大阪府立阿倍野高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪府立阿倍野高等学校
大阪府立阿倍野高等学校
過去の名称 大阪府立第十一高等女学校
大阪府立阿部野高等女学校
大阪府立阿部野高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府
学区 第三学区
併合学校 燈影女学院高等学校
設立年月日 1922年
創立記念日 11月11日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27157J
所在地 545-0021
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1丁目30番34号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立阿倍野高等学校(おおさかふりつあべのこうとうがっこう、英称:Osaka Prefectural Abeno High School)は、大阪府大阪市阿倍野区にある公立高等学校

概要[編集]

1922年、大阪府立の11番目の旧制高等女学校として創立された。全日制普通科を設置している。通学区域は、4学区制の第三学区(大阪市南部と中河内南河内地域、堺市美原区)に属する。学校は大阪市阿倍野区の中央部付近にある。

2、3年生対象の自由選択として放課後に週2回の授業を実施し、進学希望者向け補習授業や同窓会主催の土曜講座「受験実力UP講座(愛称:阿倍高塾)」を開講している。

クラブ活動も活発で、1960年には硬式野球部が大阪府代表として、第32回選抜高等学校野球大会に出場している。

現行の校歌は詩人の安西冬衛が作詞した。新制高等学校制度の発足直後、旧制高等女学校時代の校歌に代わる新時代の校歌を制定しようと、生徒会の意見も採り入れながら職員会議で議論した。職員会議では当時国語科教諭として当校に在籍していた詩人・伊東静雄に依頼しようという方向でまとまった。しかし伊東は病気療養中だったために「病人が新たな時代の校歌を作るわけにはいかない」として固辞し、知人の安西冬衛を紹介した。その縁で安西が作詞することになった。

沿革[編集]

1922年に設立が認可され、同年4月に大阪府立第十一高等女学校として開校した。当初は西区泉尾町(現在の大正区泉尾3丁目)の大阪府立泉尾高等女学校(現在の大阪府立泉尾高等学校)を仮校舎とした。

1922年中に校地の買収と建設工事がおこなわれ、1923年4月に東成郡天王寺村大字天王寺東中道(現在地)に移転した。現在地への移転と同時に大阪府立阿部野高等女学校へと改称している。

昭和時代初期には太平洋戦争の戦局悪化により、1944年から1945年にかけて大阪府阿部野臨時国民学校教員養成所を併設し、召集などで不足した国民学校教員の養成もおこなっていた。また1944年以降、3年生以上の生徒は勤労動員の対象となり、近隣の藤永田造船所早川電機などへの動員がおこなわれた。

学制改革により1947年には併設中学校を設置し、2・3年生を新制の併設中学校へ移行させた。また翌1948年には新制高等学校制度の発足により、大阪府立阿部野高等学校となった。この際、大阪府立住吉高等学校(旧制大阪府立住吉中学校)と高校1年・併設中学校3年の生徒および教職員を交流して男女共学になっている。生徒交流の際、住吉・阿部野の両校とも、それぞれ元の学校に残りたいと希望する生徒が多数を占めたため、最終的には生徒の住所で両校に振り分ける形になった。

新制高等学校として出発した直後の1948年5月には、義務教育優先としたGHQの方針により、校舎を新制阿倍野第二中学校(1949年大阪市立文の里中学校に改称)および新制阿倍野第四中学校(1949年大阪市立松虫中学校に改称)の2校に転用することになった。このため校舎を使えなくなった阿部野高校は、住吉高校内に移転する形で2校同居することになった。

阿部野・住吉の2校同居当時両校の校長を同一人物が兼任していたことや、新制中学校の独立校舎建設が進まなかったことで、阿部野・住吉の両校合併や阿部野高校廃校も噂された。しかし1950年に松虫中学校が独立校舎を建てて退去したことに伴い校舎を一部復帰し、1年生が阿部野高校の校舎で学んだ。1950年時点では文の里中学校が引き続き校舎を使用していたので同中学校と同居する形になっていたが、1951年に文の里中学校が独立校舎を建てて退去したことに伴い校舎を全面復帰し、住吉高校から完全に引き上げた。

また1950年12月には、隣接地にあった私立燈影女学院高等学校を大阪府が買収し、阿部野高校の校地に組み入れる形で校地拡張をおこなっている。燈影女学院高等学校の生徒は、転入試験の受験・合格を条件に阿部野高校への転入学が認められた。

新制高等学校発足当時、1948年の大阪府条例により校名は「阿部野」となっていた。1954年に条例改正がおこなわれ、現在の「阿倍野」の表記へと変更されている。

年表[編集]

  • 1922年4月 - 大阪府立第十一高等女学校として、大阪府立泉尾高等女学校内で開校。
  • 1923年4月 - 大阪府立阿部野高等女学校に改称、現在地に移転。

      11月- 校舎落成式開校式を挙行し、11月3日を開校記念日と設定

      11月 - 創立40周年記念式典挙行

  • 1992年11月 - 創立70周年
  • 1997年9月 - 同窓会創立70周年記念式典を挙行
  • 1999年12月 - LAN教室完成
  • 2001年9月 - 学校情報ネットワーク開始
  • 2002年11月- 創立80周年記念式典挙行
  • 2003年1月 - NPO法人「学びネット阿倍野」設立承認

      2月 - 体育館大規模改修、第2グランド西門設置

  • 2004年3月 - 本館東エレベータ設置
  • 2007年4月 - 4学区制となる。本校は6学区より5・7学区と併せて3学区になる

      11月 - 芝蘭会創立80周年記念総会開催

  • 2008年8月 - 体育館耐震改修工事竣工
  • 2012年11月 - 創立90周年記念式典実施(八尾プリズムホール)

出身者[編集]

政治[編集]

学者[編集]

文学・芸術・芸能[編集]

経済[編集]

スポーツ[編集]

関係者[編集]

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 大阪府立阿部野高等女学校・大阪府立阿倍野高等学校同窓会 『芝蘭 五十年の歩み』、1977年
  • 大阪府立阿部野高等学校 『創立90周年記念誌』、2012年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]