土田龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土田 龍太郎(つちだ りゅうたろう、1947年9月29日 - )は、インド文学者東京大学名誉教授、国家基本問題研究所理事。

警視総監土田國保の長男として東京に生まれる。1971年6月東京大学文学部印度哲学印度文学科卒業、1973年同大学院人文科学研究所修士課程修了、1975年ドイツ・マールブルク大学留学(印度文献学)、1979年Ph.D取得、同助手、1983年東京大学文学部助教授(印度哲学印度文学)、1987年日本印度学仏教学会賞受賞、1994年教授。2012年定年退任、名誉教授。

2012年今昔秀歌百撰の選者として1番で、古事記 上巻の豊玉毘賣命の歌「赤玉は緒さへ光れど白玉の君が装し貴くありけり」を選んでいる。

著書[編集]

  • Das sattra-Kapitel des Jaiminīya Brāhmana (2,334-370) nach den Handschriften herausgegeben, ins Deutsche übersetzt und erklärt / Marburg : Druck: Mauersberger, 1979