小豆畑眞也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小豆畑 眞也
阪神タイガース #52
小豆畑眞也選手.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県各務原市
生年月日 (1988-07-22) 1988年7月22日(30歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2012年 ドラフト4位
年俸 600万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小豆畑 眞也(あずはた しんや、1988年7月22日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岐阜県各務原市出身。長良高では、3年時の夏は岐阜県予選2回戦で大垣日大高に4-9で敗れた。甲子園出場経験は無し。

高校卒業後は、國學院大學に進学するも環境に馴染めずに1年時に中退する[2][3][4]。その後、中部学院大学経営学部経営学科に再入学し、東海地区大学野球連盟に加盟する野球部に入部する。2年時の春から正捕手となり、秋にはMVP受賞[5]。3年時の秋季リーグ終了時点で大学通算4年目となったため、学籍を残したまま西濃運輸へ入社し[2]、大学生兼会社員として1年プレーした[6]。西濃運輸では1年目となる2011年から正捕手となり、同年の第82回都市対抗野球大会にも出場した。

2012年10月25日にドラフト会議阪神タイガースから4位指名を受ける[5][7]。11月19日に契約金5000万円・年俸840万円で契約した[8]

プロ入り後[編集]

2013年の春季キャンプでは、一軍キャンプに抜擢されたが[9]、2月28日に二軍落ち[10]。レギュラーシーズンは二軍の捕手として、チーム最多の49試合[11]に出場、打率.154、打点1。2014年は新人の梅野隆太郎久保康友の人的補償の鶴岡一成が入団し、一軍での出場はなかった。二軍では、小宮山慎二が捕手起用される試合が増え、34試合に出場[12]で、打率.267。

2015年も一軍出場なし。二軍では48試合に出場し、打率.227、本塁打0。シーズン終了後10月4日から開催されたフェニックス・リーグ、11月1日から安芸市で開催された秋季キャンプに参加[13]、11月16日に70万円減の700万円で契約更改した。2016年も一軍出場せず、11月16日、50万円減の650万円で契約更改を行った[14]2017年も一軍出場せず、二軍で53試合に出場し、打率.253、本塁打なし。2018年も二軍28試合に出場したものの一軍出場がないまま、同年10月30日に戦力外となった。

選手としての特徴[編集]

捕球から二塁への最速送球時間が1.7秒台、平均送球時間1.8秒前後と言われる強肩が特徴[15][16]。フットワークもよく、守備型の捕手である[16]。入団会見では盗塁王の大島洋平との対戦を希望した[17]

一方で、社会人時代も下位打順であることが多いなど、入団前から打撃面に関しては不安視されていた[3]。ルーキーイヤーとなった2013年シーズンは、二軍でも打率.154(91打数14安打)、長打率.176、出塁率.198と打率、長打率、出塁率全てで2割を切るなど課題が浮き彫りになっている。

人物[編集]

父親は、成田山名古屋別院大聖寺の僧侶である[18]。この寺は、毎年1月に中日の必勝祈願が行われる寺であり、2013年は小豆畑の父が僧侶として必勝祈願の読経をし、祈祷文を読み上げた[18] [19]

なお小豆畑という名前だが小豆が苦手である[15]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2013年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ a b 小豆畑眞也捕手(本学経営学部卒業生)が学長・後輩に指名報告に訪れます (PDF) 中部学院大学 2012年10月25日報道向けに発表 2013年2月6日閲覧
  3. ^ a b 【阪神4位】小豆畑真也 経歴異色な強肩好守捕手 スポーツニッポン2012年10月25日18:42配信 2013年2月2日閲覧
  4. ^ “虎4位・小豆畑、雑草魂ではい上がる!”. サンケイスポーツ. (2012年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20121025/tig12102521070017-n1.html 2013年2月24日閲覧。 
  5. ^ a b 阪神タイガースに4巡目指名されました。小豆畑眞也選手!!中部学院大学硬式野球部 2012年11月01日配信 2013年2月6日閲覧)
  6. ^ これは「大学野球では通算4年を超えて活動ができない」ことに伴う措置。なお、小豆畑は大学3年時までに卒業に必要な単位を全て取得しており、2012年3月に大学を卒業した
  7. ^ 阪神 3位田面、4位小豆畑の即戦力(デイリースポーツ 2012年10月25日配信 2013年2月6日閲覧。社会人時代のチームメイトである高橋朋己埼玉西武ライオンズから4位指名を受けた。
  8. ^ 小豆畑(西濃運輸)阪神入団 4位指名「レギュラー狙う」 岐阜新聞 2012年11月20日11:25配信 2013年2月6日閲覧。名古屋市内のホテルで佐野仙好統括スカウト・竹内孝行スカウトディレクター・北村照文アマ担当スカウトの三名と交渉。
  9. ^ “阪神、新人・小豆畑を1軍C抜てき!”. サンケイスポーツ. (2013年1月24日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130124/tig13012405010000-n1.html 2013年2月24日閲覧。 
  10. ^ “虎・小豆畑、2軍落ちも前向き「勉強になった」”. サンケイスポーツ. (2013年3月1日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130301/tig13030105040011-n1.html 2013年10月17日閲覧。 
  11. ^ 代打出場などを含めて52試合に出場。
  12. ^ 捕手としてチーム2位。代打出場などを含めて36試合に出場。
  13. ^ “阪神 秋季キャンプに藤浪ら30選手が参加 11月1日から安芸で”. スポーツニッポン. (2015年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/28/kiji/K20151028011404250.html 2016年3月30日閲覧。 
  14. ^ “小豆畑ら4選手が契約更改 守屋、竹安は現状維持”. デイリースポーツ. (2016年11月6日). https://www.daily.co.jp/tigers/2016/11/06/0009643215.shtml 2017年10月31日閲覧。 
  15. ^ a b 阪神D4・小豆畑は“古田級”強肩だサンケイスポーツ 2012年11月1日04:32配信 2013年2月2日閲覧)
  16. ^ a b 小豆畑真也”. スポーツニッポン. 2013年2月24日閲覧。
  17. ^ 小豆畑、矢野さんの如く献身的女房に”. デイリーニュース (2013年2月3日). 2012年12月4日閲覧。
  18. ^ a b 阪神・小豆畑の父、中日の必勝祈願!? デイリースポーツ 2013年1月17日配信 2013年2月6日閲覧
  19. ^ 竜、ビックリ必勝祈願!僧侶は虎戦士の父だった サンケイスポーツ 2013年1月17日配信 2013年2月6日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]