心の友 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
心の友
ジョー・コッカースタジオ・アルバム
リリース
録音 1968年 ロンドン オリンピック・スタジオ、トライデント・スタジオ[1]
1968年9月 ロサンゼルス A&Mスタジオ(#1)[1]
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウル
時間
レーベル イギリスの旗リーガル・ゾノフォン・レコード英語版
アメリカ合衆国の旗A&Mレコード
プロデュース デニー・コーデル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
後述を参照
ゴールドディスク
ジョー・コッカー アルバム 年表
心の友
(1969年)
Joe Cocker!
(1969年)
テンプレートを表示

心の友 [注釈 1]』(こころのとも、原題:With a Little Help from My Friends)は、イングランドの歌手ジョー・コッカー1969年に発表した初のスタジオ・アルバム

背景[編集]

コッカーは1964年にデッカ・レコードからデビュー・シングル「I'll Cry Instead」(ビートルズのカヴァー)を発表するが、すぐにデッカとの契約を失い、1965年よりクリス・ステイントン英語版をパートナーに迎えてライヴ活動を行った[3]。そして、1968年にEMI傘下のリーガル・ゾノフォン・レコード英語版から、ステイントンとの共作による再デビュー曲「マジョリーン」を発表して全英シングルチャートで48位を記録し、同年にはビートルズのカヴァー「心の友」が全英1位のヒットとなった[3]。後者はアメリカでも、1968年12月14日付のBillboard Hot 100で68位に達した[4]

ステイントンは本作の大部分の曲でベースを弾き、一部の曲ではピアノやオルガンも兼任したが、唯一ロサンゼルス録音の「フィーリング・オールライト」(トラフィックのカヴァー)では、キャロル・ケイがベースを担当した[1]。本作のレコーディングには、既にスタジオ・ミュージシャンとして引く手あまただったジミー・ペイジが参加しているが、その後ペイジはレッド・ツェッペリンの活動に集中するため、スタジオ・ミュージシャンとしての依頼を断るようになったという[5]

反響・評価[編集]

アメリカでは1969年7月26日付のBillboard 200で最高35位を記録し[6]、リリースから約1年半後の1970年11月には、RIAAによりゴールドディスクの認定を受けた[2]。一方、母国イギリスでは、オリジナル・リリース時は全英アルバムチャート入りを逃す結果となった[7]

ロバート・クリストガウは1969年8月17日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙において「彼は"Bye Bye Blackbird"や"A Little Help From My Friends"といった軽快な小品を、人間の根源的な叫びへ転化させることに見事に成功しており、さらに、彼が取り上げた"Feelin' Alright"は、スリー・ドッグ・ナイトのヴァージョンはおろか、スティーヴ・ウィンウッドトラフィックによるオリジナルよりも良い」「彼はロック界においてジャニス・ジョプリンの男性版と言えるほど、個性的な手法で、他人の曲に秀逸な解釈をしている」と評している[8]。また、Bruce Ederはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「アルバムを牽引しているのは、それ自体が一つの楽器と言える、コッカーのソウルフルでザラついた声である」「意表を突いたアレンジ、テンポ、音楽的アプローチもあって、規格外のアルバムに仕上がっている」と評している[9]

リイシュー[編集]

1972年にフライ・レコード英語版から発売された再発LPは、本作と次作『Joe Cocker!』を抱き合わせた2枚組となっており[10]、このエディションは全英アルバムチャートで最高29位を記録した[7]。後に日本のテイチクから発売された再発CDも、本作と『Joe Cocker!』を1枚のCDに抱き合わせた内容である[11]

1999年にA&Mレコードから発売されたリマスターCDには、シングルB面曲の「The New Age of Lily」と「Something's Coming On」がボーナス・トラックとして収録され[9]、2012年発売の日本流通盤CD (CRCD-3479)も同様の内容となった[12]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジョー・コッカーとクリス・ステイントンの共作。

  1. フィーリング・オールライト - Feeling Alright (Dave Mason) - 4:13
  2. バイ・バイ・ブラックバード - Bye Bye Blackbird (Ray Henderson, Mort Dixon) - 3:30
  3. チェンジ・イン・ルイーズ - Change in Louise - 3:25
  4. マジョリーン - Marjorine - 2:40
  5. ジャスト・ライク・ア・ウーマン - Just Like a Woman (Bob Dylan) - 5:19
  6. 影 - Do I Still Figure in Your Life? (Pete Dello) - 4:01
  7. サンドペイパー・キャディラック - Sandpaper Cadillac - 3:19
  8. 悲しき願い - Don't Let Me Be Misunderstood (Gloria Caldwell, Sol Marcus, Bennie Benjamin) - 4:44
  9. 心の友 - With a Little Help from My Friends (John Lennon, Paul McCartney) - 5:14
  10. アイ・シャル・ビー・リリースト - I Shall Be Released (B. Dylan) - 4:41

1999年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

  1. The New Age of Lily - 2:19
  2. Something's Coming On - 2:15

参加ミュージシャン[編集]

チャート成績[編集]

週間チャート
チャート (1969年 - 2022年) 最高位
ドイツ (Offizielle Top 100)[13] 82
イギリス (OCC)[14] 29
US Billboard 200[6]
35

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本初回盤LP (MP-1466)、1989年再発CD (25CP-34)、1994年再発CD (TECX-18794)、2012年日本流通盤CD (CRCD-3479)の帯に準拠。1971年再発LP (AML 84)、1977年再発LP (GXG-1024)、1980年再発LP (AMP-4020)の邦題は『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ』だった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 1999年リマスターCD (069 490 419-2)英文ブックレット内クレジット
  2. ^ a b Gold & Platinum”. RIAA. 2022年3月4日閲覧。
  3. ^ a b Sweeting, Adam (2014年12月22日). “Joe Cocker obituary”. The Guardian. Guardian News and Media. 2022年3月4日閲覧。
  4. ^ Joe Cocker Chart History - The Hot 100”. Billboard. 2022年3月4日閲覧。
  5. ^ Fortnam, Ian (2020年12月3日). “Jimmy Page: The Classic Rock interview”. loudersound.com. Future plc. 2022年3月4日閲覧。
  6. ^ a b Joe Cocker Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2022年3月4日閲覧。
  7. ^ a b JOE COCKER | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
  8. ^ Christgau, Robert. “A Man as Good as Janis”. 2022年3月4日閲覧。
  9. ^ a b Eder, Bruce. “With a Little Help from My Friends - Joe Cocker”. AllMusic. 2022年3月4日閲覧。
  10. ^ Joe Cocker - Joe Cocker! / With A Little Help From My Friends (1972, Vinyl) - Discogs
  11. ^ ジョー・コッカー/心の友 (再発) (廃盤)”. CDJournal. 音楽出版社. 2022年3月4日閲覧。
  12. ^ ジョー・コッカー/心の友 (廃盤)”. CDJournal. 音楽出版社. 2022年3月4日閲覧。
  13. ^ "Offiziellecharts.de – Joe Cocker – With A Little Help From My Friends" (in German). GfK Entertainment Charts. 2022年3月4日閲覧。
  14. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2022年3月4日閲覧。