和布刈神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和布刈神社(めかり神社)
所在地 福岡県北九州市門司区門司3492
位置 北緯33度57分39.30秒
東経130度57分44.20秒
座標: 北緯33度57分39.30秒 東経130度57分44.20秒
主祭神 撞賢木厳之御魂天疎向津媛命日子穂々手見命鵜草葺不合命豊玉比賣命安曇磯良神
社格 県社
創建 仲哀天皇9年(200年
例祭 旧暦1月1日(和布刈神事)
地図

和布刈神社の位置(福岡県内)
和布刈神社
和布刈神社
和布刈神社の位置
和布刈神社の位置(日本内)
和布刈神社
和布刈神社
和布刈神社の位置
テンプレートを表示

和布刈神社(めかりじんじゃ)は、福岡県北九州市門司区門司3492(和布刈地区)に所在する神社

御祭神は、天照大神の荒魂「撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ)」。別称「瀬織津姫」という月の女神であり、穢れを祓う禊の神さま、潮の満ち引きを司る「導きの神さま」とも言われている。

また人生の最後の"導き"として、関門海峡での海洋散骨を執り行う。

別名「隼人社」(はやとしゃ)。旧社格は県社。

由緒[編集]

古来より、日本では「神は万物に宿る」と考えられてきた。そして、太陽・月・風・雷・山・土・川・海、この世に在る全てを八百万(やおよろず)の神と呼び、その神々を崇拝する場所として神社が建てられた。

和布刈神社は、九州の最北端に鎮座する神社で、関門海峡に面して社殿が立つ。

社伝によると仲哀天皇9年(西暦200年)創建とされる。神功皇后が神の教えのままに、現在の朝鮮半島である三韓の征伐に向かわれ勝利した際に、報賽の思召をもって創建されたと言われている。御祭神は、天照大神の荒魂「撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ)」。別称「瀬織津姫」という月の女神であり、穢れを祓う禊の神さま、潮の満ち引きを司る「導きの神さま」とも言われている。


海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年足利尊氏応永年間(1394年 - 1428年大内義弘天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。現社殿は明和4年(1767年小倉藩小笠原忠総の再建によるものである。


和布刈神事[編集]

門司港駅前にある和布刈神事像

創建より続く和布刈神事(神職が和布荒布を刈りとる祭事)は、神功皇后が満珠・干珠を授かった様子を和布で見立て、神社創建時の様子を今に伝えている祭事であり、毎年旧暦の元日に執り行われる。和布は神の依り代ともされ、万物に先駆け自然に繁茂する非常に縁起の良いものとされている。また、刈りとった和布は万病に効くと伝えられ、朝廷や領主に献上していたと記録が残っている。

神事と同時に行われる湯立神楽では陰陽五行(木火土金水)の循環、つまり万物の源を表現している。古くから日本人は、太陽と月に感謝し、木・火・土・金・水を大切にして生きてきたことを意味している。朝、太陽を見て、土に触れ、水を感じ、木々の音を聞き、火の熱を感じ、金にふれ、夜、月を見る。五感で日々自然を感じながら、自然との共存により生きてきた日本人の原点を示している。

施設[編集]

「宗氏(そうし)はかつて対馬国を支配した守護・戦国大名。参勤交代で3年に一度江戸に出仕することとされ、海路を利用中、和布刈神社に立ち寄り航海の安全を祈願し海中灯篭を寄進した。」
  • 小笠原氏 灯籠寄進
  • 飯尾宗祇句碑 - 「舟みえて霧も追門(せと)こすあらしかな」
室町時代の連歌師飯尾宗祇は60歳の1480年文明12年)9月、滞在中の周防(山口県)の大名大内政弘のところから連歌の守護神とされていた太宰府天満宮の参詣へ旅立った。この旅の途中で平家一門の菩提を弔っている阿弥陀寺(現在の赤間神宮―下関市)に立ち寄った。この時の連歌の会で詠んだ句を刻んだ句碑がここに建てられている(1915年(大正4年)建立)。
  • 松本清張(文学碑) - 「神官の着ている白い装束だけが火を受けて、こよなく清浄に見えた。この瞬間、時間も、空間も、古代に帰ったように思われた。」(小説「時間の習俗」より)
  • 高浜虚子1941年(昭和16年)に門司を訪れた際に読んだ句碑(1956年(昭和31年)設置、早鞆稲荷の鳥居脇)がある。「夏潮の今退く平家亡ぶ時も」
  • 供養塚 「日本の民間信仰である古神道において、祈願祈念や感謝や慰霊の記念として、自然のままの岩や祠(木造や石造)や石塔などの碑であり、古神道に由来する観念として、荒ぶる神にならぬよう祀ったものである。古神道の根幹をなす、万物に神や命が宿るという観念から塚を建立し慰霊し感謝や祈願を込めて祀ったものである。」

文化財[編集]

  • 和布刈神社文書 9通 附 近世文書 1通[1]
  • 毛利隆元元就の書翰
  • 干珠・満珠
  • 和布刈鎌

和布刈神社を舞台とした作品[編集]

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【市指定】和布刈神社文書 9通 附 近世文書 1通”. 北九州市. 2019年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]