日本弘道会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公益社団法人日本弘道会(にほんこうどうかい)とは東京都千代田区に存在する公益社団法人

概要[編集]

1876年西村茂樹が東京修身学社を創設、1884年に日本講道会と改称され、1887年に日本講道会が改組されて日本弘道会となった。国民道徳の普及に努め、教育勅語の皇室中心主義の政府の政策を民間から支えていた。機関紙「弘道」を刊行していた[1]

1914年に現在の拠点である東京都千代田区の土地を購入。現在では内閣総理大臣の認定する公益社団法人、文部科学大臣所管の社会教育関係団体となっている。拠点である日本弘道会ビルは1985年に竣工[2]。公式サイトでは発行していた機関紙の大正時代からのバックナンバーダウンロードできるようになっている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本弘道会”. 朝日新聞社. 2019年12月9日閲覧。
  2. ^ 組織について”. 公益社団法人日本弘道会. 2019年12月9日閲覧。
  3. ^ 弘道 過去の発行状況”. 公益社団法人日本弘道会. 2019年12月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]