山口周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 周(やまぐち しゅう、1970年[1] - )は、東京都生まれ[1]日本の独立研究者、著作家、パブリックスピーカーである。本人は「ナレッジキュレーター」と名乗ることもある。

「経営におけるアートとサイエンスのリバランス」「組織の潜在的創造性の開発」「資本主義とビジネスの未来」等を主な研究領域とする。コーンフェリーのシニアパートナーを務めながら、研究、経営大学院での教職、著作、各種ワークショップの実施、パブリックスピーキングなどに携わる。学部と大学院で哲学・美術史を学んだという特殊な経歴を活かし「人文科学と経営科学の交差点」をテーマに活動を行っている。

来歴[編集]

慶應義塾大学文学部哲学科を卒業し、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程を修了した[1]電通ブーズ・アレン・ハミルトンボストン・コンサルティング・グループA.T.カーニーに勤務した[2][3]。2011年以降より2019年1月現在まで、コーンフェリーのシニアパートナー。また2018年5月以降2019年1月現在まで、一橋大学経営管理研究科非常勤講師を務めている。[4]多摩美術大学クリエイティブリーダーシッププログラム講師。[5]

人物[編集]

慶應義塾高等学校在学時は、ほとんど授業に出席せず、美術館や映画館、図書館で時間を過ごしていたために出席日数が常に足りず、両親がしばしば呼び出されていたことを、インタビューで語っている[6]

保守的なドレスコードが求められる経営コンサルタントだが、もっぱらスーツにスニーカー+バックパックという出で立ちである。

神奈川県葉山町に居住している。 日本興業銀行の第七代総裁を務めた宝来市松[注釈 1]は父方の曽祖父に当たる。 紫綬褒章にも叙勲された醸造学者である野白金一[注釈 2]は母方の曽祖父に当たる。

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『宝来市松』 - コトバンク
  2. ^ 熊本偉人伝〜野白金一〜 - エース出版

出典[編集]

外部リンク[編集]