奈良県立斑鳩高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奈良県立斑鳩高等学校
奈良県立法隆寺国際高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 奈良県
学区 全県一学区
校訓 誠実・堅忍・気迫
設立年月日 【設置】
1977年(昭和52年)12月16日
【開校】
1978年(昭和53年)4月1日
創立記念日 11月8日
閉校年月日 2007年(平成19年)3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 歴史文化コース
学期 3学期制
所在地 636-0104 
外部リンク 斑鳩高校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

奈良県立斑鳩高等学校(ならけんりついかるがこうとうがっこう, Nara Prefectural Ikaruga High School)は、奈良県生駒郡斑鳩町高安二丁目にあった公立高等学校

2005年(平成17年)に奈良県立片桐高等学校と統合され、奈良県立法隆寺国際高等学校となった。

概要[編集]

歴史
1977年昭和52年)に設置、1978年(昭和53年)に開校した。2005年(平成17年)に奈良県立片桐高等学校との統合により、奈良県立法隆寺国際高等学校が新設(併設)され、創立から30年目の2007年(平成19年)に閉校した。
設置課程・学科
全日制課程 普通科 - 普通コース・歴史文化コース
校訓
「誠実・堅忍・気迫」
校章
校章は玉虫厨子の模様にある忍冬を図案化したものを背景にして、中央に法隆寺金堂に似せた「高」の文字を配している。
校歌
作詞は太田順康(初代校長)、作曲は福家末子による。歌詞は2番まであり、両番に校名の「斑鳩高」が登場する。

沿革[編集]

  • 1976年(昭和51年)3月10日 - 定例県議会において、高等学校建設用地として生駒郡斑鳩町高安の取得が議決される。
  • 1977年(昭和52年)
    • 11月8日 - 校章を制定。
    • 12月16日 - 奈良県立高等学校設置条例により、「奈良県立斑鳩高等学校」(仮名)が設置される。全日制課程 普通科を設置。
  • 1978年(昭和53年)
    • 3月15日 - 第1回入試を奈良県立短期大学で実施。
    • 3月18日 - 奈良県立小学校教員養成所で合格発表を実施。
    • 4月1日 - 「奈良県立斑鳩高等学校」が開校。初代校長に太田順康が任命される。
    • 4月11日 - 開校式と第1回入学式を挙行。184名が入学。4学級を編成する。
    • 11月8日 - 学校創立記念式典を挙行し、校旗および校歌を制定。この日を創立記念日とする。
  • 1981年(昭和56年)
  • 1984年(昭和59年)10月 - わかくさ国体レスリング少年の部の会場となる。
  • 1992年(平成4年)3月24日 - 弓道場が完成。
  • 1996年(平成8年)
    • 2月19日 - 分割入試を実施。
    • 4月1日 - 普通科歴史文化コース(1学級)を設置。
  • 1999年(平成11年)11月15日 - 運動場照明設備が完成。
  • 2001年(平成13年)12月20日 - 野球部、21世紀枠で奈良県代表として推薦される。
  • 2002年(平成14年)9月 - 本館の耐震補強工事を完了。
  • 2003年(平成15年)3月 - 野球部、第75回選抜高等学校野球大会に初出場。
  • 2004年(平成16年)3月 - 野球部、第76回選抜高等学校野球大会に出場。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月1日 - 奈良県立片桐高等学校と統合の上、「奈良県立法隆寺国際高等学校」が新設される。
      • 全日制課程 4学科(普通科・歴史文化科・国際英語科・国際教養科)が新設される。
      • 斑鳩高等学校としての生徒募集を停止。ただし、在校生が卒業するまで斑鳩高等学校は存続される。
      • 法隆寺国際高等学校の校舎は斑鳩高等学校のものを共用(併設の形をとる)。
    • 4月12日 - 法隆寺国際高等学校の開校式を挙行。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月1日 - 斑鳩高等学校最後の卒業式および法隆寺国際高等学校への引継式を挙行。
    • 3月31日 - 閉校。校地・校舎・閉校後の証明書等の発行事務のすべてを法隆寺国際高等学校に移管。

部活動[編集]

体育部
文化部

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]