亀貝インターチェンジ (新潟市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亀貝インターチェンジ
所属路線 Japanese National Route Sign 0116.svg 新潟西バイパス
本線標識の表記 亀貝I.C
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
新潟県道44号標識
新潟県道44号新潟燕線
供用開始日 1990年10月12日
通行台数 x台/日
所在地 新潟県新潟市西区亀貝
亀貝インターチェンジ (新潟市)の位置(新潟市近郊バイパス網内)
亀貝インターチェンジ (新潟市)
テンプレートを表示

亀貝インターチェンジ(かめがいインターチェンジ)は、新潟県新潟市西区亀貝にある国道116号(重複:国道289号新潟西バイパスインターチェンジ

概要[編集]

1990年(平成2年)10月12日、新潟西バイパスの亀貝IC - 小新IC間の開通と共に供用を開始した。1995年(平成7年)12月12日には高山IC - 亀貝ICが開通し、柏崎市方面のオンランプ・オフランプが増設された。

接続する新潟県道44号新潟燕線の当インターチェンジ周辺は新潟市の都市計画道路「寺尾線」の区間で、西区坂井輪地区を南北に縦貫する幹線道路として整備が進められており、西区役所前交差点から当インターチェンジまでの間は片側2車線となっている。

接続路線[編集]

周辺[編集]

IC南東側には流通センター、北東側には郊外型商業施設が立ち並んでいる。また、接続道路を北に進むと住宅街となる。

[編集]

国道116号国道289号新潟西バイパス
新通IC - 亀貝IC - 小新IC

関連項目[編集]