ドラゴン桜〈韓国版〉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴン桜 > ドラゴン桜〈韓国版〉
ドラゴン桜〈韓国版〉
各種表記
ハングル 공부의 신
漢字 工夫의神
発音 コンブウィ シン
日本語読み: ドラゴンざくら かんこくばん
ローマ字 Gongbuui Sin
英題 Master of Study
テンプレートを表示

ドラゴン桜〈韓国版〉』(ドラゴンざくら かんこくばん、原題:공부의 신、英語題:God of Study)は、韓国KBS2009年に制作したテレビドラマ。全16話。KBSにて、2010年1月4日から2月23日まで毎週月曜火曜に放送された。原題の공부의 신(コンブウィ・シン)は、공부は漢字で「工夫」と書き「勉強」を意味し、「신」は漢字で「神」で、「勉強の神」という意味である。略称は「工神(コンシン、ハングル: 공신)」。

日本では、2010年12月10日から2011年1月7日までTBS韓流セレクト枠にて毎週月曜から金曜10時05分 - 11時00分に放送され、TBSにて2011年6月13日から7月18日まで毎週月曜火曜の1時55分 - 3時01分に再放送[1]された。また、2011年1月25日から5月17日までBS-TBSにて毎週火曜日の21時00分 - 21時54分にて放送された。

概要[編集]

本作は、2005年にTBSテレビで放送されたテレビドラマ『ドラゴン桜』(原作は、三田紀房漫画作品『ドラゴン桜』)の韓国リメイク版テレビドラマである。5人[2]の特進クラス生などの基本設定は日本版と同様だが、生徒の家庭環境の一部変更や、日本版では実在する東京大学(東大)を目指しているのに対して架空の「天下(チョナ)大学」にするなどの変更が行われている。韓国においての「東大」にあたるソウル大学にしなかったのは、学歴主義を助長するという批判をKBSが考慮したものである[3]。なお、登場人物などの名称は全て韓国のものに再設定されている。

登場人物[編集]

記載順は役名、日本版テレビドラマでその位置に該当する人物名、演じる役者名、吹き替え者名。

特別進学(特進)クラス
特別講師
ピョンムン高校教員
生徒の家族
その他の人物
  • キム・サンフン:キム・サンビン - 英語テスト対決で登場する2年生の男子。
  • イ・イェジ:コ・ジュヨン - 英語テスト対決で登場する2年生の女子。
  • 不良女子たち: T-ARA(ボラム、ウンジョン、ヒョミン、キュリ、ソヨン)第9話、第10話に特別出演

スタッフ[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌
    • オリジナル版:「一度くらいは」T-MAX
    • 日本語版:「DREAMS COME TRUE4minute
      • ※「DREAMS COME TRUE」は元々挿入歌として使用されていたが、日本語版製作時に主題歌に採用した。韓国語歌詞版がオープニング、日本語歌詞版がエンディングに使用されている。

サブタイトル[編集]

話数 原題<日本語訳> 日本語版制作時の題
01話 貧乏弁護士、ピョンムン高に来る! 学校倒産!?
02話 天下大学特別クラススタート! 特進クラス発足
03話 スパルタ合宿! 数学の神
04話 教師再雇用試験! スパルタ合宿
05話 英語! 聞き、話し、楽しめ! エアロビ英語教師
06話 英語バトル! 英語の対決!
07話 国語、世の中を読め! 国語のソムリエ登場
08話 俺たちは勉強をしなくちゃならない! 変態? 理科教師
09話 天国と地獄 中間テスト開始!
第10話 俺たちはひとつだ ヒョンジョンの恋
第11話 特別クラス崩壊!? 運命の模試
第12話 熱い夏 夏の校外合宿!
第13話 飛べ、飛べ! 裏切りと友情
第14話 先生、俺たちの先生! 自信喪失
第15話 試験 修学能力試験
第16話 おまえたちは、もうビリじゃない! 将来への道

韓国版の特徴[編集]

  • 日本版テレビドラマよりも、原作漫画にあったような「勉強のテクニック」的な要素が多く含まれている。また、各話の最後に“勉強の秘訣”のコーナーが設けられている。
  • 時代(2009年末 - 2010年)的なこともあり、カメラ機能付き携帯電話e-mailが多用されている。パソコンを使うシーンも多く、パソコンの画面をプロジェクターを用いて映すシーンや、インターネットを使った願書提出や合格発表閲覧などのシーンが登場する。
  • ラブストーリーが強く押し出されている。日本版では矢島勇介と水野直美が幼馴染みの設定となってほのかな恋を漂わせていたが、韓国版ではプリプとチャンドゥが幼馴染みの設定となり、チャンドゥからプリプへの想い、ヒョンジョンからベクヒョンへの想い、プリプとベクヒョンの想いと複雑な恋模様となっている。また、理事長のチャン・マリがカン弁護士に恋愛感情を抱いたり、教員同士の恋があるなど、恋愛要素が多い。
  • 日本版よりも5話多いため、日本版ではほぼカットされた理科教師が活躍する。さらに、教師と生徒の絆、生徒と家族の愛情などのエピソードが追加されている。

備考[編集]

  • 日本では、2010年11月19日にDVD-BOX1・12月3日にDVD-BOX2が発売された。各DVD-BOX共に4枚組仕様となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年6月28日と2011年7月18日は1話のみ
  2. ^ 日本版の特進クラス生は6人。韓国版では「東大生アイドル」を夢見る小林麻紀の設定がカットされて5人になっている。
  3. ^ ドラマ「勉強の神」、ソウル大が登場しなくなったのはなぜ? - 中央日報日本語版 2010.01.09
  4. ^ 韓国版では国語特別講師は女性。
  5. ^ 日本版では母だが、韓国版では祖母の設定。
  6. ^ ボングの家族の設定が韓国版オリジナルのものになっているので、日本版での奥野美也子と全く異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 韓流★セレクト
前番組 番組名 次番組
雪の女王
(2010.11.17 - 2010.12.9)
ドラゴン桜〈韓国版〉
(2010.12.10 - 2011.1.7)
天使の誘惑
(2011.1.11 - 2011.2.16)