宮川剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮川剛(みやがわ つよし)
別名 つよぽん/宮ちゃん
生誕 (1970-06-05) 1970年6月5日(46歳)
出身地 長崎県
ジャンル ロックジャズブラジル音楽
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラムセットパーカッション
事務所 sweet boon music inc.
共同作業者 忌野清志郎GANGA ZUMBA高野寛近藤房之助

宮川剛(みやがわ つよし、1970年6月5日 - )は、日本のドラマーパーカッショニスト

来歴[編集]

1970年6月5日長崎県生まれ。AB型双子座。中学生の頃YMOのコピーバンドでドラムを始め、九州芸術工科大学在学中より、藤山英一郎、原田迅明に師事し、ジャズドラマーとしての活動を始めた[1]。後に上京。

2003年から2006年まで、忌野清志郎& NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSのメンバーとして活動[2]。 2005年〜、(故)小澤敏也らと、pikaia pandeiro special(ピカイア・パンデイロ・スペシャル) で活動。 2007年にはGANGA ZUMBAの正式メンバーとなり[1]、更にGANGA ZUMBAでのバンド・メイトである高野寛と意気投合して、高野のソロ活動もサポートするようになった[3]。また、近藤房之助のツアーのレギュラー・メンバーとしても活動し、近藤が率いるB.B.クィーンズのサポート・ドラマーも務めた[4]。また、マルコス・スザーノ直伝のパンデイロでの演奏は、全く新しい独自のスタイルを確立している。

担当楽器[編集]

ドラム(ビンテージのドラムセットを10数台所有)、パンデイロタンバリンカウベル、ツリーチャイム、トライアングル、ブラジリアンパーカッション、ほか多数。

サポートアーティスト・繫がりのあるミュージシャン[編集]

忌野清志郎GANGA ZUMBAマルコス・スザーノ宮沢和史高野寛/TATSU/今福"Hook"健司/フェルナンド・モウラ/ルイス・バジェ/クラウディア大城/土屋玲子/樽木栄一郎/桷エイチロ/森広隆及川光博石井竜也いきものがかり河村隆一倖田來未矢野顕子山崎まさよし近藤房之助/加藤エレナ/中山うり/福澤和也/角田隆太/南勇介/サカモトジャイ庵/田中歩/上野洋/岡部量平/黒川紗恵子/久和田佳代/TOYONO/渡辺剛/鈴木圭/ミナクマリ-minakumari/小澤敏也/渡辺隆雄/厚見玲衣/片山広明/三宅伸治/中村きたろう/江川ゲンタ/梅津和時/中西文彦/安藤朋子/永山マキ/イシイタカユキ/zerokichi/中路英明/織田祐亮/キナコ/GANMI-H゜(ガンミッチ)/今出宏/永見行崇/Small Circle of Friendscruyff in the bedroom阿部真央/THE野党/YUKI/渡辺美里太田裕美鈴木茂沼澤尚大澤誉志幸山下久美子松田聖子シアターブルック・・・ほか多数

参加アルバム[編集]

  • 樽木栄一郎「iro dori」3rd Album
  • 森広隆「いいんです」3rd Album
  • 中山うり「鰻」「マホロバ」
  • 久和田佳代「マルガリータ」
  • キナコ「小麦物語」
  • 安藤朋子「ドキソワーズ」

ほか多数

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b soundwaves-musicschool
  2. ^ 地味変 - 「忌野清志郎& NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS(2003〜)」をクリックすれば表示される
  3. ^ 岡本貴之. “特集:高野寛『Live at VACANT (ONE, TWO, THREE)』”. OTOTOY. 2016年1月15日閲覧。
  4. ^ 兵庫慎司 (2012年4月11日). “神聖かまってちゃん✕B.B.クィーンズ @ Zepp Tokyo”. ロッキング・オン. 2016年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]