ムプマランガ・ブラック・エイシズFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ムプマランガ・ブラック・エイシズ
原語表記 Mpumalanga Black Aces Football Club
愛称 アマザヨニ
ザ・ジオニスツ
クラブカラー 青・白
創設年 1937年
解散年 2016年
所属リーグ プレミアサッカーリーグ
ホームタウン ヨハネスブルグ
ホームスタジアム ムボンベラ・スタジアム
収容人数 40,929
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ムプマランガ・ブラック・エイシズ・フットボールクラブ英語: Mpumalanga Black Aces Football Club)は、プレミアサッカーリーグに加盟していた南アフリカ共和国サッカークラブである。ホームゲームは、ムプマランガ州で試合をすることが多いが、本拠地および練習地をヨハネスブルグにおいている。

沿革[編集]

1937年に酪農従事者たちによって設立され、2002年の国内1部リーグ・インランド・ストリームを14位で終了後、閉鎖された[1]。クラブ存続中は、ウクムバ・ブラック・エイシズ、ウィットバンク・ブラック・エイシズおよびスーパー・カール・エイシズなどとも呼ばれていた。

現在のクラブは、2代目の組織になる。ポロクウェインに本拠を置くシティ・ピラーズからリーグ・ライセンスを買収し、チームがリンポポからウィットバンクに売却された2007年に、南アフリカプレミアリーグに加盟した[2]。ライセンスは2006年に取得、チームは、2007/2008年シーズンから、ムプマランガ・ブラック・エイシズFCの名でリーグ戦に出場している[3]

2004年、二人の南アフリカ人ビジネスマン、ジョージ&マリオ・モーフォー兄弟が、ボーダコム・リーグ所属のクラブチーム、デンジャラス・ダーキーズを買収したが、チームのムベラ・ゴールデンリーグへの昇格は成らなかった。このボーダコムリーグチームが、モーフォー兄弟による買収後、2007年にエイシズ・アカデミーとなり、2011年には更にアマザヨニFCと改名した。2014年7月から、日本国際スポーツ振興協会が、スポンサーとなっている[4]

2016年、実業家のJohn Comitisがフランチャイズ権を購入。新たにケープタウン・シティFCを設立し、本拠地をケープタウンへと移動。本クラブの歴史に幕を閉じた。

過去の成績[編集]

  • ボブ・セイブ・スーパー・ボウル優勝:1993年
  • BPトップ・エイト・カップ優勝:1980年
  • PSL昇格/降格プレーオフ優勝:2008/09、2012/2013

クラブ記録[編集]

  • 通算最多先発出場:パーシー・ンシュマロ 286
  • 通算最多ゴール:パーシー・ンシュマロ 64
  • 1シーズン最多先発出場:ジョセフ・シビヤ 41 (1992年)
  • 1シーズン最多ゴール:ヨハネス・シリ 19 (1992年)
  • 最多得点試合:6-0 対ロイヤル・タイガース (1994年9月20日 リーグ戦)
  • 最多失点試合:1-7 対ヘレニック (1997年5月28日 リーグ戦)

プレミアリーグ記録[編集]

  • 2010-11:16位(降格)
  • 2009-10:15位
  • 1996-97:18位(降格)

歴代監督[編集]

出典[編集]

  1. ^ South Africa 2001/02、2014年8月16日閲覧。
  2. ^ Cup of dreams may be overflowing、2008年4月16日、2014年8月16日閲覧。
  3. ^ South Africa 2007/08、2014年8月16日閲覧。
  4. ^ ISPS Handa - new Aces sponsor”. Mpumalanga Black Aces Football Club (2014年7月). 2014年8月16日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]