小林啓樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林啓樹(こばやし けいき 6月26日生まれ)は、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)に所属していたゲームミュージックの作曲・編曲家。 主にエースコンバットシリーズアイドルマスターシリーズのBGMを担当している。2014年8月に独立、作曲・編曲家として活動している。

来歴[編集]

子供の頃『宇宙戦艦ヤマト』の熱いBGMに胸打たれたことが音楽の原体験であると語る。

幼少より鍵盤楽器を習い、音楽との触れ合いを強めるなか、高校時代にバイクで事故に遭う。左手骨折の傷を負い意識がもうろうとするなか、まだ指が動かせることに気付き、「これなら鍵盤が弾ける」と安心した。と同時に、その安心に「自分はそんなに鍵盤が好きだったんだ」と認識し、さらに音楽の道を進む。

のちに音楽大学に進学。音楽家演奏家を目指す学生が大半のなか、その道は難しいと感じ、三回生のとき就職を決意。しかし就職も学校のバックアップが乏しく、一般企業さえ難しい。

厳しい現実に漫然と就職活動をしながら日々を過ごすが、ある日の空き時間、友人に誘われて大学の100インチモニターがある部屋を練習名目で借り切り、ゲームで遊ぶ。自身はゲームを小学2年生以来封印していたが、ここでゲームの楽しさに大きな感動を覚えた。

特にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)の『エースコンバット2』の音楽に深い感銘を受ける。本人は「すごく凝っている、制作者が最大限こだわりを発揮している、という制作現場のエネルギーが耳を通してひしひしと伝わってきました」と語っている。

その後も友人たちによってゲームの世界に引き込まれていくうち、ゲーム業界で「音楽を作りたい!」と考えるようになり、志望に至った。

2007年と2009年、桜井政博野島一成植松伸夫酒井省吾竹本泰蔵 ら企画するゲーム音楽のオーケストラコンサート「PRESS START」で「エースコンバットZERO」が演奏された。

2014年3月1日、「エースコンバット インフィニティ」の特別講演として、自身のピアノクワルテットによる「ISAF」「ZERO」「THE JOURNEY HOME」の演奏を披露している。この演奏は、全て本人書き下ろしのアレンジによるもので、「今までの応援に対し感謝の気持ちを込めて演奏した」とのちに語っている。演奏参加しているギターの後藤貴徳氏は、エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォーでフラメンコギターを弾いた本人である。"Live Performance Aces at Operation: Digital Hollywood"

人物[編集]

  • 飛行機が好きで、航空ショーには子供の頃からよく行っている。「男の甘くない世界」に憧れがあるという。
  • ナムコには「エースコンバットの音楽を作りたい」と公言し採用され、実際にプロジェクトへ投入された。のちにシリーズを牽引する活躍をすることとなる。
  • 幻想水滸伝シリーズが好きだが、仕事上では疎遠であることを悔しがっているという。

主な作品[編集]

参考資料[編集]