カンボジア大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンボジア大学
សាកលវិទ្យាល័យកម្ពុជា
University of Cambodia
設立年 2003年6月23日
理事長 半田晴久
学長 カオ・キム・ホルン
学生数 5,000名
所在地 カンボジア王国
カンボジアの旗 カンボジアプノンペンSleng Roleung Village, Sangkat Toek Thla, Khan Sen Sok, P.O. Box 917,
北緯11度33分17秒 東経104度55分42秒 / 北緯11.55472度 東経104.92833度 / 11.55472; 104.92833座標: 北緯11度33分17秒 東経104度55分42秒 / 北緯11.55472度 東経104.92833度 / 11.55472; 104.92833
キャンパス 2箇所
有名なチーム UC
所属 ACC(英語)
ウェブサイト www.uc.edu.kh
テンプレートを表示

カンボジア大学(カンボジアだいがく、クメール語: សាកលវិទ្យាល័យកម្ពុជា、英称: University of Cambodia)は、カンボジアプノンペン特別市2003年に開学した私立大学。学長はカオ・キム・ホルン[1]で、総長は日本人の半田晴久神道新宗教ワールドメイト代表・深見東州)が務める[2]

概要[編集]

UCは2003年6月23日[3] にカンボジア王国総理大臣、創業者、カンボジア大学理事会理事長[4]のKao Kim Hourn博士[5] と、カンボジア王国顧問・国際芸術文化財団創設者兼会長[6]・カンボジア大学の学長[7] の半田晴久[8] によって創設された。UCはカンボジア王国政府[9] とカンボジア認定委員会(ACC)[10] の認定を受けており、カンボジア高等教育協会(CHEA) のメンバーでもある。 [11]

大学の標語は、「知識、知恵、明日のリーダーを追求する」である。[12] 大学の使命とビジョンは、分析問題解決スキルと批判的思考能力を開発、向上、改良することで、社会の中でリーダーシップの役割を果たすためにあらゆる年齢のカンボジア人を準備することに焦点を当てている。[13][14]

カンボジアの大学はアメリカのクレジットベースのシステムをモデル[15] として使用し、プログラムは英語の媒体 を通して教えられる。 2013年には、同じのようにUCプログラムを提供しているが、クメール語(カンボジア語)の言葉で教えられているクメールトラックが発足した。続いて、UCは既存の国際線の英語プログラムの名称を変更した。[16]

大学は、芸術、人文学部、教育学部、法学部、メディア・コミュニケーション学部[17] 科学技術学部、社会科学学部、テチョ・セン政府学校とインターナショナル・リレーションズ[18] 、トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネス(以前はマネージメン大学)[19] の8つのカレッジと学校を通じて、財団年度、準学士号、学士号、修士号および博士号プログラムを提供するよう組織されている。さらに、大学院の大学院は大学の大学院プログラム を監督している。[20]

UCは、大学のカレッジや学校と連携して、学術分野の研究と訓練を調整するための特定の研究所とセンターを設置している。[21] そして、大学は、研究高等研究所(IRAS)[22] 、研究開発機関(CRC)[23]、ASEAN研究センター(ASC)[24] 、スキル・キャリア開発センター(SCDC)[25] 、英語研究センター(CES)[26] 、英国研究センター、アジア・リーダーシップ・センター(ALC)[27] を運営している。さらに、大学は2005年5月にアジア経済フォーラム(AEF)[28] を始め、アジアの信仰開発対話(AFDD)を含む数多くのシンクタンクを設立した。[29]

カンボジア大学学生協会(UCSS)[30] 、カンボジア大学カンボジア赤十字クラブ(UCCRCY)[31] 、カンボジア大学討論クラブ(UCDC)[32][33] 、ユニバーシティ・オブ・ザ・ユニバーシティカンボジアスポーツクラブ[34] 、カンボディア大学同窓会(UCAA)[35] 、カンボジア園芸クラブ(UCHC)[36] の3カ所にある。また、スタッフ、教員、学生、学友、その他の特別貢献者からの定期的な寄付を含むUC Bulletinと呼ばれる独自の公式四半期のニュースレターを持っている。[37]

さらに、UCは、様々な国内外の機関、組織、業界リーダーとの間で、認定覚書を通じて数多くの正式な関係を維持している。[38]

アカデミック[編集]

カレッジと学校[編集]

カンボジアの大学には6つの大学と3つの学校がある。それは芸術、人文学部(CoAHL)、教育学部(CoE)、法学部(CoL)、メディアとコミュニケーション学部(CMC)、科学と 技術学部(CoST)、社会科学(CoSS)、テチョ・セン政府学校とインターナショナル・リレーションズ(TSS)、そして、トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネストニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネス(以前はマネージメン大学)[39] のような、大学では、さまざまな専攻分野で、準学士号、学士号、修士号および博士号プログラムを取得している。 Eduniversal によれば、その3つの修士課程のプログラムは、極東アジアの分野のトッププログラムの一部としてランクされている。[40]

芸術、人文学部(CoAHL)[編集]

4階のCoAHlのロゴ

カンボジア大学の芸術・人文・言語学部は、1つの準学士号(AA)、3つの学士号(BA)、1つの修士号(MA)の合計5つのプログラムを提供している。[41]

  • 準学士号学位:社会事業(国際とクメール語トラック)[42]
  • 学士号学位:アジア研究(国際トラック)、英語と文学(国際トラック)、社会事業(国際クメールトラック)。
    [43]
  • 修士号学位:英語を外国語として教える。[44]

教育学部(CoE)[編集]

5階のCoEのロゴ

カンボジア大学の教育学部は、1つの準学士号(AA)「46」、3つの学士号(BA),[45]、1つの修士号(MA)[46] 、 1つの博士号(PhD)[47] の合計6つのプログラムを提供している。[48]

  • 準学士号学位:教育科学
  • 学士号学位:教育、教育管理、カリキュラムの設計と教育
  • 修士号学位:教育管理[49]
  • 博士学位:教育管理[50]
5階のColのロゴ

法学部(CoL)[編集]

カンボジア大学の法学部は、3つの学士号(BA)、1つの修士号(MA)、 1つの博士号(PhD)の合計5つのプログラムを提供している。[51]

  • 学士号学位:法律、公法、民法[52]
  • 修士号学位:国際法[53]
  • 博士学位:国際法[54]
7階のCMCロゴ

メディアとコミュニケーション学部(CMC)[編集]

カンボジア大学のメディアとコミュニケーション学部は3つの学士号(BA)[55] の合計3つのプログラムを提供している。さらに、メディアコミュニケーション学部は8つの短期コース[56] を提供している。CMCは、メディアとコミュニケーション分野の学生の教育と学習の実践を支援する独自のメディアとコミュニケーション・システムを持つ、国内の唯一の大学によって設立された。近くの東南アジアのテレビ(SEATV)、東南アジアのラジオやFM 106、東南アジアの生産と提携している。

  • 学士号学位:メディアアートと研究、コミュニケーション研究とビジュアルコミュニケーション[57]

科学と技術学部(CoST)[編集]

6階のCoSTのロゴ

カンボジア大学の科学と技術学部は、1つの準学士号(AA)、3つの学士号(BA)、3つの修士号(MA)の合計7つのプログラムを提供している。[58]

  • 学士号学位:コンピュータサイエンス[59]
  • 修士号学位:コンピュータサイエンス、電子・電気通信、情報技術
  • 博士学位:コンピュータサイエンス、電子・電気通信、情報技術[60]

社会科学学部(CoSS)[編集]

6階のCossのロゴ

カンボジア大学の社会科学学部は、5つの学士号(BA)、3つの修士号(MA)、2つの博士号(PhD)の合計10つのプログラムを提供している。[61]

  • 学士号学位:開発研究、国際関係、政治学、行政、公共政策[62]
  • 修士号学位:開発研究、平和研究、政治学[63]
  • 博士学位:平和研究と政治学[64]

テチョ・セン政府学校とインターナショナル・リレーションズ(TSS)[編集]

10階のTSSのロゴ

カンボジア大学のテチョ・セン政府学校とインターナショナル・リレーションズ(TSS)は、12つの学位で、6つの修士号(MA)と6つの博士号(PhD)[65] を提供している。さらに、TSSは非団体の研究を行っている。[66] TSSは建物の10階にある。

  • 修士号学位:ASEAN研究(MAS)、外交と交渉(MDN)、国際関係(MIR)、行政(MPA)、公共経営(MPM)、公共政策(MPP[67]
  • 博士学位:ASEAN研究(DAS)、外交交渉(DDN)、国際関係(DIR)、行政(DPA)、公共経営(DPM)、公共政策(DPP)[68]

トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネストニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネス (以前はマネージメン大学)[編集]

8階のTFSBのロゴ

2017年5月10日、UC ビジネス学校は、AirAsiaグループのTony Fernandesグループ最高責任者の変わりに、トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネストニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネスに改称された。トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネスは、7つの準学士号(AA)、8つの学士号(BA)、8つの修士号(MA)、 1つの博士号(PhD)の合計24つのプログラムを提供している。 [69]

  • 準学士号学位:会計、経済学、金融と銀行業務、人事管理、マーケティング、マネジメント、組織開発
  • 学士号学位: 会計、経営管理、経済学、金融・銀行業、ホスピタリティ・ツーリズムマネジメント、人事管理、国際ビジネス、マーケティング[70]
  • 修士号学位:会計、経営管理、経済学、金融・銀行業、ホスピタリティ・ツーリズムマネジメント、人事管理、国際ビジネス、マーケティング[71]
  • 博士学位:経営管理[72]

トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネスは、高品質な指導と強い地域的影響力で、「2つの優雅さ」をもって、カンボジアでトップビジネス学校としてEduniversalに上位された。[73]

大学院研究科(SGS)[編集]

9階のSGSのロゴ

大学院研究科は、すべてのカレッジや学校と連携して、UCの提供に関する情報と大学院の学位を将来の学生に普及させる。また、UCでの大学院生の指導にも携わり、疑問に答える。そして、大学院研究科は、UCの一部拡大の言質で、学生の質と選択の両方を強化している。24つの修士号プログラムと11つの博士号プログラムを監督している。また、UC Occasional Paper Seriesの調整と出版を担当している。

学部研究科(SUS)[編集]

教育部、青少年部、およびスポーツ部が承認した大学院の学校は、現在6つの大学と1つの学校のすべての学部プログラムの調整機関であり、現在9つの準学士号プログラムと29の学士号プログラムを提供している。 SUSは、学部レベルでの学術的な訓練、ガバナンス、マネジメント、研究の強化を目的としており、カンボジアと海外の両方で同様の学術プログラムを持つ他の学校との協力や協力を促進している。その責任には、学部課程、学術的取り組み、教員募集、昇進、在籍に影響する政策の策定が含まれる。 

登録[編集]

 いま、カンボジア大学で登録した学生は3,500人いる。

施設[編集]

カンボジア大学の11階建てのメインキャンパスの建物は、禁煙で障害者アクセスが可能で、エレベーターと斜面を備えている。外の敷地には、ヤシの木[74] 、車とバイクの駐車場、食堂など、[75] さまざまな地元の植生がある。UCスポーツ複合施設は後部敷地内にあり、サッカー(サッカー)フィールドとバレーボールネット[76] を提供している。1階の歓迎される訪問者は、瞑想の力を反映して、UCの本館1階のアンコール時代にカンボジアの王であったSamdech Preah Javaraman VIIの像である。 11階には、コーヒー・トゥデイ・ショップ、コピー&プリントセンター、UC書店がある。無料WiFiは、キャンパス内で利用できる。

UCfrontbuilding.jpgUC main staircase .jpgUniversity of Cambodia - rear view from sports complex.jpgSamdech Preah Javaraman VII.jpgBookstore on 9th Floor.jpgInside bookstore at UC.jpg

施設の立ち上げ[編集]

カンボジアの大学には、国、著名な国際機関、ダイナミックな民間企業、影響力のある市民の後に、学校、大学、学科、教室、教授陣の名前を変更する慣行がある。例えば、テコ・セ・セン・インターナショナル・リレーションズはカンボジアの首相、サムデッチ・テック・ハン・セーン、トニー・フェルナンデス・スクール・オブ・ビジネスの名前にちなんで名付けられた。エア・アジアのCEOタン・トリー・フェルナンデスにちなんで命名された。正式に就任した9つの部屋と講堂が現在ある。 Techo Sen政府と国際関係学院は、キャンパスの10階にあるASEAN加盟国の後に部屋名を付け、世界経済フォーラムの後に1ホールを捧げた。 9階には、ASEAN Dialogue Partnersにちなんで名付けられた教室と講堂があり、UCはすべての大使館に正式に指定された部屋を開設し、飾ることを呼びかけている。

カンボジア大学で開講された部屋:

  • アメリカロムルームは2017年3月29日にカンボジアへのアメリカの大使のH.E. William A. Heidt。
  • エアアジアホールは2017年5月10日、AirAsia Groupグループ最高経営責任者のTan Sri Tony Fernandes。
  • オーストラリアルームは2017年3月2日にカンボジアへのオーストラリアの大使のH.E. Ms. Angela Corcoran。
  • ヨーロッパ連合ルームは2017年8月25日にカンボジアへのEU加盟大使のH.E. George Edga。
  • インドルームは2017年4月25日にカンボジアへのインド大使のH.E. Naveen Srisvastava。
  • インドネシアルームは2017年2月21日にカンボジアへのインドネシア大使のH.E Pitono Pumomo。
  • ニュージーランドルームは2017年4月27日に元ニュージーランド首相Rt. Hon John Key。
  • フィリピンルームは2017年1月9日にカンボジアへのフィリピン大使のH.E Christopher B. Montero。
  • シンガポールルームは2017年5月5日にカンボジアへのシンガポール大使のH.E.Michael Tan。
  • ユニゲンコーポレーションホール は2017年11月25日にiMedrixの製造メンターのPaul W. Heng博士。
  • 国連ルームは2017年11月29日にカンボジアの国連常駐コーディネーターのHE. Claire van Der Vaeren。
  • 世界経済フォーラムホールは2016年4月26日に元ドイツ副首相兼理事会メンバー、世界経済フォーラム地域戦略局長のH.E. Philipp Roster。

Unigen Corporation Room at UC.jpg AmericaRoom1-cropped.jpg Inauguration of the Tony Fernandes School of Business.jpg WEF Inauguration at UC.jpg NZ Room at UC.jpg

Toshu Fukami図書館[編集]

カンボジア大学のToshu Fukamiはオンライン雑誌アクセスするコンピュータだけではなく、十万冊以上の本や雑誌や新聞などがある。Toshu FukamiE-libraryでは学生の勉強のため、いくつかのコンピュータを用意している[77][78]。Toshu Fukami図書館とE-libraryは学生、スタッフ、教員、一般に1週7日に開放されている。E-libraryでもASEAN Resource Centerも含まれ、ASEAN[79] に関連する書籍をコレクションしている。

UCLibrary1.jpgUCLibrary2.jpgUCLibrary3.jpg

研究所[編集]

2009年から学校はE-Learningプログラム[80] を紹介した。今はUCに4つの研究所、コンピューター修理研究所、ITセンター研究所、言葉、マルチメディア研究所とネットワーキング研究所[81] がある

東南アジアテレビとラジオ[編集]

東南アジアのテレビ(SEATV)とラジオは、カンボジア大学の長年のパートナーであり、大学のキャンパスにある。SEATVは、学生が専門家から実践的なことを学ぶことができるメディアコミュニケーションカレッジのトレーニングセンターとして機能する。 また、毎年の卒業式などのいくつかのUCイベントを主催して放送し、UCテレビやラジオコマーシャルに放送している。

SEATV and Radio FM 106 Station in Phnom Penh.jpg SEATV Radio Antennae.jpg

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ President Profile”. 2014年6月13日閲覧。
  2. ^ Chancellor Profile”. 2013年6月13日閲覧。
  3. ^ History”. University of Cambodia. 2016年5月7日閲覧。
  4. ^ A Discussion with Dr. Kim Hourn Kao, President, University of Cambodia, Executive Director, Asia Faiths Development Dialogue (AFDD)”. Georgetown University - Berkley Center for Religion Peace and World Affairs (2009年8月21日). 2016年5月7日閲覧。
  5. ^ Kao Kim Hourn”. World Economic Forum. 2016年5月7日閲覧。
  6. ^ Dr. Haruhisa Handa”. Handa Foundation. 2016年5月7日閲覧。
  7. ^ About H.E. Dr. Haruhisa Handa aka Toshu Fukami”. 2016年5月7日閲覧。
  8. ^ Chancellor”. University of Cambodia. 2016年5月7日閲覧。
  9. ^ Accreditation”. University of Cambodia. 2016年5月7日閲覧。
  10. ^ UC Granted Full Accreditation from ACC”. University of Cambodia Bulletin. 2016年5月7日閲覧。
  11. ^ Members Map”. Cambodian Higher Education Association. 2016年5月7日閲覧。
  12. ^ University of Cambodia Joins the HRRC Partnership Network”. Human Rights Resource Center. Human Rights Resource Center. 2016年5月7日閲覧。
  13. ^ Mission”. University of Cambodia. 2016年5月7日閲覧。
  14. ^ Vision”. University of Cambodia. 2016年5月7日閲覧。
  15. ^ SDSN Member: The University of Cambodia”. Sustainable Development Solutions Network. 2016年5月7日閲覧。
  16. ^ The University of Cambodia Now Offers Khmer Track”. The University of Cambodia Bulletin. 2016年5月7日閲覧。
  17. ^ College of Media and Communications”. The College of Media and Communications. 2016年5月7日閲覧。
  18. ^ The New Logo for the Techo Sen School of Government and International Relations”. Word Press. 2016年5月7日閲覧。
  19. ^ Press Release on Change of the Name of College of Management to School of Business”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  20. ^ Graduate Studies”. The University of Cambodia. 2017年10月11日閲覧。
  21. ^ Conferring of the Honorary Doctorate”. The University of Cambodia. 2017年10月11日閲覧。
  22. ^ Annual report on the University of Cambodia”. University of Cambodia. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  23. ^ Press Release on the Establishment of the CRC”. The University of Cambodia. 2017年10月11日閲覧。
  24. ^ Home”. ASEAN Study Center. 2016年5月9日閲覧。
  25. ^ Home”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  26. ^ Center for English Studies”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  27. ^ Home”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  28. ^ Background”. Asia Economic Forum. 2016年5月9日閲覧。
  29. ^ Asia Faiths Development Dialogue”. Berkley Center for Religion, Peace and World Affairs. 2016年5月9日閲覧。
  30. ^ “Together, we can stand strong”. The Phnom Penh Post. The Phnom Penh Post. (2010年1月6日). http://www.phnompenhpost.com/lift/together-we-can-stand-strong 2016年5月9日閲覧。 
  31. ^ UC Cambodian Red Cross Youth Help Deliver Donations to Flood Victims”. Blogspot.com. 2016年5月9日閲覧。
  32. ^ The University of Cambodia wins the Cambodian Red Cross’ Debate”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  33. ^ 3G Debate: Gender and Good Governance”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  34. ^ UC Sport Club”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  35. ^ University of Cambodia Alumni Association”. University of Cambodia Alumni Association. 2016年5月11日閲覧。
  36. ^ The UC Horticulture Club (UCHC) is now in a full swing to make the UC campus beautiful and clean. Come and join us in making the campus the pride of Phnom Penh.”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  37. ^ UC Bulletin”. 2016年7月19日閲覧。
  38. ^ Press Releases”. University of Cambodia. 2016年5月9日閲覧。
  39. ^ Colleges”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  40. ^ Best Master's Rankings in Cambodia”. Eduniversal. 2017年10月11日閲覧。
  41. ^ Archives - The College of Arts Humanities and Languages CoAHL is very pleased to announce that the registration for academic year 2015-2016 is now open and in order to meet the students and market needs we provide up-to-date majors in different degree program”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  42. ^ The disciplines in the College of Arts, Humanities and Languages have been a traditional cornerstone of higher education in all of the world’s civilizations.”. The University of Cambodia - UC. 2016年5月19日閲覧。
  43. ^ Arts and Humanities”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  44. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  45. ^ The University of Cambodia - College of Education”. The University of Cambodia - UC. 2016年5月19日閲覧。
  46. ^ Education”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  47. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  48. ^ University of Cambodia Doctoral Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  49. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  50. ^ University of Cambodia Doctoral Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  51. ^ The University of Cambodia - College of Law”. The University of Cambodia - UC. 2016年5月19日閲覧。
  52. ^ Law”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  53. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  54. ^ University of Cambodia Doctoral Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  55. ^ University of Cambodia - College of Media and Communication”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  56. ^ College of Media and Communications”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  57. ^ Media and Communications”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  58. ^ What We Offer”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  59. ^ University of Cambodia - College of Science and Technology”. The University of Cambodia - UC. 2016年5月19日閲覧。
  60. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  61. ^ University of Cambodia - College of Social Science”. The University of Cambodia - UC. 2016年5月19日閲覧。
  62. ^ Social Sciences”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  63. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  64. ^ University of Cambodia Doctoral Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  65. ^ University of Cambodia - Techo Sen School of Government and International Relations”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  66. ^ Techo Sen School of Government and International Relations”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  67. ^ Master - Postgraduate Degrees”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  68. ^ Doctoral”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  69. ^ University of Cambodia - College of Management”. Facebook. The University of Cambodia - UC. 2016年5月19日閲覧。
  70. ^ Management”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  71. ^ University of Cambodia Master's Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  72. ^ University of Cambodia Doctoral Degree Programs”. University of Cambodia. 2016年5月19日閲覧。
  73. ^ Cambodia Business School Ranking”. Eduniversal. 2017年10月11日閲覧。
  74. ^ Welcome to The University of Cambodia (UC)”. 2016年7月22日閲覧。
  75. ^ Section II”. 2016年7月22日閲覧。
  76. ^ Welcome to The University of Cambodia (UC)”. 2016年7月22日閲覧。
  77. ^ Abdullahi, Ismail (2009). Global library and information science: a textbook for students and educators : with contributions from Africa, Asia, Australia, New Zealand, Europe, Latin America and the Caribbean, the Middle East, and North America. Walter de Gruyter. pp. 167–. ISBN 978-3-598-22042-5. https://books.google.com/books?id=2aO_TIeQ4rAC&pg=PA167 2011年1月16日閲覧。. 
  78. ^ Welcome to The University of Cambodia (UC)”. uc.edu.kh. 2016年7月22日閲覧。
  79. ^ ASEAN Study Center”. The University of Cambodia. 2016年7月28日閲覧。
  80. ^ Latchem, Colin; Jung, Insung (13 July 2009). Distance and blended learning in Asia. Taylor & Francis. pp. 55–. ISBN 978-0-415-99409-5. https://books.google.com/books?id=O0VFlnHKba0C&pg=PA55 2011年1月16日閲覧。. 
  81. ^ Welcome to The University of Cambodia (UC)”. uc.edu.kh. 2016年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]