スイカズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スイカズラ
Lonicera japonica flowers.jpg
スイカズラ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: スイカズラ属 Lonicera
: スイカズラ L. japonica
学名
Lonicera japonica Thunb.
和名
スイカズラ(吸い葛)
英名
Japanese Honeysuckle

スイカズラ(吸い葛、学名Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)やキンギンカ(金銀花)。

名称[編集]

和名スイカズラの名は「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥にがあり、古くは子どもが好んで花を口にくわえて甘いを吸うことが行なわれたことにちなむ[1][2][3]砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていた。スイカズラの英名ジャパニーズ・ハニーサックル(Japanese honeysuckle)も、花筒をちぎって蜜(honey)を吸う(suck)ところから生まれた名前であるといわれる[1]

別名は、キンギンカ(金銀花)[4]、ミツバナ[4]、スイバナ[4]。葉や中国植物名は、忍冬(にんどう)といい、冬場を耐え忍び、枯れずに残ることからこの名がついている[4][1]。異名である「金銀花」は、花色が白から黄色に変化することに由来する[4][3]

花言葉は「愛の絆」。

分布・生育地[編集]

日本全国(北海道の南部・本州四国九州)のほか[5][2]朝鮮半島中国など東アジア一帯に分布し[6]、各地の平地から山野の林縁や道ばたによく見られる[4][7][5]垣根にも植えられる[8]欧米では観賞用に栽培されるが、また広く野生化し、特にアメリカでは外来種としてクズとともに森林を覆って打撃を与えるなど問題となっている。

夏季に乾燥しない場所で、日当たりの良い場所を好むが、耐日陰性もある[7]

形態・生態[編集]

常緑または半常緑のつる低木[4][7]。 木質のつるで、茎は分岐しながら長く伸びて他の植物に絡みつき、他のつる性植物と比べて穏やかに繁茂してゆき、長さは10メートル (m) ほどにもなる[2]。若い茎は細くても丈夫で、毛が密生し灰赤褐色をしているが、2年以降の茎は太くなるとつるの髄は中空になり、樹皮は縦に細く裂けて剥がれて灰褐色を帯びる[9][2]対生し、葉身は卵形から楕円形や長楕円形で、長さ3 - 7センチメートル (cm) [8]、幅0.7 - 4 cmあり、葉柄は長さ3 - 8ミリメートル (mm) ある。葉の形は成長過程や季節によって変化があり、春の若葉は縁が波打って羽状の切れ込みがあり、夏は全縁で先端が少し尖る[10]。また、冬期は厚めの葉身になり、裏面に少し巻いたような形になる[10]。毛は葉の裏面に多く、表面は少ない。枝先の葉は越冬する[9]

花期は5 - 7月で、葉腋からが2個ずつ並んで咲き、夕方から甘い香りが漂う[7][2]。つぼみは薄紅色、咲き始めの花は白色をしているが、受粉するなどして徐々に黄色くなる[4][7][11]。そのため、一つの枝に白い花と黄色い花が同居することが珍しくない[10]花弁は細い筒状で、漏斗形の花冠の長さは3 - 4 cm、先の方は上下2枚の唇状に分かれ、上唇はさらに浅く4裂し、下唇はへら状である[7][5]。花冠の筒部に、甘い蜜がある[7]雄しべは5個で長く突き出しており、雌しべ花柱は1個で長く突き出て、受粉前の柱頭は丸く緑色である[10]。花の基部には、葉のようながつく[10]

果期は10 - 11月[8]果実液果で、球形の実が2個ずつなる[10]。果実の直径は5 - 7 mmほどで、先端にはの残骸が残る[10]。若い果実は緑色をしているが、黒く熟する[7][10]

利用[編集]

花や茎葉は、薬用や食用、また染料になる[8]

薬用[編集]

棒状のは、金銀花(きんぎんか)という生薬、秋から冬の間の茎葉は、忍冬(にんどう)・忍冬藤(にんどうとう)という生薬[4][7]、ともに利尿健胃解熱作用、浄血作用があるとされ、忍冬には収斂作用もある[7]漢方薬としても利用される。金銀花にする花は、春の開花前のつぼみが良く、棍棒状のものを採取して天日乾燥させる[7]。また忍冬は、葉がついたままの茎を花期から盛夏までに切り取り、水洗い後1 cmほどに刻んで日干しする[4][7]

民間では、熱がある風邪などに、金銀花や忍冬を1日量10 - 15グラム500 ccで半量になるまでとろ火で煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている[7]。患部に熱はなく冷えている人への服用は禁忌とされている[4]。忍冬茶としての飲用もよく、腰痛湿疹あせもなどの浴湯料として布袋に入れた茎葉を風呂に入れてももよい[4][7]。かつては、金銀花を使って忍冬酒を造った[1]

食用[編集]

新芽や若葉は山菜として食用になり、摘み取って、軽く茹でたあと水にさらし、お浸し和え物油炒めなどに調理される[5]。葉は日陰で3 - 4日ほど陰干ししてから、乾煎りしてお茶がわりにもできる[5]。花は、そのまま酢の物にできる[5]

近縁種[編集]

スイカズラ属には180種あり、日本には20種ばかりあるが、多くは低木である。蔓性のものとしてはハマニンドウ L. affinis とキダチニンドウ L. hypoglauca がある。いずれも分布が限られ、より南部に生育するものである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 深津正 2000, p. 152.
  2. ^ a b c d e 谷川栄子 2015, p. 38.
  3. ^ a b 姉崎一馬 『ヤマケイポケットガイド13 野山の樹木』、株式会社山と渓谷社、2004年(2000年初版) ISBN 4635062236 267頁参照
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 貝津好孝 1995, p. 99.
  5. ^ a b c d e f 高橋秀男監修 2003, p. 132.
  6. ^ 平野隆久監修 1997, p. 60.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 68.
  8. ^ a b c d 西田尚道監修 2009, p. 39.
  9. ^ a b 高橋秀男 2003, p. 132.
  10. ^ a b c d e f g h 谷川栄子 2015, p. 39.
  11. ^ 谷川栄子 2015, pp. 38–39.

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、99頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本II』(1989)平凡社
  • 高橋秀男監修 田中つとむ・松原渓著『日本の山菜』学習研究社〈フィールドベスト図鑑13〉、2003年4月1日、132頁。ISBN 4-05-401881-5
  • 谷川栄子『里山のつる性植物 観察の楽しみ』本間秀和(写真)、NHK出版、2015年6月20日、38 - 39頁。ISBN 978-4-14-040271-9
  • 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編『日本の樹木』学習研究社〈増補改訂フィールドベスト図鑑 5〉、2009年8月4日、39頁。ISBN 978-4-05-403844-8
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、68頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 平野隆久監修『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、60頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 深津正『植物和名の語源探究』八坂書房、2000年4月25日、152 - 154頁。ISBN 4-89694-452-6

関連項目[編集]