フィーリン・オールライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フィーリン・オールライト
トラフィックシングル
初出アルバム『Traffic
B面 Withering Tree
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗 アイランド・レコード
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ・レコード[2]
作詞・作曲 デイヴ・メイスン
プロデュース ジミー・ミラー
トラフィック シングル 年表
No Face, No Name and No Number
(1968年2月)
フィーリン・オールライト
(1968年9月)
Medicated Goo
(1968年12月)
テンプレートを表示

フィーリン・オールライト」(Feelin' Alright?)は、デイヴ・メイスンが作詞作曲し、トラフィック1968年に発表した楽曲。

概要[編集]

トラフィックは1967年12月にファースト・アルバム『Mr. Fantasy』を発表。その直後の1968年1月、メンバーのデイヴ・メイスンは一時的にグループを脱退する。作者のメイスンは次のように述べている[3]

自分の書いた「Hole in My Shoe」が大ヒットして、そのあとに出したファースト・アルバムも売れて成功を収めた。その頃19歳くらいだったと思うが(注・実際は21歳)、物事があまりに早く進みすぎた。俺は対処の仕方が分からず、それでバンドを辞めてしまった。いささか重荷に感じたわけさ。そしてこれから曲を書いて行くのなら、もう少し人生の経験を積んだっていいだろうと思った。だからカバンひとつとギターを一本持ってギリシャに飛んだ。ヒドラ(Hydra)という小さな島に行き、そこで「フィーリン・オールライト」を書いた。音楽的には練習曲みたいなもので、俺はできる限り単純な曲を書いてみようと思った。「Hole in My Shoe」や「Paper Sun」などでシタールを弾いていたことが極力単純な曲を書いてやろうという意欲をかきたてたんだ。そんなわけで「フィーリン・オールライト」はたった二つのコードしか使われていない。

1968年5月、グループはセカンド・アルバムを完成させるためメイソンを呼び、ニューヨークレコード・プラント・スタジオでレコーディングを行った。本作品もそのときに作られた。アコースティック・ギターはメイスンが弾き、ピアノとベースはスティーヴ・ウィンウッドが担当した。

同年9月、シングルA面として発表。B面はアルバム未収録の「Withering Tree」。ビルボード・Hot 100で123位を記録。本国イギリスではチャート入りを逃した。10月発売のセカンド・アルバム『トラフィック』に収録される[4]。モノラル・ミックスのシングル・バージョンは2001年の再発盤CDのボーナス・トラックに収められた。

ジョー・コッカーのファースト・アルバム『With a Little Help from My Friends』(1969年)のA面1曲目に収録され、以後コッカーのバージョンを元にした様々なカバー・バージョンが生まれた。

メイスンは、A面がスタジオ録音、B面がライブ録音のアルバム『Headkeeper』を1972年に発表。その中でライブ・バージョンとしてカバー。『Dave Mason Is Alive』(1973年)のバージョンは『Headkeeper』と同じものである。そのほか『Certified Live』(1976年)など複数のライブ・アルバムでセルフ・カバーを行っている。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]