を第二軸とし、第一軸のファーストスピンがかなり進んだタイミングで急激に第二軸のセカンドスピンを起こすことにより、ボールやバットに効率的な加速を与えるとしている。
シンクロ打法
打者が投手の重心移動に同調する動き。投手が前脚を振り上げる時の伸び上がりに同調するAタイプ(採用選手:2000年時のイチロー等)投手の重心の沈み込み始めに同調するBタイプ(採用選手:高橋由伸、鈴木尚典、前田智徳等)投手の重心の沈み込みの底に同調するタイプC(採用選手:江藤智、金城龍彦)A、B、Cを基本形にアレンジした特殊なウェービングタイプ(採用選手:藤井康雄)、FUJIYAMAタイプ(採用選手:古田敦也)もある。
うねり打法
うねりのように下から螺旋的に下半身からの力をバットに伝える打法。クオ・メソッドの応用で変化球等に回旋軸を崩されにくい。2段階のタイミング調節が出来(1段階目はクオ・メソッドの隠し)、変化球でタイミングを外され、前骨盤が開きかけても後ろ骨盤の意識で粘りを出し、タイミング調節をコントロールしやすい特性を持つ。
クオ・メソッド
(Connective Unified Operation Method=CUO・M)統括連結操作術。2枚の腸骨と仙骨、弓状線と呼ばれるアーチを意識し、末端部のスウィング動作をキレのある反射的な腰の動きで制御し、あらゆるスウィング系のスポーツに効果を示す実践方法。
また2012年1月より【クオ・メソッド】は第3世代に突入した。
サークルスクラッチ
投手や他の野球選手用に開発した、肩甲骨+肩関節+腕周辺のコンディショニング運動。顔の前で曲げた肘の先端部で円を描く動きと、手首から指先にかけて“引っかき(スクラッチ)モーション”を行うことから、この名前が付いた。別冊宝島263『スポーツトレーニングが変わる本』(宝島社)1996年発行(共著)中で初公表。のちに「マエケン体操」になる。http://www.youtube.com/watch?v=nqFbpzd2Jmo

経歴[編集]

著書[編集]

  • レジスタンス・トレーニング(共著) (1994年、朝倉書店) ISBN 4254690150
  • スポーツ外傷・障害とリハビリテーション(共著) (1994年、文光堂) ISBN 4830651202
  • 手塚一志の肩バイブル (1995年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583032536
  • スポーツトレーニングが変わる本(共著) (1996年、宝島社) ISBN 4796692630
  • ピッチングの正体 (1998年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583035071
  • バッティングの正体 (1999年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583045654
  • 驚異のシンクロ打法 発見!タイミングの法則 (2000年、日本文芸社) ISBN 4537120436
  • ゴルフナイスショットの真実 練習しても、なぜ続かない (2000年、光文社) ISBN 4334006892
  • プロ野球 ピッチング解体振書 (2001年、光文社) ISBN 4334007066
  • プロ野球 バッティング解体振書 (2001年、光文社) ISBN 4334007058
  • 魔球の正体(共著) (2001年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583036728
  • バッティングの極意 うねり打法 (2002年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583037287
  • バッティング&ピッチング解体振書 (2004年、PHP研究所) ISBN 4569661815
  • 図解 手塚一志のうねり打法 ゴルフ編 (2004年、PHP研究所) ISBN 4569639593
  • ゴルフ ナイスショットの真実 究極のスウィング「ダブルスピン打法」の秘密 (2005年、PHP研究所) ISBN 4569663850
  • 手塚一志の上達道場 ピッチングの巻 (2005年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583038747
  • 心に火をつけるkidsコーチング 投手編 (2006年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583039204
  • 手塚一志の上達道場 バッティングの巻 (2006年、ベースボール・マガジン社) ISBN 4583039298
  • ゴルフ達人道場 (2007年、MCプレス) ISBN 9784901972789
  • ジャイロボール (2007年、ベースボール・マガジン社) ISBN 9784583100357
  • 6週間で投げるジャイロボール(監修) (2007年、MCプレス) ISBN 9784862950024
  • 骨盤力 アスリートボディの取扱い説明書 (2008年、ベースボール・マガジン社) ISBN 9784583101354
  • 切れ味バツグン!! 変化球習得メソッド (2009年、高橋書店) ISBN 9784471141066
  • 安打量産!! 打率アップメソッド (2009年、高橋書店) ISBN 9784471141073
  • 七人のトップアスリートと骨盤力 (2010年、キネマ旬報社) ISBN 9784873763224
  • ジュニア世代の骨盤力―野球のピッチング(2010年、ベースボール・マガジン社) ISBN 9784583103143
  • 三振をとる!!球速アップ・メソッド (2011年、高橋書店) ISBN 9784471141080
  • ジュニア世代の骨盤力―野球のバッティング (2011年、ベースボール・マガジン社) ISBN 9784583103884
  • バッティング戦略論 (2012年、PHP研究所) ISBN 9784569798295

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]