大木正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大木 正夫(おおき まさお、1901年10月3日 - 1971年4月18日)は日本作曲家

生涯[編集]

静岡県磐田郡中泉町(現磐田市)に生まれる。幼少期より尺八をたしなみ、県立静岡中学校(現・静岡県立静岡高等学校)から大阪高等工業学校(現・大阪大学)応用化学科を卒業。丸善工場に勤務するが、まもなく退職して長野県上田高女(現・長野県上田染谷丘高等学校)で教鞭をとる。やがて退職して上京し、石川義一に師事していたこともあったが、大半が独学で作曲を学んでいる。帝国音楽学校作曲科主任教授、作曲家連盟委員音楽文化協会常任理事、日本現代音楽協会の委員等に就いた。1962年、ソビエト連邦作曲家同盟の招きで間宮芳生と共に訪ソ。

戦前の作風は民族的でロマン主義的傾向が見られた。代表作である『5つのお話』『夜の思想』はワインガルトナー賞の特賞を受賞した。戦中は日本政府の要請により朝比奈隆と共に満州国へ渡り、交響詩『蒙古』は朝比奈と新京交響楽団により演奏され、現地で人気を博した。戦後は、戦中の体制に協力的であった自らの態度を自己批判し、信州の浅間温泉に10年ほど居を移した。同地で自責の念にかられて宗教的救済を求め、『古代彫刻に寄せる6つの前奏曲と終曲』(1948年)を発表した。その後も楽壇からは距離を置きひっそりと活動し、左派の政治的立場から、交響曲第5番『ヒロシマ』、カンタータ『人間をかえせ』、合唱曲『わだつみのこえ』、交響曲第6番『ベトナム』など反戦的な作品を残した。

早坂文雄は1942年の『音楽公論』第2巻第5号において、「大木正夫論」として大部の評論を書いた。その後1956年、富樫康は前述の早坂の評も踏まえて、大木作品について以下のように評している。「彼はまれにみる情熱の人であり主観的観念が強く、その理想主義、浪漫主義からは肉体的苦悩が生々と感じられて悲壮感を与える。こういった想念的世界は特に初期の作品に香しき夢として音化されているが、その後の作品においてはその上に一つの客観が生んだ芸術の民族的傾向が加わり、日本の古典の世界、万葉の世界、神話等より具体的素材を求めんとし、以前のドラマチックな作風よりネオクラシックな作風へと傾いてきた。」

なお、夫人の大木英子1919年-2008年)も作曲家。

主要作品[編集]

管弦楽曲[編集]

年代順
作曲年 作品名 編成 初演 備考
交響無言詩 Orch 1930年、小松平五郎/国民交響楽団 大木が初めて発表した管弦楽曲
1929 第一交響詩『真実を苦悩するもの』 Orch 1931年11月
大木正夫第1回作品発表会
1930 交響音詩『飢えたるもの』 3管Orch 1931年11月
大木/賛助交響楽団
出版:世界音楽全集(春秋社)
1931 第二交響詩『1931年の情熱』 Orch 1931年11月
大木正夫第1回作品発表会
1932 工場交響曲 3管Orch 1936年11月4日
黎明作曲家同盟発表会
大木/新響
演奏時間:9分
打楽器として鉄板類を用いた未来派的な曲
1933 農民交響曲(交響曲第3番) 3管Orch、混声合唱 1933年11月24日
黎明作曲家同盟 秋季第2回演奏会
大木/新響/ヴォーカルフォア合唱団
第1曲 過去の農民
第2曲 現在の農民
第3曲 未来の農民
1933 交響曲第4番『信濃路』 3管Orch、独唱(SATB)
混声合唱
1933年11月24日
黎明作曲家同盟 秋季第2回演奏会
大木/新響/ヴォーカルフォア合唱団
詞:北原白秋
演奏時間:26分
1934 組曲『五つのお話』 3管Orch 1936年11月4日、大木/新響 演奏時間:11分
ワインガルトナー賞
出版:国際文化振興会
SPレコード(テイチク)
1934 田園詩曲 2管Orch 演奏時間:7分
1935 炭鉱 3管Orch 1935年11月4日、大木/新響 演奏時間:7分
1935 日本祝典序曲
1936 太陽を孕む黎明 (海上労働者の記録) 朗読、2管Orch
1937 夜の思想 3管Orch 演奏時間:10分
ワインガルトナー賞
出版:国際文化振興会、新興楽譜出版社
1937 日本小品集 3管Orch 演奏時間:16分
1938 日本狂詩曲 2管Orch 1938年5月18日、大木/新響 演奏時間:15分
NHK委嘱、国民詩曲
1940 交響舞曲『羽衣』 Vn、Timp、3管Orch 1940年、大木/新響 演奏時間:51分
日本文化中央連盟委嘱、皇紀2600年奉祝曲
1941 組曲『南支那に寄す』
1942 交響的行進曲『國民総進軍』 Orch 演奏時間:20分弱
SPレコードあり
1942 交声曲『神々のあけぼの』 詞:大木惇夫
1943 序曲『みたみわれ』 Orch 山田和男(指揮) 国民歌『みたみわれ』に基づく
1943 交響詩『蒙古』 2管Orch 1943年、大木/新京交響楽団 演奏時間:10分
満州国委嘱
1948 古代彫刻に寄せる6つの前奏曲と終曲 3管Orch 1948年、森正/N響 演奏時間:50分
第1曲 法隆寺にて、右金剛力士に寄す
第2曲 百済観音に寄す
第3曲 技楽面翁に寄す
第4曲 救世観音(夢殿)に寄す
第5曲 如意輪観音(中宮寺)に寄す
第6曲 左金剛力士に寄す
第7曲 終曲
1950 交響曲 ハ長短調 3管Orch 演奏時間:35分
1950 交響曲第5番『ヒロシマ』
(旧題:原爆の図に寄する交響的幻想)
3管Orch 1953年、上田仁/東響 丸木位里/の『原爆の図』に基づく
演奏時間:50分
1953年度芸術祭奨励賞
出版:全音楽譜出版社
1961 グランドカンタータ『人間をかえせ』第Ⅰ部 3管Orch、独唱(SATB)
混声合唱
1961年12月、佐藤菊夫/東響
独唱:滝沢/成田/天野/小田
東京労音合唱団
出版:カワイ出版
東京労音委嘱
1963 グランドカンタータ『人間をかえせ』第Ⅱ部 3管Orch、独唱(B)
混声合唱、児童合唱
1963年8月6日、上田仁/東響
独唱:小田清
東京労音合唱団/厚生年金児童合唱団
出版:カワイ出版
東京労音委嘱
1966 田野三章 2管Orch 1966年3月18日、石丸寛/ABC響 東京労音委嘱
1966 わかものの歌 Pf、Orch 1966年10月
大山さゆり(Pf)/横山千秋/労音オーケストラ
労音オーケストラ委嘱
1971 交響曲第6番『ベトナム』 3管Orch 1970年8月、村川千秋/新星日響 出版:あゆみ出版社
東京労音委嘱
第1曲 沖縄はともに斗う
第2曲 ドン・ロック村
第3曲 歌声は爆音を圧す
第4曲 ヒロシマ=ソンミ

器楽曲、室内楽曲[編集]

年代順
作曲年 作品名 編成 初演 備考
1929 組曲『断層』 Pf 1934年5月12日
黎明作曲家同盟 第2回春季作品発表会
ジェームス・ダン(Pf)
1932 ローレライ幻想曲 Pf
1932 関西風水害 オルガン
1934 組曲『子供のおはなし』 Pf 1934年5月12日
黎明作曲家同盟 第2回春季作品発表会
ジェームス・ダン(Pf)
1934 組曲『自画像』 Pf 1934年5月12日
黎明作曲家同盟 第2回春季作品発表会
ジェームス・ダン(Pf)
1936 3人の舞踏の為の幻想曲 Va, Vc, Pf
1936 ノクターン Pf
1936 6つの小品 SQ
1936 夜の横顔 Vn, Pf 1936年、鈴木鎮一(Vn) 演奏時間:4分
出版:全音楽譜出版社
1936 小夜曲 Vn, Pf 1936年、鈴木鎮一(Vn) 演奏時間:4分
出版:全音楽譜出版社
1947 ピアノのための『組曲』 Pf 1947年、黒沢愛子(Pf) 演奏時間:17分
NHK委嘱

合唱曲[編集]

年代順
作曲年 作品名 作詞者 編成 初演 備考
1931 春の賛歌 相馬御風 女性二部合唱、Pf 出版:文教楽譜
1931 わかかえで 百田宗治 女性二部合唱、Pf 出版:文教楽譜
1940 勇士の名を振うを慕う歌並びに短歌 大伴家持(万葉集) 重唱、独唱、混声合唱、小Orch 演奏時間:16分
1940 防人の歌 万葉集 重唱、独唱、混声合唱、小Orch 演奏時間:9分
1962 深尾須磨子 混声合唱、Pf 1962年
木下保/CBC合唱団
出版:カワイ出版
CBC中央放送委嘱
1963年度芸術祭奨励賞
1965 わだつみのこえ 田辺利宏 重複男声合唱、Pf 1965年12月12日
佐々木雄太/京都大学男声合唱団
出版:あゆみ出版社
京都大学委嘱
1965 あの人は帰ってこなかった 朗読、混声合唱
ギター、打楽器、またはPf
1965年7月19日
田中信昭(指揮)/鈴木光枝(朗読)
東京混声合唱団
出版:全音楽譜出版社
東京労音委嘱


歌曲[編集]

年代順
作曲年 作品名 作詞者 編成 初演 備考
1923 かなかな蝉 北原白秋 独唱、Pf 出版:赤い鳥出版社
赤い鳥推薦曲入賞
1927-31 寂心集 北原白秋
柳沢健
小野忠孝
BarまたはS、2管OrchまたはPf 1931年1月11日
照井詠三(独唱)/大木正夫(指揮)
出版:世界音楽全集(春秋社)
第1曲 夜
第2曲 秋
第3曲 墓場
1931 からまつの 北原白秋 独唱、1管OrchまたはPf 出版:世界音楽全集(三京社)
1931 漣は 北原白秋 独唱、1管OrchまたはPf
1931 門口 ツルゲーネフ
1933 新聞記者 清水暉吉 Bar、Pf 1934年5月12日
黎明作曲家同盟 第2回春季作品発表会
照井詠三(独唱)/ジェームス・ダン(Pf)
1933 夕暮 田中令三 T、1管OrchまたはPf 出版:世界音楽全集(春秋社)
1939 挽歌2首 万葉集 S、弦楽合奏、太鼓 演奏時間:8分
1939 朝ごとに 万葉集 S、Pf 演奏時間:8分
1942 笹川臨風 重唱とOrchを伴う独唱曲 演奏時間:7分
原曲:大倉喜七郎
1942 兵の顔 Bar、Pf 演奏時間:2分
詞:不明
1947 小曲 生田長江 S、Pf 出版:世界音楽全集 (音楽之友社)、白眉創作歌曲集
1947 わたくしのなげきにあらず はやしよしお S、Pf 1947年、関鑑子(独唱) 出版:世界音楽全集 (音楽之友社)
関鑑子の委嘱
1950 せきれい 北原白秋 S、混声合唱 1950年、浅野千鶴子(独唱) 出版:世界音楽全集 (音楽之友社)

映画音楽[編集]

著作[編集]

  • 作曲法とその実際(1947、新興音樂出版社
  • みんなの作曲法 (1964、音楽センター)
  • われらの音楽 (1967、あゆみ出版社)
  • うたごえは爆音を圧す - 音楽家のベトナム報告(1970年、あゆみ出版社)

参考文献[編集]

  • 目黒三策編 『標準音楽辞典』音楽之友社、1966年、 p.1542
  • 大木英子、小平時之助「日本の作曲ゼミナール - 大木正夫」、『音楽の世界』 18(12)、日本音楽舞踊会議、1979年、pp.30-38
  • 富樫康『日本の作曲家』、音楽之友社、1956年、pp.86-89
  • 山田和男、「最近の邦人の管絃楽作品について』、『音楽文化』1(1)、1943年、pp.8-17
  • 片山杜秀、「日本作曲家選輯 大木正夫(CDの冊子)」、Naxos 8.557839J、2006年

外部リンク[編集]