国際スポーツ振興協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際スポーツ振興協会
略称 ISPS、ISPS HANDA
標語 チャリティーを進化させ、スポーツの力で社会をより良く
設立年 2006年
設立者 半田晴久(深見東州
法人番号 4010405005837
目的 「スポーツの力」による社会福祉支援、国際親善
本部 東京都港区南青山一丁目4番2号
公用語 日本語
会長 半田晴久(深見東州)
提携 国連「文明の同盟」ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジア[1]
関連組織 日本ブラインドゴルフ振興協会世界ブラインドゴルフ協会
ウェブサイト http://www.isps.or.jp

一般社団法人 国際スポーツ振興協会(こくさいスポーツしんこうきょうかい、International Sports Promotion Society、略称:ISPSISPS HANDA)は、半田晴久(新宗教ワールドメイト教祖の深見東州)が会長を務める日本のスポーツ振興団体。スポーツの社会貢献、とくに、障がい者スポーツの振興を標榜して設立された。賞金総額2億円以上のISPSハンダグローバルカップなど多額のスポンサー契約を多数締結しているほかブラインドゴルフやシニアゴルフ、シニアスポーツインストラクターの育成等の国際的な支援・運営をしている[2]。公益財団法人東京都体育協会加盟団体[3]。また、いわゆるマイナー競技にもスポットを当てた支援を行う[4]

歴史[編集]

2006年10月30日に「有限責任中間法人国際スポーツ振興協会」として設立登記される。「有限責任中間法人」の名称が廃止される法律改正[5]に伴い2008年12月1日から「一般社団法人国際スポーツ振興協会」に改称される。

活動[編集]

ゴルフ[編集]

障害者ゴルフブラインドゴルフを推進し[9]、世界各国のゴルフ団体と協力して多くの大会で運営支援や資金支援を行っている。支援大会では、プロアマ戦にブラインドゴルファーを招待し、賞金の一部を福祉活動に寄付するフィランソロピー大会としている。これは、「チャリティーフィランソロピーは、ゴルフ文化の奥にある重要な要素である」という半田の考えによるものであり、また、パラリンピックに障害者ゴルフが採用されることを願って行っている[6]

冠大会として国際スポーツ振興協会の略称「ISPS」や会長の姓「HANDA」、「ISPS HANDA」を冠した大会名も多い。例えば、ゴルフのワールドカップ2013年は国際スポーツ振興協会が冠スポンサーとなり『ISPSハンダワールドカップゴルフ』という名称となっている[10][11][12]

ISPSが特別協賛をした「第6回PGA HANDA CUP フィランスロピーシニアトーナメント」(主催日本プロゴルフ協会)は、前年(2006年第5回PGAフィランスロピーリボーネストシニアオープン)と比べると賞金総額が5倍に増え、PGAシニアツアー初の「賞金総額1億円大会」となった。なお、この大会は2012年第11回よりISPS主催となり、2014年時点では「ISPS HANDA CUP フィランスロピーシニアトーナメント」として開催されている。

2015年6月に創設した「ISPSハンダグローバルカップ日本ゴルフツアー機構)」では、半田の意向により、日本プロゴルフ界のグローバル化を目指し、海外の5大ツアーからメジャー13選手と若手選手を招聘し、初の英語解説による海外でのゴルフ番組配信を行う。また、テレビ番組放映に加え、Ustreamでのライブ配信も行う。優勝者には、グリーンジャケットならぬ、「グリーン羽織」が進呈される。

2016年6月からパートナーシップを結んだISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアでは、全ての主催大会がヨーロピアンツアーとの共同開催となる[1][13]

国別対抗戦[編集]

名称 ツアー 開催国
ISPSハンダワールドカップゴルフ PGAツアー 2013年 オーストラリアの旗 オーストラリア
ハンダカップ レジェンズツアー 2006年(第1回)- 現在 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
HANDA CUP 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権 日本高等学校ゴルフ連盟、韓國中学・高等学校ゴルフ聯盟 2010年(第9回)- 現在 日本の旗 日本

プロトーナメント[編集]

名称 ツアー 開催国 備考
ISPSハンダマッチプレー選手権 日本ゴルフツアー機構 2015年(第1回) - 現在 日本の旗 日本 主催
ISPSハンダ・パース・インターナショナル ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアヨーロピアンツアー 2012年(第1回)- 現在 オーストラリアの旗 オーストラリア
ISPSハンダ・ウェールズオープン ヨーロピアンツアー 2012年 - 現在 ウェールズの旗 ウェールズ
ISPSハンダPGAシニアチャンピオンシップ ヨーロピアンシニアツアー 2012年 - 現在 ヨーロッパ
ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン ALPGツアー欧州女子ゴルフツアー 2012年 - 現在  ニュージーランド
ISPSハンダ・レディス・ヨーロピアン・マスターズ 欧州女子ゴルフツアー 2012年(第1回)- 現在 イングランドの旗 イングランド
ISPS HANDA CUP フィランスロピーシニアトーナメント PGAシニアツアー 2012年(第11回)- 現在 日本の旗 日本 主催
BMW ISPS HANDA New Zealand Open ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアヨーロピアンツアー 2016年(第12回)- 現在 オーストラリアの旗 オーストラリア
ザ・ネルソン・マンデラチャンピオンシップ presented by ISPSハンダ サンシャインツアーヨーロピアンツアー 2012年(第1回)- 2013年  南アフリカ共和国
ハンダ・ファルド・カンボジアンクラシック アジアンツアー 2012年 カンボジアの旗 カンボジア
ISPSグローイングシニアオープンハンダ熱血シリーズ 第1〜5戦 PGAシニアツアー 2012年 日本の旗 日本 主催
ISPS HANDA CUP シニアマスターズ PGAシニアツアー 2010年(第1回)- 日本の旗 日本 主催
ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン ALPGツアーLETLPGAツアー 2010年 - 現在 オーストラリアの旗 オーストラリア
ハンダ・アイリッシュ・シニアオープン ヨーロピアンシニアツアー 2010年 アイルランドの旗 アイルランド
ISPSハンダ・レジェンズツアー・オープンチャンピオンシップ レジェンズツアー 2007年 - 2012年 オーストラリアの旗 オーストラリア
ハンダ・オーストラリアン・シニアオープン ゴルフオーストラリア 2007年 - 2012年 オーストラリアの旗 オーストラリア
ハンダ・シンガポール・クラシック アジアンツアー 2007年 シンガポールの旗 シンガポール

アマチュア・ジュニア・混合[編集]

名称 ツアー 開催国 備考
ISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップ 2017年4月24-25日 日本の旗 日本 主催
ISPSハンダグローバルチャレンジカップ JGTOチャレンジトーナメント 2015年 - 現在 日本の旗 日本 主催
ISPS HANDA CUP フィランスロピーシニアトーナメントハンダ熱血枠決定戦 JGTOチャレンジトーナメント 2015年 - 現在 日本の旗 日本 主催
ISPS ハンダ・大江戸八百オープン JGTOチャレンジトーナメント 2016年5月24-25日 日本の旗 日本 主催
ISPS・CHARITY チャレンジトーナメント[14][15] JGTOチャレンジトーナメント 2013年6月5日-7日 日本の旗 日本 主催
ISPSハンダ・ヒーローズ LPGAツアー 2012年 - 現在 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
HANDA CUP 日本プロゴルフ グランドシニア・ゴールドシニア選手権大会 PGAシニアツアー 2007年、2009年 日本の旗 日本
ハンダ・オーストラリアカップ オーストラリアPGAツアー 2006年 - 2011年 オーストラリアの旗 オーストラリア
ハンダ・ジュニア・マスターズ ゴルフオーストラリア 2009年、2011年 オーストラリアの旗 オーストラリア
HANDA CUP 技ありトーナメント JGTOチャレンジトーナメント 2010年7月 日本の旗 日本 主催
Handa Cup プロミシングゴルファーズトーナメント〜アンダー30〜[16] 2010年8月10-12日 日本の旗 日本 主催
中国職業高尓夫球男子挑戦賽 半田友愛杯 中国ゴルフ協会 2010年 中華人民共和国の旗 中国
ハンダカップ・インターナショナル 日本FOSゴルフ指導者協会 2009年 中華人民共和国の旗 中国
HANDA CUP 全日本ゴルフ指導者プロアマ・オープン競技会 日本ゴルフ指導者協会 2006年(第1回)-現在 日本の旗 日本 主催

障害者ゴルフ(ブラインドゴルフ)[編集]

名称 ツアー 開催国 備考
ISPSハンダ・世界ブラインドゴルフチャンピオンシップ 世界ブラインドゴルフ協会 2014年 - 現在 オーストラリアの旗 オーストラリア
PGA HANDA CUP・フィランスロピー障害者ゴルフ大会[17] 日本プロゴルフ協会 日本の旗 日本
スポーツ祭東京2013 デモスポ障害者ゴルフ 第13回全国障害者スポーツ大会におけるデモンストレーション[18] 2013年 日本の旗 日本 共催
2012 ぎふ清流大会障害者ゴルフ 第12回全国障害者スポーツ大会[19] 2012年10月14日 日本の旗 日本 共催

ボウリング[編集]

ゴルフ同様にボウリング大会でも数多くの大会の支援を行っており、「HANDA CUP」の名を冠した冠大会も多い。

例えば、全日本プロボウリング選手権大会日本プロボウリング協会が主催で開催されていたが、2007年度大会から国際スポーツ振興協会が共催となり、「HANDA CUP 全日本プロボウリング選手権大会」、「HANDA CUP 全日本女子プロボウリング選手権大会」となっている。

国際スポーツ振興協会が単独主催した大会は無く、以下、共催した大会を記す。

主催団体 名称 期間
日本プロボウリング協会 HANDA CUP 全日本プロボウリング選手権大会[20] 2007年(第41回)- 現在
日本プロボウリング協会 HANDA CUP 全日本女子プロボウリング選手権大会 2007年(第39回)- 現在
日本プロボウリング協会 HANDA CUP・シニアレディースボウリングトーナメント 2008年(第1回)- 現在
日本プロボウリング協会 HANDA CUP・フィランスロピープロボウリングトーナメント 2009年(第1回)- 現在
日本プロボウリング協会 HANDA CUP・フィランスロピー女子プロボウリングトーナメント 2009年(第1回)- 現在
日本プロボウリング協会 HANDA CUP・プロボウリングマスターズ 2010年(第1回)- 現在
ジャパンレディースボウリングクラブ HANDA CUP・プラチナレディースボウリングトーナメント 2009年(第1回)- 現在

サッカー[編集]

2014年7月から、南アフリカ共和国プレミアサッカーリーグに加盟するムプマランガ・ブラック・エイシズFCのスポンサーとなっている[21]

2016年12月より、ニュージーランドフットボールのチャタムカップのスポンサーとなっている[7]

2017年より、Jリーグ東京ヴェルディ1969の胸スポンサーとなっている[8]

スポーツ平和サミット[編集]

2013年7月18日〜19日の二日間にわたって開催されたスポーツ平和サミット東京大会を共催した[22]。世界16か国からトップアスリートや研究者が集い、「スポーツは、人間の調和がとれた発育に役立つものであり、そして平和な社会を確立し、奨励するもの」をテーマに活発な討論を行った[23]

国連『文明の同盟』と提携[編集]

2014年5月22日-23日に、ニューヨーク国際連合本部ビルで開催された、第三回スポーツ平和サミット(平和と発展のためのスポーツサミット World Sports Values Summit for Peace and Development)[24]において、第三回大会の主催団体である国連『文明の同盟』との提携が、発表された[25]。国連『文明の同盟』は、スポーツの力を活用して平和と発展を推進するため、スポーツを通じたプラットフォームづくりと、国連《2015年後の開発目標》にスポーツを活用するための2つの共同プロジェクトに合意した[25]。これらの活動を推進するため、国際スポーツ振興協会と提携し、スポーツの力を異文化コミュニケーションを深める手段として開発していく[25]

野生生物保護団体「Tsuk」と提携[編集]

2016年9月22日に、第17回ワシントン条約会議にさきがけて、野生生物保護団体「Tsuk」の拠点があるロンドンと東京と「第17回ワシントン条約会議」開催地の南アフリカを衛星中継で結び、「タイム・フォー・チェンジ」レセプションパーティーを開催した[26]。講演で、半田晴久やウィリアム王子らは、ゾウやサイの密猟と違法売買による乱獲からの保護を訴えた[26]。ウィリアムは王子はTuskのパトロンであり、国際スポーツ振興協会と提携して、絶滅の危機にひんする動物の保護活動を行っている[26]

組織[編集]

役員
代表理事・会長
半田晴久(設立-)
副会長
半田脩時[27]
理事
前島英三郎栗本慎一郎(以上、2010年10月-)他
名誉会長
ジョージ・ケアリー
所属プロ
ゴルフ
谷原秀人藤本佳則横山明仁酒井美紀[28]、中山智[29]小林旭[30]
ボウリング
鈴木理沙
インターナショナルアンバサダー(スポンサー契約[31]
イアン・ポールターローラ・デービースシャール・シュワーツェルリディア・コキャシー・ウィットワースジャン・スティーブンソンジェーン・ブラロック酒井美紀藤本佳則井戸木鴻樹

テレビ放映[編集]

ゴルフ[編集]

ボウリング[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c ISPS HANDA PGA Tour of Australasia”. ISPS HANDA PGA Tour of Australasia (2013年). 2016–06-11閲覧。
  2. ^ はとやま通信 2012年9・10月号 (PDF)”. 鳩山由紀夫総連合後援会 (2012年10月). 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ 公益財団法人東京都体育協会加盟競技団体等一覧表”. 東京都 (2013年3月1日). 2014年3月31日閲覧。
  4. ^ a b “続・アカスリ半田劇場3”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2014年8月13日) 
  5. ^ 公益法人制度改革参照
  6. ^ a b “続・アカスリ半田劇場2”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2014年7月20日) 
  7. ^ a b MEET THE OPERA-SINGING MILLIONAIRE JAPANESE SHINTO PRIEST ABOUT TO INVEST IN NZ FOOTBALL, December 12, 2016
  8. ^ a b 国際スポーツ振興協会(ISPS HANDA)とのコーポレートパートナー契約締結のお知らせ”. 東京ヴェルディ1969 (2017年1月10日). 2017年1月10日閲覧。
  9. ^ “ISPS Handa and LET sign new agreement”. Golf Monthly (Time Inc. (UK) Ltd.). (2014年12月1日). http://www.golf-monthly.co.uk/news/tour-news/isps-handa-let-sign-new-agreement-61839 2014年12月8日閲覧。 
  10. ^ “ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーに”. ParGolf (Pargolf & Company). (2013年9月11日). オリジナル2013年9月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130912021124/http://www.pargolf.co.jp/tour/close-up/102645 
  11. ^ “ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーに”. ゴルフダイジェスト (ゴルフダイジェスト社). (2013年9月11日). オリジナル2013年9月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130912021448/http://news.golfdigest.co.jp/news/article/46097/1/ 
  12. ^ “ISPS、11月の男子ゴルフW杯に協賛”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年9月12日). オリジナル2013年9月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130912022243/http://www.sanspo.com/golf/news/20130912/dom13091205010000-n1.html 
  13. ^ ISPS HANDA 資料 (PDF)”. 国際スポーツ振興協会 (2016年). 2016–06-11閲覧。
  14. ^ ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント 2012”. 日本ゴルフツアー機構 (2012年). 2014年3月31日閲覧。
  15. ^ ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント 2013”. 日本ゴルフツアー機構 (2013年). 2014年3月31日閲覧。
  16. ^ MONTHLY JAPAN GOLF TOUR NEWS LETTER (PDF)”. 社団法人 日本ゴルフツアー機構 (2010年9月). 2014年3月31日閲覧。
  17. ^ PGA HandaCup・フィランスロピー障害者ゴルフ大会が終了”. 公益社団法人 日本プロゴルフ協会 (2013年). 2014年3月31日閲覧。
  18. ^ スポーツ祭東京2013 デモスポ障害者ゴルフ申込み方法”. スポーツ祭東京2013. 2014年7月4日閲覧。
  19. ^ ぎふ清流大会ゴルフオープン大会”. ぎふ清流大会ゴルフオープン大会. 2014年3月31日閲覧。
  20. ^ HANDA CUP 第47回全日本プロボウリング選手権大会”. 公益社団法人 日本プロボウリング協会 (2013年). 2014年3月31日閲覧。
  21. ^ ISPS Handa - new Aces sponsor”. Mpumalanga Black Aces Football Club (2014年7月). 2014年8月16日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ 主催者ごあいさつ”. 国際スポーツ振興協会 (2013年7月). 2014年3月31日閲覧。
  23. ^ スポーツ平和サミット東京大会が開催-スポーツの力は無限大”. 公益財団法人日本プロゴルフ協会 (2013年7月19日). 2014年3月31日閲覧。
  24. ^ World Sports Values Summit for Peace and Development (22—23 May)”. 文明の同盟. 2014年5月27日閲覧。
  25. ^ a b c “Remarks by H.E. Mr. Nassir Abdulaziz Al-Nasser United Nations High Representative for the UN Alliance of Civilizations At The World Sports Values Summit for Peace and Development”. 文明の同盟. (2014年5月22日). オリジナル2014年5月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140527074532/http://www.unaoc.org/2014/05/remarks-by-h-e-mr-nassir-abdulaziz-al-nasser-united-nations-high-representative-for-the-un-alliance-of-civilizations-at-the-world-sports-values-summit-for-peace-and-development/ 
  26. ^ a b c “ISPS・半田晴久会長「タイム・フォー・チェンジ」レセプションパーティー開催”. デイリースポーツ (日本経済新聞社). (2016–10-16) 
  27. ^ HANDA CUP 第41回全日本女子プロボウリング選手権大会”. 2014年8月23日閲覧。
  28. ^ 酒井美紀選手のプロフィール”. 公益財団法人日本ゴルフ協会. 2014年3月31日閲覧。
  29. ^ 中山智選手のプロフィール”. 日本ゴルフツアー機構. 2014年3月31日閲覧。
  30. ^ 冠大会となる「HANDA AKIRA CUP」(2009,2010)が開催され、大会会長を務めたこともある。
  31. ^ 「ISPSアンバサダーとしてISPSとのスポンサー契約」と明記されている[1]
  32. ^ 木村眞知子 (2010年). “専任教員の教育・研究業績”. 四日市大学. 2014年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]