我儘ラキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
我儘ラキア
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル J-POP
活動期間 2016年 -
レーベル WW RECORDS
事務所 QOOLONG
共同作業者 小山亮(プロデューサー
公式サイト wagamamarakia.com
メンバー 星熊南巫
海羽凜
L
MIRI
旧メンバー 小笠原矢宵
相谷麗菜

我儘ラキア(ワガママラキア)は、日本女性アイドルグループである。QOOLONG所属。レーベルは、Japan Music System(JMS)内のレーベル WW RECORDS。

概要[編集]

大阪でソロとして音楽活動をしていた小笠原矢宵、バンドのギター・ボーカルとして活動していた星熊南巫の2人がプロデューサーの小山亮からアイドルユニット結成を打診されたのをきっかけに結成。前述の2人に加え、小笠原からの紹介で加入に至った海羽凜を加えた3人で我儘ラキアとして活動を開始[1]
2016年6月17日にデビュー。「われがままに。自分らしく歌う。」をコンセプトに活動をしている[2]。グループ名の我儘ラキアは「我儘は自分が思うがまま、自分のやりたいがまま 活動していこう。ラキアの部分には意味はない。ラキアと聞いて我儘ラキアと呼ばれるように造語としてつけた」[3]

来歴[編集]

2016年[編集]

  • 6月17日 - 心斎橋VARONにて小笠原矢宵、星熊南巫、海羽凜で結成[2]
  • 9月3日 - 第1期7曲を、無料配信した[4]
  • 10月9日 - 小笠原が活動休業[5]
  • 11月21日 - 心斎橋VARONにて『我儘ラキア 1st ONE MAN LIVE』開催[6][7]。  
  • 12月17日 - 小笠原が脱退[8]

2017年[編集]

  • 6月4日 - 梅田クアトロにて1周年イベント『Odyssey –我儘ラキア 1st Anniversary-』[9]
  • 6月21日 - 相谷麗菜が加入[10]
  • 10月14日 - 心斎橋VARONにて『我儘ラキア2nd ワンマン-原点回帰-』開催[11]

2018年[編集]

  • 2月18日 - 我儘ラキア東名阪ツアー2018『桜が、咲く前に。』開催[12][13]
  • 4月6日 - 梅田Zeelaにて『Fest 〜Season.4〜』。川﨑怜奈が加入[14]
  • 6月17日 - 2周年イベント『我儘ラキア 2nd Anniversary Season』開催。
  • 8月23日 - 前十字靭帯断裂の手術のため星熊が活動休止[15]
  • 10月29日 - 星熊が復帰[16]
  • 12月21日 - 心斎橋BIGCAT『我儘ラキア We'll Keep Raising The Flag』をもって、相谷が卒業[17][18]

2019年[編集]

  • 3月3日 - ワンマンライブ『Starting Over』開催[19]
  • 7月9日 - これまでに発表された全20曲(第1期楽曲、SEを含む)を、星熊、海羽、川﨑の3人体制で再レコーディングした、アルバム『StartingOver』を発売[20]
  • 7月20日 - 元RHYMEBERRYメンバーMIRIが加入[21][22]
  • 7月14日 - 『我儘ラキア Killboredom TOUR 2019』開催。

メンバー[編集]

名前 誕生日 出身地 備考
星熊南巫
ほしくま みなみ
4月24日 兵庫県 バンドとして活動していたところ、ライブハウスで我儘ラキアのプロデューサー・小山亮と知り合い加入に至った
海羽凜
かいね りん
12月15日 宮崎県 小笠原矢宵の紹介で加入
L(川﨑怜奈)
エル(かわさき れいな)
12月15日 広島県 加入以前はSO.ON project、NEVE SLIDE DOWNに所属していた
2018年4月加入
MIRI
みり
3月28日 静岡県 加入以前はRHYMEBERRYに所属していた。ソロ活動時は従来どおり株式会社パーティクルの所属、担当となる
2019年7月加入

旧メンバー[編集]

名前 誕生日 出身地 備考
小笠原矢宵
おがさわら やよい
ソロ活動をしていたところ、プロデューサー・小山と知り合い加入に至った
2016年12月脱退
相谷麗菜
あいたに れいな
7月18日 奈良県 卒業後、相谷レイナ名義でソロ活動を行っている
2017年6月加入 - 2018年12月卒業

作品[編集]

順位は、オリコン週間ランキング最高位[23]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 順位
1st 2017年4月29日 There is surely tomorrow QOLG-001
2nd 2017年10月14日 Days QOLG-002
3rd 2018年2月12日 Trash? QOLG-003

配信シングル[編集]

# 発売日 タイトル 品番 収録曲
1st 2019年2月12日 We'll Keep Raising The Frag / Leaving QOLG-005
2nd 2019年12月13日 reflection QOLG-006
3rd 2020年3月1日 rain QOLG-008
4th 2020年9月30日 why? QOLG-009
5th 2022年4月20日 GR4VITY G4ME

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 順位
1st 2019年7月9日 StartingOver QARF-50522 71位

ミニアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 順位 備考
初回盤 通常盤
1st 2018年8月21日 There is a Reason QOLG-004
2nd 2019年12月25日 the darkest before the dawn. QOLG-007
3rd 2020年12月23日 WAGAMAMARAKIA WW-1001 65位
4th 2021年6月30日 SUPERIORITY WW-1003 29位
5th 2022年6月29日 ONYX WW-1008 WW-1009 35位 初回盤BDには2021年12月に行われた「SUPERIORITY TOUR」東京・Zepp Haneda公演の模様を全編収録[24]

未収録曲[編集]

  • Blooom(相谷麗菜from我儘ラキア)
  • プリズムの中で(相谷麗菜from我儘ラキア)
  • アフターレイン

タイアップ一覧[編集]

曲名 タイアップ 備考
2021年 GIRLS テレビ朝日トゲアリトゲナシトゲトゲ」 7月度エンディングテーマ[25]

ライブ[編集]

2016年[編集]

  • 11月12日 - 我儘ラキア 1st ONE MAN LIVE(大阪・心斎橋VARON)

2017年[編集]

  • 7月23日 - Fest(大阪・心斎橋VARON)
  • 10月14日 - 我儘ラキア2nd ワンマン-原点回帰-(大阪・心斎橋VARON)
  • 11月1日 - Fest 〜1日遅れのハロウィンパーリナイ〜(大阪・心斎橋VARON)
  • 12月25日 - Fest 〜クリスマスは当日ホーリナイ〜(大阪・心斎橋VARON)

2018年[編集]

  • 1月5日 - Fest 〜ご縁玉付きお年玉フリーライブ〜(大阪・心斎橋VARON)
  • 2月18日 - 我儘ラキア東名阪ツアー2018 桜が、咲く前に。(東京・Shibuya eggman
  • 3月3日 - 我儘ラキア東名阪ツアー2018 桜が、咲く前に。(愛知・RADHALL)
  • 3月10日 - 我儘ラキア東名阪ツアー2018 桜が、咲く前に。(大阪・梅田クアトロ
  • 4月6日 - Fest 〜Season.4〜(大阪・梅田Zeela)
  • 8月17日 - Fest -大阪夏祭り-(大阪・心斎橋VARON)
  • 11月28日 - -Fest-@ZircoTokyo(東京・ZircoTokyo)
  • 12月21日 - 我儘ラキア We'll Keep Raising The Flag(大阪・心斎橋BIGCAT

2019年[編集]

  • 1月9日 - Fest〜ご縁玉付きお年玉フリーライブ〜大阪編(大阪・心斎橋VARON)
  • 1月11日 - Fest〜ご縁玉付きお年玉フリーライブ〜名古屋編(愛知・RAD HALL)
  • 2月11日 - Fest -I'll never forget「NSD」(大阪・心斎橋VARON)
  • 3月3日 - Starting Over(東京・代官山UNIT
  • 7月14日 - 我儘ラキア Killboredom TOUR 2019(福岡・INSA Fukuoka)

2021年[編集]

  • 4月2日~6月25日 - WAGAMAMARAKIA TOUR(全20公演)[26][27][28]
    • 4月2日 - 東京・下北沢SHELTER
    • 4月7日 - 北海道・cube garden
    • 4月9日 - 宮城・仙台MACANA
    • 4月11日 - 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
    • 4月23日 - 京都・KYOTO MUSE
    • 4月24日 - 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
    • 5月1日 - 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
    • 5月2日 - 福岡・DRUM Be-1
    • 5月4日 - 鹿児島・SR HALL(開催延期)
    • 5月5日 - 徳島・club GRINDHOUSE(開催延期)
    • 5月7日 - 広島・セカンド・クラッチ(開催延期)
    • 5月8日 - 静岡・Shizuoka UMBER(開催延期)
    • 5月22日 - 石川・Kanazawa AZ
    • 5月23日 - 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
    • 5月28日 - 茨城・mito LIGHT HOUSE
    • 5月30日 - 千葉・千葉LOOK
    • 6月5日 - 岩手・Club Change WAVE
    • 6月6日 - 秋田・Club SWINDLE
    • 6月14日 - 広島・セカンド・クラッチ(振替公演)
    • 6月17日 - 大阪・なんばHatch
    • 6月19日 - 徳島・club GRINDHOUSE(振替公演)
    • 6月21日 - 鹿児島・SR HALL(振替公演)
    • 6月23日 - 静岡・Shizuoka UMBER(振替公演)
    • 6月25日 - 東京・USEN STUDIO COAST

2022年[編集]

  • 4月1日 - そこに鳴る presents 翔斗のお披露目SHOW TIME ~対バンを招待~ 大阪編(大阪・大阪MUSE)[29][30][31]
  • 7月18日 - KNOCK OUT MONKEY presents “猿爆祭 2022”(大阪・大阪城音楽堂[32][33]
  • WAGAMAMA RAKIA "ONYX TOUR" 1st Series[34][35]
    • 7月22日 京都・KYOTO MUSE
    • 8月6日 宮城・仙台 MACANA
    • 8月11日 兵庫・太陽と虎
    • 8月13日 福岡・DRUM Be-1
    • 9月4日 石川・金沢EIGHT HALL
    • 9月11日 香川・高松MONSTER
    • 9月18日 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
    • 9月19日 静岡・浜松 窓枠(台風の影響により中止。11月7日へ延期を発表[36]。)
  • 7月23日 - OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2022(大阪・舞洲スポーツアイランド) - 我儘ラキアは『SKY STAGE』にオープニングアクトとして出演[37]
  • 7月24日 - MURO FESTIVAL 2022(東京・Spotify O-WEST[38]
  • 8月7日 - TOKYO IDOL FESTIVAL 2022(東京・お台場/青海エリアTOKYO IDOL FESTIVAL 2022特設会場)- 我儘ラキアは『DOLL FACTORY』ステージに出演[39]
  • 8月14日 - 6年越しに戻ってきたぜラブポ星(宮崎・LAZARUS)[40]
  • 8月17日 - EP EXTRA(東京・Spotify O-WEST) - メンバーに発熱の症状がみられたため出演を辞退[41]
  • 8月27日 - @ JAM EXPO 2022(神奈川・横浜アリーナ)- 我儘ラキアは『ストロベリーステージ』に出演[42][43]。また、MIRIは新型コロナの隔離期間中であるためライブを欠席[44]
  • 8月28日 - NOCTURNAL BLOODLUST presents TERRANIGMA Vol.2(東京・渋谷CLUB QUATTRO[45])- MIRIは新型コロナの隔離期間中であるためライブを欠席[44]
  • HOME PARADE[46]
    • 8月31日 愛知・名古屋Electric Lady Land
    • 9月7日 大阪・梅田CLUB QUATTRO
    • 9月21日 東京・Spotify O-WEST
  • 9月1日 - クレフェス(東京・Spotify O-EAST)- 同年1月26日に開催予定だったイベントの振替公演[47]
  • 10月1日 - ZEPHYREN × SHIBUYA THE GAME presents 『In The Family FEST 2022』(東京・渋谷エリア ライブハウス5会場)- 我儘ラキアは「Shibuya WWX」に出演[48]
  • 10月9日 - FABLED NUMBER presents『DIE ON ROCK FES 2022』supported by SNAZZY TUNES(東京・渋谷ライブハウス10会場11ステージ)- 我儘ラキアは「Spotify O-EAST」に出演[49]
  • WAGAMAMA RAKIA "ONYX TOUR" 2nd Series[34][50]
  • 10月16日 - ギュウ農フェス 秋のSP2022 お台場2days ~Field of Dreams~(東京・お台場地区 夢の広場 特設会場)- 我儘ラキアは「イエローステージ」に出演[51]
  • 10月22日 - IDO-LIVE!! Circuit(東京・渋谷Spotify O-West[52])- Spotify O-West / 渋谷WOMBで開催のサーキットフェス。
  • 10月26日 - JMS & ASOBISYSTEM pre.「WITNESS」(東京・東京キネマ倶楽部)- 新しい学校のリーダーズとのツーマンライブ[53]
  • 10月28日 - DOGIMAZUN 10th ANNIVERSARY SPECIAL(大阪・なんばHatch)[54]
  • 10月29日 - a crowd of rebellion 15th anniversary Live -A×CROSS-(東京・Zepp Haneda)- ゲスト出演[55]
  • 11月6日 - MAWA LOOP TOKYO 2022(東京・Spotify O-EAST[56])- 東京・渋谷エリアライブハウス5会場で開催されたサーキットフェス。
  • 11月13日 - SHINSAIBASHI VARON 10TH ANNIVERSARY FES day2(大阪・大阪城野外音楽堂)
  • 11月23日 - REDLINE ALL THE REVENGE Supported by M(神奈川・ぴあアリーナMM[57] - 我儘ラキアは『BEAST STAGE』に出演[58]
  • 11月28日 - EP EXTRA [AGAIN](東京・Spotify O-West)- 我儘ラキアはゲスト出演[59]
  • 12月17日 - WAGAMAMA RAKIA "ONYX TOUR" ~Final~(神奈川・KT Zepp Yokohama)
  • 12月19日 - 榎本りょう presents G.A.L FES(東京・新宿BLAZE)
  • 12月25日 - LEADING CHRISTMAS in OSAKA(大阪・なんばHatch)
  • 12月28日 - LEADING PREMIUM 年末感謝祭'22(東京・Spotify O-WEST)- 渋谷エリア5会場で開催されたサーキットフェス。

2023年[編集]

  • HOME PARADE
    • 1月8日 大阪・梅田CLUB QUATTRO
    • 1月15日 愛知・名古屋Electric Lady Land
    • 1月16日 東京・Spotify O-WEST
  • 1月21日 - ゆるめるモ!主催 ゆるボアダムフェスティバル(東京・渋谷WWWX)[60]

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

ゲーム[編集]

  • Arcaea(2022年7月7日) - void (Mournfinale)氏の楽曲「Testify」にて、メンバーの星熊南巫がボーカルとして出演。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 我儘ラキア×NEVE SLIDE DOWN スタートを切ったばかりの2組が語るアイドルとは”. SPiCE. 2022年9月5日閲覧。
  2. ^ a b 『我儘ラキアに関して皆様にお伝えしたい事。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  3. ^ 『グループ名の意味とSE2曲について。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  4. ^ 『楽曲ダウンロードリンクのページ』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月23日閲覧。
  5. ^ 『皆様へ、ご報告です。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  6. ^ 『我儘ラキアとワンマンライブについて。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  7. ^ 『ワンマンライブについて/運営より』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  8. ^ 『我儘ラキア、近況のお知らせと、とても重要なご報告です。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  9. ^ 『我儘ラキア1周年イベントを終えて、そしてご報告。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  10. ^ 『新メンバー発表。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  11. ^ 『我儘ラキア2nd ワンマン-原点回帰-』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  12. ^ 『我儘ラキア 『桜が、咲く前に。』東名阪ワンマンツアー初日、東京公演の事。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  13. ^ 『我儘ラキア 『桜が、咲く前に。』東名阪ワンマンツアー、名古屋公演。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  14. ^ 『我儘ラキア、第3期〜第4期へ。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  15. ^ 『星熊南巫の休業に関して。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  16. ^ 我儘ラキア、活動休止していた星熊南巫の復帰ライブを東京&大阪で開催”. 音楽ナタリー. 2019年2月21日閲覧。
  17. ^ 『相谷麗菜の卒業と新メンバー募集に関して。』”. 我儘ラキア 公式. 2019年2月21日閲覧。
  18. ^ 我儘ラキアの相谷麗菜が12月にグループ卒業、新メンバー募集も開始(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2019年2月21日閲覧。
  19. ^ 『Starting Over、我儘ラキアワンマンライブ』”. 我儘ラキア 公式. 2019年7月18日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha. “我儘ラキア、新アルバム『StartingOver』のリリース記念イベント決定”. 音楽ナタリー. 2019年7月18日閲覧。
  21. ^ 『我儘ラキア / 新メンバー加入のご報告』”. 我儘ラキア 公式. 2019年7月18日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “我儘ラキアに元RHYMEBERRYのMIRI加入『期待に胸が膨らんでいます』”. 音楽ナタリー. 2019年7月18日閲覧。
  23. ^ 我儘ラキアの作品”. オリコン. 2021年1月29日閲覧。
  24. ^ 我儘ラキア新作リリース、初回限定盤にはZepp Haneda公演の模様収録したBlu-ray付属”. 音楽ナタリー. 2022年7月26日閲覧。
  25. ^ “[https://mobile.twitter.com/wagamamarakia/status/1409798805319348228 タイアップ決定 テレビ朝日 「トゲアリトゲナシトゲトゲ」7月度エンディングテーマに「GIRLS」が決定(@wagamamarakia)]”. Twitter. 2022年8月24日閲覧。
  26. ^ 我儘ラキアがキャリア最大規模のワンマンツアー開催、ファイナルはスタジオコースト”. 音楽ナタリー. 2022年4月29日閲覧。
  27. ^ 我儘ラキア、全公演完売の過去最大ワンマンツアーを完遂「アイドルのニューアイコンになります」”. 音楽ナタリー. 2022年4月29日閲覧。
  28. ^ 〈ツアー鹿児島/徳島/広島/静岡公演の振替日程のお知らせと払い戻しのご案内〉”. 我儘ラキアオフィシャルサイト. 2022年4月30日閲覧。
  29. ^ そこに鳴る、斎藤翔斗(Dr)正式加入。感覚ピエロ、Suspended 4th、我儘ラキアとの異色の東名阪ツーマン・ツアー"翔斗のお披露目SHOW TIME~対バンを招待~"開催決定”. skream!. 2022年4月17日閲覧。
  30. ^ 【🔥本日🔥】「翔斗のお披露目SHOW TIME ~対バンを招待~」ツアー大阪編 w)我儘ラキア(@sokoninaru_band)”. Twitter. 2022年4月17日閲覧。
  31. ^ \🌈本日大阪バンドツーマン🌈/ そこに鳴るさんのツアー大阪公演に出演します❣️(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年4月17日閲覧。
  32. ^ <猿爆祭2022>タイムテーブル発表、オープニングは我儘ラキア、トリはKNOCK OUT MONKEY”. BARKS. 2022年8月22日閲覧。
  33. ^ 【速レポ】<猿爆祭2022>我儘ラキア、「もし何かをあきらめようとしている人がいるなら、ふざけんな!」”. BARKS. 2022年8月22日閲覧。
  34. ^ a b 我儘ラキア、ライブツアー『ONYX TOUR』の開催を発表 全国を回るワンマン&ゲストバンドを招く2つのシリーズで”. SPiCE. 2022年9月5日閲覧。
  35. ^ 『ONYX TOUR』開催決定!”. 我儘ラキア Official Website. 2022年9月5日閲覧。
  36. ^ ツアー静岡公演延期のお知らせ(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年9月19日閲覧。
  37. ^ "OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2022"、オープニング・アクトに我儘ラキア、yutori決定。タイムテーブルも公開”. skream!. 2022年8月22日閲覧。
  38. ^ 『MURO FESTIVAL 2022』タイムテーブルが発表 トリはアルカラとハルカミライ”. SPiCE(イープラス). 2022年8月22日閲覧。
  39. ^ 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2022』タイムテーブル公開 8つのステージに200組以上のアイドルが出演”. Real Sound. 2022年8月22日閲覧。
  40. ^ 6年越しに戻ってきたぜラブポ星(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年8月18日閲覧。
  41. ^ 【お詫び】我儘ラキアのメンバーに発熱を伴った症状があり、下記イベントへの出演を辞退させていただくことにいたしました。(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年8月22日閲覧。
  42. ^ 「@JAM EXPO 2022」最終出演者&タイムテーブル発表”. 音楽ナタリー. 2022年8月29日閲覧。
  43. ^ \本日!/ 『@ JAM EXPO 2022』 8/27(土)横浜アリーナ(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年8月29日閲覧。
  44. ^ a b 【お詫びとお知らせ】(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年8月29日閲覧。
  45. ^ \本日!/ NOCTURNAL BLOODLUST presents TERRANIGMA Vol.2(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年8月29日閲覧。
  46. ^ ホムパ東名阪決定!(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年9月5日閲覧。
  47. ^ 今年1/26に開催が延期となった"クレフェス"の振替公演が決定しました(@spotify_o_crest)”. Twitter. 2022年9月5日閲覧。
  48. ^ ZEPHYREN × SHIBUYA THE GAME presents『In The Family FEST 2022』タイムテーブル公開!(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年10月4日閲覧。
  49. ^ FABLED NUMBER主催"DIE ON ROCK FES 2022"、最終出演者でBentham、Rhythmic Toy Worldら15組発表。タイムテーブルも公開”. skream!. 2022年10月7日閲覧。
  50. ^ 『ONYX TOUR』〜2nd series〜 ゲストバンド解禁!(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年10月13日閲覧。
  51. ^ 撮影可否入りタイムテーブルを公開しました。(@gyunoufes_SP)”. Twitter. 2022年10月15日閲覧。
  52. ^ IDO-LIVE!! Circuit(@wagamamarakia, 我儘ラキアオフィシャル)”. Twitter. 2022年10月22日閲覧。
  53. ^ 我儘ラキア×新しい学校のリーダーズ、ツーマンライブ開催”. 音楽ナタリー. 2022年10月31日閲覧。
  54. ^ \本日!/ DOGIMAZUN [ドギマズン 10th ANNIVERSARY SPECIAL(@wagamamarakia)]”. Twitter. 2022年10月31日閲覧。
  55. ^ a crowd of rebellion、15周年記念ライヴ"AxCROSS"に我儘ラキア&THE BACK HORN出演決定!オープニング・アクトにはSABLE HILLS!”. 激ロック. 2022年10月31日閲覧。
  56. ^ ✨✨タイムテーブル公開✨✨『MAWA LOOP TOKYO 2022』(@mawa_loop)”. Twitter. 2022年11月7日閲覧。
  57. ^ JMS主催「REDLINE ALL THE REVENGE」第2弾でBiSH、我儘ラキア追加”. 音楽ナタリー. 2022年11月23日閲覧。
  58. ^ REDLINE ALL THE REVENGE タイムテーブル解禁!(@REDLINE_TOUR)”. Twitter. 2022年11月23日閲覧。
  59. ^ \出演イベント解禁!/ 『EP EXTRA (AGAIN)』(@wagamamarakia)”. Twitter. 2022年11月25日閲覧。
  60. ^ \次回LIVE!/ ゆるめるモ!主催「ゆるボアダムフェスティバル」(@wagamamarakia)”. Twitter. 2023年1月20日閲覧。
  61. ^ 今夜OA「バズリズム02」でSnow Man、TXT、Little Glee Monster、我儘ラキア、BMKがライブ”. 音楽ナタリー. 2022年4月30日閲覧。
  62. ^ 鈴木愛理の火曜The NIGHT#162〜新体制であるがままに歌う我儘ラキア♡ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】”. AbemaTV. 2019年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]