生田長江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生田長江
Chōkō Ikuta.jpg
1903年頃
ペンネーム 生田長江
誕生 生田弘治
1882年4月21日
鳥取県日野郡根雨町
死没 1936年1月11日
東京市渋谷区
職業 評論家翻訳家小説家劇作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1906年 - 1936年
代表作 文壇批評、社会時評、ニーチェ全集(翻訳)
デビュー作 小栗風葉論(1906)
配偶者 1907年、亀田藤尾(1883年 - 1917年)
子供 まり子(1913年 - )
公式サイト 生田長江顕彰会
テンプレートを表示

生田 長江(いくた ちょうこう、1882年明治15年)4月21日 - 1936年昭和11年)1月11日)は、日本評論家翻訳家劇作家小説家

経歴[編集]

父喜平治と母かつとの三男一女の末子として、鳥取県日野郡貝原村(現・日野町根雨)に生まれた。1895年(明治28年)(13歳)、地元の日野郡高等小学校を卒業し、翌年、次兄がいる大阪へ出て、1897年、桃山学院の2年生になった。

本名は弘法大師に因んだ『弘治』なのに、1898年、プロテスタント系のユニバーサリスト教会で受洗し、聖書に親しんだ。翌年上京して青山学院中学部の4年生となり、1900年、第一高等学校文科に入り、1903年、東京帝国大学文科大学哲学科へ進み、美学を専攻した。

一高時代から雑誌へ投稿し始め、大学時代には上田敏馬場孤蝶の『藝苑』誌の同人となり、上田から『長江』の号を貰った。

1906年(明治39年)(24歳)、東大を卒業し、1907年、鳥取県の亀田藤尾と結婚して与謝野鉄幹晶子夫妻の隣に暮らし、麹町区飯田町にあった成美英語女学校の英語教師を、1909年の閉鎖まで勤めた。

この頃の数年間、女性の文学の振興に努めた。1907年夏、一高以来の森田草平と、成美英語女学校の経営主、九段中坂下(現・千代田区九段)のユニヴァーサリスト教会で、女性のための文学講習会『閨秀文学会』を開いた。馬場孤蝶、与謝野晶子、赤司繁太郎らが講義し、大貫かの子青山菊栄平塚らいてうらが聴講したが、年内に閉講した。

1909年から、ニーチェの『ツァラトゥストラ』を翻訳し、1911年年初に刊行した。その9月に創刊した平塚らいてうらの『青鞜』誌を、1913年まで後押しした。生田春月佐藤春夫を門弟とした。

1914年(大正3年)(32歳)、初めは森田草平と共同編集で、『反響』誌を創刊した。翌年の同誌の廃刊後、ニーチェ全集の翻訳を志し、1916年から1929年までに、全10巻を出版した(訳書の項参照)。

また、1914年頃から堺利彦大杉栄と交わり、批評の目を社会問題へも広げた。1916年、『自然主義前派の跳梁』などで、『白樺派』を論難した。1919年、資本論第一分冊を翻訳出版するなど、社会主義に近付いて、1923年頃から離れた。1919年に島田清次郎の『地上』を、1921年に、高群逸枝の『日月の上に』を評価したが、師弟関係は結ばなかった。

1922年(大正11年)(40歳)、『釈尊傳』創作の準備を始めた。1925年から1930年まで、鎌倉由比ヶ浜に住んだ。ハンセン病が、容貌が崩れるまでに進んでいた[1]

1929年(昭和4年)(49歳)、ニーチェ全集を完結し『釈尊傳』の執筆を始め、1934年の失明にひるまず、1935年、『釈尊上巻』を刊行した。また、『新訳決定普及版 ニイチェ全集 全12巻』を1936年にかけて出版した。

1936年(昭和11年)新春、渋谷区の自宅で亡くなった。聖伝院長江棹舟居士。喜福寺(現・東京都文京区本郷5丁目)で葬儀を行い、鎌倉長谷寺の高台の墓域に、1917年に亡くなった藤尾夫人の遺骨と共に埋葬した。

文業[編集]

各列の → は新編再刊・復刻。

評論[編集]

  • 『ニイチェ語録』、玄黄社(1911)
  • 『最近の小説家』(夏目漱石森鴎外田山花袋島崎藤村泉鏡花徳田秋声真山青果)、春陽堂 現代文芸叢書8(1912)→ 「講談社 日本現代文学全集46(1980)」に収録
  • 『芸術家と芸人』(社会問題を多く扱う)、日月社 現代百科文庫 文芸思潮叢書8(1914)
  • 『文芸評論』、日本書院(1914)
  • 『最近の文芸及び思潮』(第1評論集、森田草平島崎藤村夏目漱石田山花袋正宗白鳥論と社会評論)、日月社(1915)
  • 『徹底的人道主義』(第2評論集)、聚英閣(1920)
  • 『反資本主義』、良書普及会(1921)
  • 『婦人解放よりの解放』、表現社(1921)
  • 『ブルジョアは幸福であるか』(第3評論集)、南天堂出版(1923)→ 「新学社 近代浪漫派文庫14(2006)」に一部収録
  • 『超近代派宣言』(第4評論集)、至上社(1925)→ 日本図書センター 近代文芸評論叢書2(1990)
  • 『宗教至上 - 反宗教運動への応戦及び挑戦として - 』(第5評論集)、新潮社(1932)
没後
  • 『東洋人の時代』 佐藤春夫編、道統社(1941)

創作[編集]

  • 『軒昂』「生田長江・川下喜一・森田草平著:『草雲雀』、服部書店(1907)」中の一篇
  • 『円光以後』(第1脚本集)、綠葉社(1919)
  • 『環境』(原題『犯行』)(小説)、新潮社(1920)→ 世界文庫 部落問題文芸作品選集15(1974)
  • 『落花の如く』(長編小説)、天佑社(1922)
  • 『簒奪者』(第2脚本集)、聚英閣(1922)
  • 『わが生活より(作為と真実)』前編、聚英閣(1928)
  • 『釈尊上巻』、香風閣(1935)

訳書[編集]

啓蒙[編集]

  • 『文学入門』(夏目金之助序)、新潮社(1907)
  • 『明治時代文範』、博文館 通俗作文全書4(1907)
  • 『外国文学研究法』、新潮社(1908)
  • 『実用いろは引和英新辞典』(共著)、東華堂書店(1908)
  • 『英語独習法』、新潮社(1910)
  • 『新叙景文範』、新潮社 作文叢書5(1911)
  • 『トルストイ語録』、玄黄社(1911)
  • 『文学新語小辞典』、新潮社(1913)
  • 『近代思想十六講』(中沢臨川と共著)、新潮社(1915)→新潮文庫(1933)
  • 『ABCより』、東京国民書院 学生文庫(1916)
  • 『我が宗教』、新潮社 トルストイ叢書1(1916)
  • 『新文学百科精講 縮刷改訂版』(共著)、新潮社(1917)
  • 『近代文芸書翰集』(市川彩と共編)、蜻蛉館書店(1917)
  • 『新文学辞典』(共編)、新潮社(1918)
  • 『論文作法』、春陽堂 文芸研究叢書1(1918)→ 春陽堂 新文芸講話叢書3(1927)
  • 『最新社会問題十二講』(本間久雄と共著)、新潮社(1919)→ 新潮社思想文芸講話叢書2(1924)
  • 『叙景文作法及文範』、新潮社 新文章作法文範叢書2(1920)
  • 『社会改造の八大思想家』(本間久雄と共著)、東京堂書店 思想叢書(1920)
  • 『能率増進の実際』、学芸書院 最新学芸叢書10(1920)
  • 『近代文芸十二講』(共著)、新潮社(1921)→ 新潮文庫(1933)
  • 『近代外国文学講話』、松陽堂 文芸及思想講習叢書、(1925)
  • 『新しき詩の作法』(近松月船と共著)、資文堂書店(1927)
没後
  • 『聖典講話』、富士書店 (1941)→ 生田長江顕彰会編(1957)
    • 『大法輪』誌に、1935年2月から1年間掲載

全集ほか[編集]

第1巻(評論 - 文芸)/ 第4巻(評論 - 社会)/ 第6巻(評論 - 婦人・恋愛・結婚・家庭論、日本・東洋問題に関する諸論)/ 第8巻(創作 - 小説・脚本)/ 第9巻(創作 - 小説・脚本)
全12巻予定だったが、5冊刊[2][3]で中断した。

文学全集ほか[編集]

  • 『島村抱月 生田長江 中沢臨川 片上伸 吉江孤雁集』、改造社 現代日本文学全集28(1930)
  • 『生田長江・阿部次郎・倉田百三集』、講談社 日本現代文学全集46(1967)
  • 『高山樗牛 島村抱月 片上伸 生田長江集』、筑摩書房 現代日本文学全集増補決定版16(1973)ISBN 9784480100405
  • 『登張竹風 生田長江』、新学社 近代浪漫派文庫14(2006)ISBN 9784786800726

伝記[編集]

  • 荒波力『知の巨人 評伝生田長江』白水社、2013 

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 「講談社 現代日本文学全集46(1967)」巻末の、高田瑞穂:『作品解説』、紅野敏郎:『生田長江・阿部次郎・倉田百三入門』、森本修:『生田長江年譜』
  • 「筑摩書房 現代日本文学大系40(1973)」巻末の、谷沢永一・浦西和彦編:『生田長江年譜』、同:『著作目録』
  • らいてう研究会編:『「青鞜」人物事典 110人の群像』、大修館書店(2001)ISBN 9784469012668
  • 『鳥取県石ぶみ文学史』、米子今井書店(1982)p.253 - 254

脚注[編集]

  1. ^ 大江希望:「癩」 ノート
  2. ^ 国会図書館のNDL-OPAC検索
  3. ^ [1]

外部リンク[編集]