小豆畑眞也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小豆畑 眞也
小豆畑眞也選手.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県各務原市
生年月日 (1988-07-22) 1988年7月22日(33歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2012年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小豆畑 眞也(あずはた しんや、1988年7月22日 - )は、岐阜県各務原市出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岐阜県立長良高等学校への在学中は甲子園と無縁で、卒業後に國學院大學へ進学。硬式野球部へ入部したが、環境に馴染めずに1年時に中退した[1][2][3]

國學院大學からの退学後に、中部学院大学経営学部経営学科へ改めて入学。東海地区大学野球連盟に加盟する硬式野球部で2年時の春から正捕手の座をつかむと、秋季リーグでMVPを受賞した[4]。3年時の秋季リーグ終了時点で(國學院大學からの通算で)大学在籍4年目に達したため、中部学院大学の学籍を残したまま西濃運輸へ入社[1]日本学生野球協会の規定で卒業までの1年間は「大学生兼会社員」という立場で社会人野球に携わっていた[5]が、入社1年目の2011年から正捕手に定着すると、同年の第82回都市対抗野球大会にも出場した。

2012年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから4巡目で指名[4][6]。契約金5,000万円、年俸840万円(金額は推定)という条件で入団した[7]。背番号は52

プロ入り後[編集]

2013年では、春季キャンプを一軍で迎えながら[8]、キャンプの終了後から二軍生活に終始した。レギュラーシーズンでは、ウエスタン・リーグ52試合に出場。チームの捕手では最も多い49試合でマスクをかぶったが、打率.154、打点1と打撃面で低迷した。

2014年には、梅野隆太郎鶴岡一成の入団で捕手が増えたことに加えて、ウエスタン・リーグの公式戦でも小宮山慎二が捕手に起用される試合が増加。それでも、捕手としては小宮山に次ぐ34試合(代打起用を含めると36試合)に出場すると、打率.267を記録した。

2015年以降も一軍昇格や公式戦での本塁打がないまま、2018年10月30日に球団から戦力外通告を受けたことを機に現役を引退。

現役引退後[編集]

2019年以降も、阪神に球団職員として在籍。同年は、球団本部のチーム運営部で、ファームのサブマネジャーとブルペン捕手を兼務した[9]。小宮山が同年限りで現役を引退(ブルペン捕手へ転身)したことを背景に、2020年からファームのサブマネジャー職に専念。

ファームサブマネージャー兼ブルペン捕手時代の小豆畑
(2019年5月25日、ナゴヤ球場にて)

選手としての特徴[編集]

捕球から二塁への最速送球時間が手動計測で1.7秒台、平均送球時間1.8秒前後とされる強肩が持ち味[10][11]。フットワークも良く[11]、阪神への入団記者会見では、セントラル・リーグ盗塁王のタイトルを獲得した経験を持つ大島洋平との対戦を希望した[12]

その一方で、西濃運輸時代から打線の下位に組み込まれることが多く、打撃面については阪神への入団前から不安が持たれていた[2]

人物[編集]

実父は成田山名古屋別院大聖寺(愛知県犬山市)の僧侶で、毎年1月には地元球団の中日から、首脳陣やナインがシーズンの必勝祈願を目的に参詣[13]。小豆畑が阪神へ入団した2013年にも、実父が僧侶として必勝祈願に臨んでいた[13][14]

苗字の小豆畑は、「日本全国でもおよそ200世帯しか付けていない」とされる[15]。もっとも、本人は小豆が苦手という[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 52 (2013年 - 2018年)
  • 111 (2019年)

登場曲[編集]

  • 「ピエロ」B'z(2013年、2014年)
  • Mighty Long FallONE OK ROCK(2015年)
  • 「キミシダイ列車」ONE OK ROCK(2016年)
  • 「Taking Off」ONE OK ROCK(2017年)
  • 「Start Again」ONE OK ROCK(2018年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小豆畑眞也捕手(本学経営学部卒業生)が学長・後輩に指名報告に訪れます (PDF) 中部学院大学 2012年10月25日報道向けに発表 2013年2月6日閲覧
  2. ^ a b 【阪神4位】小豆畑真也 経歴異色な強肩好守捕手 スポーツニッポン2012年10月25日18:42配信 2013年2月2日閲覧
  3. ^ “虎4位・小豆畑、雑草魂ではい上がる!”. サンケイスポーツ. (2012年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20121025/tig12102521070017-n1.html 2013年2月24日閲覧。 
  4. ^ a b 阪神タイガースに4巡目指名されました。小豆畑眞也選手!!中部学院大学硬式野球部 2012年11月01日配信 2013年2月6日閲覧)
  5. ^ これは「大学野球では通算4年を超えて活動ができない」ことに伴う措置。なお、小豆畑は大学3年時までに卒業に必要な単位を全て取得しており、2012年3月に大学を卒業した
  6. ^ 阪神 3位田面、4位小豆畑の即戦力(デイリースポーツ 2012年10月25日配信 2013年2月6日閲覧。社会人時代のチームメイトである髙橋朋己埼玉西武ライオンズから4位指名を受けた。
  7. ^ 小豆畑(西濃運輸)阪神入団 4位指名「レギュラー狙う」 岐阜新聞 2012年11月20日11:25配信 2013年2月6日閲覧。名古屋市内のホテルで佐野仙好統括スカウト・竹内孝行スカウトディレクター・北村照文アマ担当スカウトの三名と交渉。
  8. ^ “阪神、新人・小豆畑を一軍キャンプ抜てき!”. サンケイスポーツ. (2013年1月24日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130124/tig13012405010000-n1.html 2013年2月24日閲覧。 
  9. ^ 【神機一転】小豆畑真也 “夢と厳しさ”原動力も夢散…今後は黒子に デイリースポーツ online 2018年12月19日
  10. ^ a b 阪神D4・小豆畑は“古田級”強肩だサンケイスポーツ 2012年11月1日04:32配信 2013年2月2日閲覧)
  11. ^ a b 小豆畑真也”. スポーツニッポン. 2013年2月24日閲覧。
  12. ^ 小豆畑、矢野さんの如く献身的女房に”. デイリーニュース (2013年2月3日). 2012年12月4日閲覧。
  13. ^ a b 阪神・小豆畑の父、中日の必勝祈願!? デイリースポーツ 2013年1月17日配信 2013年2月6日閲覧
  14. ^ 竜、ビックリ必勝祈願!僧侶は虎戦士の父だった サンケイスポーツ 2013年1月17日配信 2013年2月6日閲覧
  15. ^ いつの日か…田面&小豆畑 珍名バッテリーでお立ち台だ スポーツニッポン 2013年1月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]