吉田健志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田健志
生誕 (1949-08-14) 1949年8月14日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県尼崎市
学歴 龍谷大学 卒業
職業 作曲家
ベーシスト
フォークシンガー
担当楽器 ベース
活動期間 1967年 -
共同作業者 貝がら
ザ・リンド&リンダース
ニュー・ファー・フライ
バンバン
ジュピター
バンド of 妻三郎

吉田 健志(よしだけんじ、1949年8月14日 - )は、日本の作曲家ベーシストフォークシンガー

「吉田 健志」は芸名[1]であり、ファミコン版の『クレイジー・クライマー』のみ、本名の「N.YOSHIDA」でクレジットされている。

同じく日本物産の作曲担当だった吉田昇(『テラフォース』や『アルテリオス』の作曲を担当)と混同されることがあるが、別人である。

来歴・人物[編集]

兵庫県尼崎市出身。1971年にフォークグループの「貝がら」(ヤングジャパングループ所属)でベースとして参加。過去には1967年に、サポートメンバーとして、後期の「ザ・リンド&リンダース[2]、「ニュー・ファー・フライ」、「バンバン」、「ジュピター」、「バンド of 妻三郎」などのフォークグループにも参加していた[3]

その後、プロミュージシャンやコマーシャルサウンドの製作、映画の音楽ディレクターを経て、1985年4月には日本物産に入社、金属質で耳に突き刺さるようなパワフルなサウンドは「ニチブツサウンド」と呼ばれていた[4]

主な作品[編集]

フォークソング[編集]

  • 貝がら 「虹」 (1972年、『パパと呼ばないで』主題歌)
  • 貝がら 「夜明け」 (1972年、『パパと呼ばないで』主題歌)

映画[編集]

  • 暗くなるまで待てない! (1975年大森一樹作品) - 音楽ディレクター。

コマーシャル[編集]

LP[編集]

  • 暗くなるまで待てない! (1975年、ぴあレコード、PST-0001)
  • INTRO (年代不明、NASH RECORD、NASH-1)
  • ハイウェイ (年代不明、NASH RECORD)
  • これがBGMだ!! VOL.1 (年代不明、FOREVER RECORD、MN-3055)
  • これがBGMだ!! VOL.2 (年代不明、FOREVER RECORD、MN-3058)

テレビ番組[編集]

ゲーム[編集]

  • パステルギャル (1985年、日本物産AC
  • COP 01 (1985年、日本物産、AC)
  • テラクレスタ (1985年、日本物産、AC)
  • コスモポリス ギャリバン (1985年、日本物産、AC)
  • UFOロボ ダンガー (1986年、日本物産、AC)
  • 聖戦士アマテラス (1986、日本物産、AC)
  • 妖魔忍法帖 (1986、日本物産、AC)
  • マイティガイ (1986年、日本物産、AC)
  • クリスタルギャル (1986年、日本物産、AC)
  • シティラブ (1986年、日本物産、AC)
  • キッドのホレホレ大作戦 (1987年、日本物産、AC) - 船場洋志(ネームエントリー担当)との共作。
  • 子連れ狼 (1987年、日本物産、AC)
  • 超時迷宮レジオン (1987年、日本物産、AC)
  • 対戦早押しクイズ ハイホー (1987年、日本物産、AC)
  • 対戦早押しクイズ ハイホー2 (1987年、日本物産、AC)
  • セカンドラブ (1987年、日本物産、AC)
  • 対家麻濡感(ハウスマヌカン) 誘惑日記編 (1987年、日本物産、AC)
  • 対家麻濡感(ハウスマヌカン) 六本木ライヴ編 (1987年、日本物産、AC)
  • 制覇 (1987年、日本物産、AC)
  • 美女っ子夢物語 (1987年、日本物産、AC)
  • クレイジー・クライマー2 (1988年、日本物産、AC) - 藤原悟(ゲームクリア効果音担当)との共作。
  • アームドF (1988年、日本物産、AC)
  • お嬢さん (1988年、日本物産、AC)
  • 美女っ子学園 (1988年、日本物産、AC)
  • 麻雀好きの懲りない面々 (1988年、日本物産、AC)
  • 麻雀かぐや姫 (1988年、三木商事、AC)
  • 麻雀カメラ小僧 (1988年、日本物産、AC)
  • 祇園花 (1989年、日本物産、AC)
  • スキャンダル麻雀 (1989年、日本物産、AC)
  • 宇宙より愛を込めて (1989年、日本物産、AC)
  • 麻雀レディーハンター 怪盗黒猫連盟編 (1990年、日本物産、AC)
  • 舞妓花 (1990年、日本物産、AC)
  • まーじゃん バニラシンドローム (1991年、日本物産、AC)
  • クイズ麻雀!早くヤッてよ (1991年、日本物産、AC)
  • セーラーウォーズ (1993年、日本物産、AC)
  • ま〜じゃん吉本劇場 (1994年、日本物産、AC)
  • 制覇 (1988年、日本物産、MSX
  • トリプルウォーズ外伝 (1993年、日本物産、PC98
  • まーじゃん バニラシンドローム (1993年、日本物産、PC98)
  • セクロス (1986年、日本物産、FC
  • テラクレスタ (1986年、日本物産、FC)
  • クレイジー・クライマー (1986年、日本物産、FC)
  • ブービーキッズ (1987年、日本物産、FC)
  • ファミリーマージャン (1987年、ナムコ、FC)
  • コスモポリス ギャリバン (1988年、日本物産、FC)
  • 競馬シミュレーション 本命 (1989年、日本物産、FC)
  • スーパースタープロレスリング (1989年、ポニーキャニオン、FC)
  • 黒鉄ヒロシの予想大好き! 勝馬伝説 (1990年、日本物産、FC)
  • 麻雀ウォーズ (1989年、日本物産、PCE
  • ダイ・ハード (1990年、パック・イン・ビデオ、PCE)
  • まーじゃん バニラシンドローム (1991年、日本物産、PCE)
  • F1サーカスCD (1991年、日本物産、MCD) - 小川博司(メイン曲担当)との共作。
  • ライサンダー (1991年、日本物産、GB
  • ブービーボーイズ (1993年、日本物産、GB)
  • ニチブツマージャン吉本劇場 (1994年、日本物産、GB)
  • スーパーニチブツマージャン2 全国制覇 (1993年、日本物産、SFC
  • スーパーニチブツマージャン3 吉本劇場篇 (1994年、日本物産、SFC)
  • 祇園花 (1994年、日本物産、SFC)
  • ぱずるんでス! (1995年、日本物産、SFC)
  • 麻雀繁盛記 (1995年、日本物産、SFC)
  • スーパーニチブツマージャン4 基礎研究篇 (1996年、日本物産、SFC)
  • ニチブツマージャン女子高名人戦 (1995年、日本物産、PS
  • 祇園花 (1995年、日本物産、PS)
  • クロス・ロマンス 恋と麻雀と花札と (1997年、日本物産、PS)
  • テラクレスタ3D (1997年、日本物産、SS

その他[編集]

  • 日本物産での初作品については、『COP 01』とする資料[5]と『パステルギャル』とする資料[6]がある。両作の製品化は『COP 01』が1985年7月、『パステルギャル』が1985年11月とされており、作曲順と発売順が入れ違っていた可能性がある。ちなみに『テラクレスタ』は1985年10月に登場しており、『パステルギャル』よりも早い。
  • 過去に、『ムー』を信奉していると語っている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “吉田健志”はペンネームだった事件 - 吉田健志に訊く、ニチブツゲームサウンド制作の記録
  2. ^ MEMBER - LIND&LINDERS OFFICIAL SITE
  3. ^ 吉田健志、ミュージシャン時代からニチブツ入社まで - 吉田健志に訊く、ニチブツゲームサウンド制作の記録
  4. ^ レトロゲーム総合配信サイト プロジェクトEGG - Amusement-Center.com - 参加企業
  5. ^ a b Beep1987年1月号 付録ソノシートの本人コメント,日本ソフトバンク,1987年1月1日発行
  6. ^ シューティングゲームサイドvol.10 収録インタビュー,マイクロマガジン社,2014年9月26日発行

外部リンク[編集]