夏の香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夏の香り
ジャンル テレビドラマ
ドラマ、ロマンス[1]
放送時間 火曜日21:55-
放送期間 2003年7月7日 - 9月8日(20回)
放送国 大韓民国の旗 韓国日本の旗 日本タイ王国の旗 タイ
制作局 KBS
監督 ユン・ソクホ
脚本 チェ・ホヨン(脚本)
ユン・ウンギョンキム・ウニ(以上ストーリーテラー)
プロデューサー キム・ジョンシク(責任PD)、キム・チョルキュ
出演者 ソン・スンホンソン・イェジンリュ・ジンハン・ジヘ
字幕
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
夏の香り
各種表記
ハングル 여름향기
漢字
発音 ヨルミャンギ
ローマ字 Yeoreum Hyanggi / Summer Scent
テンプレートを表示
画像外部リンク
鳴鳳駅正面 - 撮影現場のひとつとなった鳴鳳駅韓国語版全羅南道宝城郡

夏の香り(なつ の かおり、朝鮮語: ヨルミャンギ、ハングル: 여름향기)は、韓国KBSにて2003年7月7日から同年9月8日まで放送されたテレビドラマ。全20話。

概要[編集]

KBS月火ドラマ韓国語版作品のひとつで「四季シリーズ」の第3作目にあたる[2]。前2作同様監督はユン・ソクホが務めた。脚本は当初コ・ウンニム韓国語版が務める予定であった[3]が、その後チェ・ホヨンに変更された[4]。主人公のキャスティングで、チョン・ジヒョンイ・ヨンエの名が挙がった[3]が、結局ソン・スンホンソン・イェジンが務めることとなった[5]

第2話放送終了後、インターネット上にてアメリカ映画からの盗作疑惑が持ち上がり[6]、同年下旬には匿名の女性脚本家が損害賠償請求の訴訟を起こす事態となった[7]。視聴率でも他局で放送されていた屋根部屋のネコに押され[6]、平均視聴率は約10パーセントにとどまった[8]

2003年度KBS演技大賞にて、パク・チョンア役を演じたハン・ジヘ韓国語版が新人演技賞(女優)を受賞した[9]

あらすじ[編集]

数年前に心臓移植手術を受けた経験を持つシム・ヘウォンは友人・オ・ジャンミと出かけた先でユ・ミヌと出会った。

ヘウォンの婚約者パク・チョンジェが企画するリゾート開発に、ミヌが勤務するデザイン事務所が入札したことをきっかけに、チョンジェ、ミヌ、ヘウォン、ジャンミは一緒に働くこととなった。更にミヌのデザイン事務所の先輩チ・デプンと、チョンジェの妹でミヌの事を愛しているパク・チョンアも加わり、6人がチームとなった。

当初ミヌを巡るチョンア・ヘウォン間の誤解があったが、それも解けて6人のチームワークは深まっていった。ヘウォンとミヌの仲も深まっていったが、その想いを断ち切ろうとヘウォンはチョンジェとの婚約式に臨むがその席で倒れてしまった。チョンジェはミヌを忘れるようヘウォンに言い、彼女もそれに応えてミヌを突き放そうとするが、単身出掛けた孤島で悪天候に遭い、ミヌと二人きりになってしまう。

ミヌとヘウォンは結婚しようと誓い合うが、心臓移植の真相を盾にチョンジェは根回しを行い、ふたりの結婚を阻止しようとする。その中でヘウォン自身が真相を知ってしまい、悩んだ末、ミヌと別れてチョンジェと結婚しようと決意するが、結婚式の当日に発作を起こしたヘウォンは倒れてしまった。手術を拒否するヘウォンをミヌは必死に説得。ヘウォンはようやく翻意するが「手術を受ける、その代わり自分の事を忘れてくれ」とミヌに頼んだ。

数年後。手術が成功し元気になったヘウォンは街の中を歩いていて胸の鼓動の高まりを感じた。振り返るとそこにはイタリアから帰国したミヌの姿があった。

登場人物[編集]

登場人物は、個別に注釈がある場合を除き[8][10]にもとづく:

俳優 役名 作品中の設定等
ソン・スンホン ユ・ミヌ アートディレクター。イタリアでの留学経験がある。
ソン・イェジン シム・ヘウォン 元小学校教師で現在はフローリスト。心臓移植手術後、性格が明るくなった[11]
リュ・ジン パク・チョンジェ 資産家の息子で父の会社でリゾート開発を手掛けている。ヘウォンの幼馴染で婚約者。
ハン・ジヘ パク・チョンア チョンジェの妹。共にイタリアに留学していた頃からミヌに惹かれている。
シネ ソ・ウネ ミヌのかつての恋人。死後、ヘウォンの心臓のドナーとなった。
チョ・ウンスク オ・ジャンミ ヘウォンの同僚でルームメイト。
アン・ジョンフン チ・デプン ミヌの勤務先の先輩。ミヌとヘウォンとの関係にいち早く気づく。
キム・ミンジョン
キム・ヨンゴン
ハ・ジェヨン ソ・ウネの父
キム・ヘスク ユ・ミヌの母
キム・ボミ
イ・ドリョン キム医師 ヘウォンの担当医。
カン・ジファン チョンアの結婚相手。

韓国国外での放送[編集]

日本[編集]

BS局のWOWOWにて、2004年5月1日から週1回、2話ずつのペースで放送された。韓国国内での放送版を再編集した日本オリジナル版の形で放送されている[12]

2005年8月7日から10月2日にかけてCS/スカパー局のKNTVにて、全18話の形態で放送。同年9月5日より、民放地上波TBSテレビにて日本語吹替版にて放送された[要出典]。吹替を担当した声優は以下の通り:

タイ[編集]

タイ王国陸軍系放送局のチャンネル7タイ語版にて2009年4月20日から同年6月9日まで放送された。

盗作疑惑[編集]

第2話が放送された2003年7月8日より、アメリカ映画この胸のときめき英語版からの盗作ではないか、とインターネット上で騒がれるようになり[6]、同年7月28日には、匿名の女性脚本家(キムというであることのみ公表されている)より、自身の修行時代に執筆し、公募に応募した台本から盗作されたとの理由で損害賠償請求、および台本の公表差し止めを求める訴訟が起こされた[7]

この訴訟は約1年程続けられたが、盗作であるかどうかの判断がなされないまま、被告側(KBS、制作会社のパン・エンターテインメント韓国語版、演出を担当したユン・ソクホ、脚本を担当したチェ・ホヨン)が女性脚本家に対し和解金を支払う形で終息した[13]

関連商品[編集]

DVD[編集]

韓国版DVD-BOXは2006年2月にキャンドルメディアより発売された[14]。日本では2004年11月にハピネット・ピクチャーズよりDVD-BOXが発売されている[15]

CD[編集]

韓国では2003年8月5日にイェダンよりオリジナルサウンドトラックCDが発売された[16]。日本版オリジナルサウンドトラックはは2004年5月26日にユナイテッド・アジアエンターティメントから発売された[17]


脚注[編集]

  1. ^ 夏の香り (2003)”. allcinema. 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ ★四季シリーズ:秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツ ①作品紹介 NAVICON 2016.7.9 01:25 (UTC) 閲覧
  3. ^ a b 전승훈 [방송]손예진 드라마 ‘여름향기’ 주인공 캐스팅 (朝鮮語) 東亜日報 2003.4.30付記事
  4. ^ [TV포커스]안타까운 '여름향기' 작가교체(2015年5月16日時点のアーカイブ(朝鮮語) news.chol.com 2003.5.11付記事(オリジナル: 日刊スポーツ
  5. ^ 이은정 손예진-송승헌의 ‘여름향기’ (朝鮮語) 韓国日報 2003.4.30付記事
  6. ^ a b c 박정희·강진우 [연예가]윤다훈 “나 내일모레 40이에요” (朝鮮語) idomin.com 2003.7.12付記事
  7. ^ a b 전지성 “드라마 ‘여름향기’ 표절” 1억 손배訴 (朝鮮語) 東亜日報 2003.7.28付記事
  8. ^ a b c 夏の香り 韓チョア 2016.7.9 02:20 (UTC) 閲覧
  9. ^ 구희언 한지혜 vs 박선영 (朝鮮語) 女性東亜 2013.5.8付記事
  10. ^ 여름향기 출연/제작 (朝鮮語) Daum movie
  11. ^ 등장인물 #3 (朝鮮語) KBS公式サイト 2016.7.9 03:20 (UTC) 閲覧
  12. ^ WOWOW 韓国ドラマ『夏の香り』放送 tv Groove 2004.3.9付記事
  13. ^ 금빛나 [M+기획…‘드라마 공모전 표절’①]끝이지 않는 ‘표절의혹 잔혹사’ (朝鮮語) MK News 2016.6.8付記事
  14. ^ 여름향기 박스 세트 : KBS 미니시리즈 (朝鮮語) yes24.com 2016.7.9 04:55 (UTC) 閲覧
  15. ^ 夏の香り DVD-BOX 1 Amazon.co.jp 2016.7.9 05:00 (UTC) 閲覧
  16. ^ 여름향기 O.S.T(KBS 미니 시리즈) (朝鮮語) Mnet
  17. ^ リリース情報 archive.is 2016.7.14 10:50 (UTC) 閲覧(オリジナル: ユナイテッド・アジアエンターティメント公式サイト)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]