大夫興野インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大夫興野インターチェンジ
所属路線 Japanese National Route Sign 0007.svg 新新バイパス
本線標識の表記 大夫興野I.C
通行台数 x台/日
所在地 新潟県北蒲原郡聖籠町
大夫興野インターチェンジの位置(新潟市近郊バイパス網内)
大夫興野インターチェンジ
テンプレートを表示
国道7号標識

大夫興野インターチェンジ(だいぶこうやインターチェンジ)は、新潟県北蒲原郡聖籠町にある国道7号新新バイパスインターチェンジ

曽和方面に対しての流出・流入が可能、新発田方面に対しての流出・流入が不可のハーフICである。

概要[編集]

近隣のICとともに新潟東港や周辺物流・工業団地の最寄ICとなっている。

曽和方面一つ隣の東港ICも当ICと同じ方向のハーフICとなっていることから、新発田方面と新潟東港のアクセスが蓮野ICに集中し、渋滞が発生しやすくなっている。そこで、一般交通等の分散化による渋滞の緩和及び渋滞に起因する交通事故削減を目的として、2016年1月現在フルIC化工事中である[1][2]

接続する道路[編集]

  • 聖籠町道

[編集]

国道7号新新バイパス
東港IC - 大夫興野IC - 蓮野IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典

関連項目[編集]