国際縄文学協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際縄文学協会(こくさいじょうもんがくきょうかい、: International Jomon Culture Conference IJCC)は、縄文人の豊かな文化を世界の人々に理解を進め、現代社会における重要性の認識をたかめるために設立された日本のNPO法人。正式名称は、特定非営利活動(NPO)法人国際縄文学協会。

2002年(平成14年)7月23日に正式に発足し、2003年(平成15年)4月28日に東京都により認証された。所在地は東京都港区西新橋一丁目17番15号 北村ビル2階(〒105-0003)。

主な活動内容[編集]

  • 会報誌『縄文』の発行(年1回)
  • 学術誌(紀要)の発行
  • 講演会・セミナー・縄文祭り等のイベント開催
  • 世界各地の遺跡・博物館巡り旅行企画
  • 図書資料室「縄文」の運営

既刊行物[編集]

  • 『縄文ジャーナル』Vol.1~6 (2003~2005年)
  • 会報誌『縄文』1~26号(2002~2015年現在)
  • 『紀要』学術誌。日本語・英語で紹介された縄文研究の概要。
  • 『JOMON』Vol.1~4(2011~2015年現在)上に同じ。

 

図書資料室「縄文」[編集]

国際縄文学協会は約1万冊の蔵書をもとに、交流の場として図書資料室「縄文」を設けている。また、不定期で「縄文塾」を図書資料室内で開催している。

縄文時代をはじめ、考古学に関する書物、国内博物館の図録、海外の大学・研究所の紀要などを保管。室内のすべての蔵書を国際縄文学協会会員はもちろん、だれでも自由に閲覧できる。

国際縄文学協会講演会・特別記念講演会[編集]

2004年[編集]

  • 第1回国際縄文学協会講演会-講師:小山修三(元国立民族学博物館名誉教授・千里文化財団理事長)
  • ゲスト栗本慎一郎(経済人類学者)・秋山豊寛(ジャーナリスト・元宇宙飛行士)・KNOB(ディジュリデゥ奏者)演奏 

2005年[編集]

  • 第2回国際縄文学協会講演会- 講師:安田喜憲(国際日本文化研究センター教授)

2006年[編集]

2007年[編集]

  • 特別講演会 - 講師:エリ・コーヘン 元イスラエル大使

テーマ:日本文化と日本の品格について-「2011年エルサレム縄文展」を開く意義

  • 失われたイスラエル10支族調査機関「アミシャーブ」来日記念 ラビ エリヤフ アビハイル講演会 - 講師:ラビ エリヤフ アビハイル
  • 第4回総会特別記念講演会 - 講師:土肥孝(元文化庁文化財部美術学芸課 主任文化財調査官)
  • 第4回国際縄文学協会講演会(縄文祭り2007) - 講師:中沢新一多摩美術大学人類学研究所所長)

2008年[編集]

  • 第5回総会特別記念講演会 - 講師:小田静夫(東京大学総合研究博物館協力研究員)
  • 第5回国際縄文学協会講演会(縄文祭り2008) - 講師:関野吉晴(探検家・人類学者・医師)

2009年[編集]

  • 第6回国際縄文学協会講演会(縄文祭り2009) - 講師:小林達雄國學院大學名誉教授)
  • 特別対談(縄文祭り2009) - 土肥孝(元文化庁主任調査官)×苅谷俊介(俳優)

2010年[編集]

  • 第7回国際縄文学協会講演会(縄文まつり2010)-講師:安田喜憲(環境考古学者)
  • パネルディスカッション(縄文まつり2010)パネリスト:安田喜憲×黄文雄(評論家)×ケビン・ショート(東京情報大学環境情報学科 教授・ナチュラリスト) コーディネーター:土肥孝 

縄文祭り[編集]

「縄文祭り」は、「縄文」の素晴らしさと大切さを多くの人に知ってもらうことを目的とした、国際縄文学協会主催の都内最大級のイベントである。2007年~2010年まで毎年開催された。

縄文祭り2007(杉並公会堂 大ホール)[編集]

平成19年9月15日に開催され、中沢新一キリロラ☆などが出演した。会場には協会会員をはじめ800人を超える人が参加。国際縄文学協会主催としては最大規模のイベント。

  • 第4回国際縄文学協会講演会 - 講師:中沢新一「環太平洋における神話と生活」
  • スペシャルライブ - キリロラ☆「ようこそおもいだすとき」
  • 縄文ストレッチ体験

縄文祭り2008(東京江戸博物館 大ホール)[編集]

平成20年10月26日に開催。講演会、ライブイベントなどで大盛況となった。 関野吉晴、堀真由美、東京楽竹団などが出演した。

  • 第5回国際縄文学協会講演会 - 講師:関野吉晴(探検家・人類学者・医師)「日本列島に来た人々」
  • スペシャルライブ - 東京楽竹団(足本美代子、岩附智之、大橋エリ、山崎史子)
  • 堀真由美の縄文ストレッチ「眠った筋肉を目覚めさせよ」
  • 特別書道展示 - 企画:西垣内江春(八月書芸会主宰)「縄文の芽」

縄文祭り2009(東京江戸博物館 大ホール)[編集]

平成21年10月17日に開催。 小林達雄土肥孝苅谷俊介、宇々地(古代土笛/太鼓/他)、多麻美、和太鼓タヲ、伊藤虹(舞踏)、キリロラ☆、堀真由美などが出演した。

  • 第6回国際縄文学協会講演会 - 講師:小林達雄國學院大學名誉教授)「考える縄文」
  • 特別対談 - 土肥孝(前文化庁主任調査官)×苅谷俊介(俳優) テーマ「土偶」
  • スペシャルライブ - 宇々地、多麻美、和太鼓タヲ、伊藤虹、キリロラ☆
  • 堀真由美の縄文ストレッチ「眠った筋肉を目覚めさせよ」
  • 特別書道展示 - 企画:西垣内江春(八月書芸会主宰)「縄文の蕾」

縄文祭り2010(東京江戸博物館 大ホール)[編集]

平成22年9月19日、「縄文の森」をテーマに、縄文時代の自然環境と現代の危機を焦点に開催された。

  • 第7回国際縄文学協会講演会-講師:安田喜憲(環境考古学者)

「奪われる日本民族の歴史と日本の森:日本人の魂が泣いている」

  • パネルディスカッション-パネリスト 安田喜憲×黄文雄(評論家)×ケビン・ショート(東京情報大学環境情報学科 教授・ナチュラリスト) コーディネーター:土肥孝 テーマ「森と川(川・湖沼・海)-縄文時代の自然環境-」
  • 縄文ライブ-東京楽竹団「竹林の響き」
  • 縄文ストレッチ-倉富和子(国際倉富縄文心導主宰)、綿引真由美「タイムラインに乗ってDNAから目覚めさせよ」
  • 国際縄文学協会奨励賞授賞式-受賞者 倉富和子
  • 国際縄文学協会会員企画-「縄文の森 三ツ池」へようこそ(縄文人になろう会企画)

全国講演会・シンポジウム[編集]

2011年から、全国各地で講演会・シンポジウムを通じて「縄文」を発信。

  • 京都 関西縄文文化講演会・シンポジウム 「自然災害に備えて、縄文から学べること」

 講師:松田真一(天理大学附属天理参考館特別顧問)「関西における近年の縄文遺跡調査の成果」  パネリスト:松田真一 上田篤(建築学者) 渡辺豊和京都造形芸術大学教授) 森川昌和(鳥浜貝塚の発掘者)

  • 四国 四国縄文講演・シンポジウム 「“四国の縄文文化”について語る」

丹羽佑一(香川大学名誉教授) 「四国の縄文文化」 平石知良(縄文文化研究家)「足摺岬巨石群」 池田整治(作家)「縄文からのメッセージ」

  • 北海道 函館縄文講演会 

小林達雄國學院大學名誉教授)「世界文化遺産と函館の縄文文化」 阿部千春(元函館市縄文文化交流センター館長)「函館の縄文文化と学び観光」

  • 四国 第2回四国縄文講演

 丹羽佑一(香川大学名誉教授)「縄文時代の祭り」  五藤孝人(小学校教諭・大洲市立博物館運営委員)「古層のカミガミと巨石文化」  

  • 東京 縄文講演・シンポジウム 「原発列島か縄文の森日本列島か」

 講師:上田篤(建築学者・京都精華大学教授)「縄文の森-日本人はどのように災害をむきあってきたか?」  パネリスト:神部四郎次(修成建設専門学校ガーデンデザイン学科非常勤講師)他

  • 沖縄 縄文講演

 講師:小田静夫(沖縄考古学会会員)「考古学からウチナーンチュの故郷を探る」

  • 沖縄 第2回縄文講演

 講師:木村政昭([[琉球大学])名誉教授・理学博士]「与那国島の海底遺跡」

その他[編集]

  • 緊急特別企画 講演会・シンポジウム 「自然災害に備えて、縄文から学べること」

 講師:上田篤(建築学者・京都精華大学教授)  パネリスト:上田篤 小林達雄國學院大學名誉教授) 石飛仁(ノンフィクション作家)

  • 国際縄文学協会共催 講演・シンポジウム

 「原発問題を考える」講師:上田篤(建築学者・京都精華大学教授)今井一(ジャーナリスト)西垣内堅佑(弁護士・国際縄文学協会代表理事)

縄文文化セミナー[編集]

2002年(平成14年)~2008(平成20年)

  • 関俊彦(東京都大森貝塚保存会会長「モースと大森貝塚(1)(2)」「アメリカ先住民の生活から縄文人の姿を追求する」「縄文世界をさぐるにあたり」
  • 田中基(多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員)「人と食物の贈与についての縄文人の世界像」「宗教的施設としての縄文時代の巨木列柱」
  • 堀越正行(元市立市川考古博物館館長)「東京湾縄文貝塚(1)(2)」
  • 安孫子昭二(元東京都教育委員会学芸員)「環状集落から環状積石へ-縄文集落の景観と死生観-」「遮光器土偶の曙光」
  • 武藤雄六(元井戸尻考古館館長)「フォッサ・マグナと翡翠 -縄文人の岩石を見る眼差し-」
  • 小田静夫(沖縄考古学会会員)「スンダランド水没と列島の縄文文化のはじまり-南九州の縄文草創期と海上の道-」
  • 釼持輝久(「三浦半島の縄文貝塚から見た狩猟・漁撈(1)(2)」
  • 萩原秀三郎(民族学者)「日月を放つ縄文の巨木柱列」「縄文人の霊魂観」「カミの発生と縄文」
  • 小野正文(甲州市教育委員会文化財指導監)「山梨県・釈迦堂遺跡(縄文中期)の意義」
  • 新津健(元山梨県埋蔵文化財センター所長)「八ヶ岳南碌・金生遺跡(縄文後・晩期)の意義」「金生遺跡について(1)(2)」
  • 久保田正寿(元青梅市立博物館館長)「実験考古学(1)縄文土器づくり」「実験考古学(2)石器づくり」
  • 秋元信夫(鹿角市教育委員会)「秋田県大湯環状列石について」
  • 江原英((公財)とちぎ未来づくり財団埋蔵文化財センター)「栃木県寺野東遺跡について-環状盛土遺構-」
  • 井上雅孝(滝沢村埋蔵文化財センター)「岩手県湯舟沢ストーンサークルについて」
  • 斎藤守弘(神話学研究者)「ストーンサークルと縄文至高神の存在」
  • 土肥孝(元文化庁主任調査官)「縄文時代抽象紋考」
  • 秋山豊寛(ジャーナリスト・元宇宙飛行士)「スティーヴン・ミズン著『心の先史時代を読む』」
  • 佐々木広幹駒沢大学名誉教授)「シャーマニズムについて 著書『シャーマニズム』」
  • 保坂幸博(東海大学非常勤講師)「日本の自然崇拝、西洋のアニミズム 著書『日本の自然崇拝 西洋のアニミズム』」
  • 町田宗鳳広島大学大学院総合科学研究科教授)「山の霊 著書『山の霊力』」
  • 植田文雄(佛教大学歴史学部講師・滋賀県立琵琶湖博物館特別研究員)「天の神、地の霊-縄文のまつりについて」
  • 蛭川立明治大学情報コミュニケーション学部准教授)「縄文文化のシャーマニズム」
  • 五十嵐ジャンヌ(早稲田大学オープン教育センター非常勤講師)「ヨーロッパ先史時代の美術」
  • ピーターJ.マシウス(国立民族学博物館民俗社会研究部准教授)「縄文時代のサトイモの栽培-現代の作り話か、考古学的真実か?」
  • 藤雄慎一郎国立歴史民俗博物館考古研究系助教授)「世界史のなかで縄文を捉えなおす」
  • 竹岡俊樹共立女子大学非常勤講師)「旧石器捏造事件について」
  • 佐々木藤雄(共同体研究会代表)「日本の縄文学(先史考古学)の問題点と展望
  • 清水久男(大田区郷土博物館学芸員)「トイレから見る先史時代」
  • 渡邊欣雄國學院大學文学部日本文学科〈伝承文学専攻〉教授)「沖縄風水史」
  • 橋本真紀夫(パリノサーベイ株式会社取締役調査研究部長)「沖縄の自然と考古学遺跡」
  • 米澤容一(東南アジア考古学会会員 株式会社四門)「先史時代の台湾」
  • 鈴木隆雄(東京都老人総合研究所所長)「縄文時代の病気」
  • 戸田哲也(玉川文化財研究所所長)「近年の縄文貝塚研究」
  • 海部陽介(国立科学博物館人類研究部室長)「骨から見た縄文人と現代日本人」
  • 田中基(元どるめん編集長)「仮面来訪神 スサノオ神話 - 縄文後期の仮面装着土偶について - 」
  • 小田静夫(東京大学総合研究博物館協力研究員)「謎の先史文化 - 小笠原の考古学 - 」
  • 有賀訓(東南アジア考古学会会員 株式会社四門)「台湾先史巨石文化の広がり」
  • 中西真彦(産業NPOグループ会長、早稲田大学理工学総合研究センター顧問)「縄文時代こそ日本文明の母なる大地である」

2010年6月から 縄文文化セミナーから特別セミナーに名称を変更。

縄文特別セミナー[編集]

2010年

土肥孝東洋大学大学院講師)「縄文時代社会の変遷-土器を重視する狩猟・採集民」

  • 関俊彦(東京都大森貝塚保存会会長)「縄文学の成果とトピックス」

縄文塾[編集]

平成23年(2011年)より縄文塾開講。

2011年[編集]

  • 土肥孝(東洋大学大学院講師)「縄文と弥生-朝鮮半島・沿海州の縄文土器-」
  • 秋山眞人(国際気能法研究所代表)「東京の縄文 パワースポットを追って」
  • 関俊彦(東京都大森貝塚保存会会長)「ドングリとシャケ-縄文の自然環境-」
  • 長浜浩明(建築家・国際縄文学協会会員)「日本人ルーツの謎を解く-過てる縄文・弥生観に終止符を打つ!-」
  • 廣瀬雄一(名護屋城博物館学芸員)「朝鮮半島の中の縄文文化」
  • 中矢伸一(日本弥栄の会 代表)「縄文サンクチュアリ」
  • 石飛仁(出雲古代史研究家・劇作家・演出家)「縄文出雲古代序説-オオクニヌシは縄文最後の大王だった-」

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

縄文未来塾[編集]

平成25年(2013年)より「縄文塾」に加え、「縄文未来塾」をスタート。これまでの考古学研究の講師による「縄文塾」と、多方面の分野の講師を招き様々な角度から縄文をみる「縄文未来塾」を並行して行なっている。現在は不定期で開催。

  • 第1回縄文未来塾-
  • 第2回縄文未来塾-長浜浩明(建築家・国際縄文学協会会員)「古代日本『謎』の時代を解き明かす」
  • 第3回縄文未来塾-斎藤守弘(神奈川歴史研究会顧問)「国宝土偶『縄文ビーナス』を解読する」
  • 第4回縄文未来塾-菅田正昭(民俗宗教史家・離島政策文化フォーラム代表)「縄文の女神を探る」
  • 第5回縄文未来塾-千賀一生(舞踊家)・田口ランディ(小説家・エッセイスト)「縄文時代がやってきた」
  • 第6回縄文未来塾-澤野大樹(情報誌INTUITION 執筆主幹)「今こそ縄文スピリットに回帰する時代」
  • 第7回縄文未来塾-柄谷行人(哲学者・元近畿大学国際人文科学研究所所長・コロンビア大学比軸文学科教授)「イソノミアと縄文人」
  • 第8回縄文未来塾-松尾みどり(ヒーリング・アーティスト)「霊魂を恐れる日本人の意識の謎」
  • 第9回縄文未来塾-夏目祭子(作家・聖なる性の語り部)「縄文時代の「聖なる性」感覚を探る」

縄文講座[編集]

2012年4月~7月(全7回)

  • 講師:小田静夫(当協会顧問・沖縄考古学会会員)先史人類学入門:テーマ「先史人類の生活と文化」

2013年10月~11月(全2回)

2014年5月~8月(全4回)

国際縄文学協会主催ツアー[編集]

2005年

  • 第1回縄文と同時代をめぐる旅 ~ミノア文明発祥の地 クレタ島と神々の都アテネの旅~
  • 第1回縄文ツアー ~八丈島~

2006年

  • 第2回縄文ツアー ~沖縄先史文化を巡る旅 美ら島紀行~

2008年

  • 第2回縄文と同時代をめぐる旅 ~台湾先史文化に触れる~

2011年

  • 第3回縄文ツアー ~沖縄先史文化を巡る旅 美ら海紀行II~

2012年

  • 第4回縄文ツアー ~九州 鹿児島・種子島考古学の旅~
  • 第5回縄文ツアー ~石垣島・与那国島・竹富島 沖縄3島を巡る先史文化を探る旅~

見学会・イベント[編集]

2013年

  • 縄文in淡路島

多くの縄文遺跡があり、海と山に囲まれた淡路島。東経135度ラインが通っており、大きなパワーをもつことでも有名。この地で、語り、唄い、縄文時代の復活を感じる淡路島イベントを開催した。

    • 講演:丹羽佑一(香川大学名誉教授)-「淡路島の縄文」
    • パネルディスカッション「淡路島、木々の神話」 パネリスト:丹羽佑一、千賀一生 他-
    • 屋外イベント-わの舞+キリロラ☆の「オノコロボイス」

2014年

  • 夏休み!親子で大森貝塚遺跡見学会
  • 山梨県諏訪原遺跡 発掘調査見学会

会員制度[編集]

会員には、一般会員・賛助会員・特別賛助会員の三種類があり、いずれも個人あるいは団体として入会できる。

奨学生制度[編集]

国際縄文学協会奨学生制度は、縄文時代の研究成果を世界へ発表するとともに各国の人々との交流を深め、自然環境と人間との共生に貢献できる若手研究者を助成することを目的として、文化芸術活動を広く支援する当協会会長半田晴久の提起により2003年に発足した。

奨学生は英国ノリッジ市セインズベリー日本藝術研究所で、研究員として様々な調査や活動に参加。2009年には大英博物館で開催された「土偶展」のプロジェクトの一員として準備に携わった。

現在まで、5名の奨学生をイギリスにあるセインズベリー日本藝術研究所へ送り出している。

役員[編集]

外部リンク[編集]