F1サーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F1サーカス
ジャンル レースゲーム
対応機種 PCエンジン
発売元 日本物産
人数 1人
メディア HuCARD
発売日 1990年9月14日
テンプレートを表示

F1サーカス』(エフワンサーカス)とは、1990年9月14日日本物産より発売されたPCエンジンコンピュータゲームである。

概要[編集]

真上から見下ろした、いわゆるトップスクロールタイプのレースゲーム。マシンやコースなどが緻密に描かれており、スピード感とリアルな雰囲気を演出する。コースに合わせたウイング、タイヤ、ギヤ比などの詳細なセッティングピットインのタイミングなど、戦術的な要素にも気配りがなされている。

天候がレース中に曇天→雨天、雨天→晴天へと変化する事も有り、プレイヤーは迅速なピットインが求められるが、タイミングに因ってはメインスタンドを過ぎてから天候が変化する事も有り、その場合は1周走り切る迄忍耐の走りを強いられ、現実のレースでも起こりえる様な展開となる。

シリーズ[編集]

F1サーカスシリーズの初代作品。チーム、ドライバー名は実名をもじった偽名。
コンストラクションというチーム監督役を演じて勝利するモードもあったが、以降のシリーズではカットされている。
前作からコース数が増え、ワールドチャンピォンシップにチャレンジ可能な年数が8シーズンに短縮された。又、コーナーサインと出現のタイミングが変化している。コーナー角度の違い、サインが出ないまま突然コーナーが現れる為、コースアウトするリスクが増大した。前作よりコースを熟知する必要が有る。
マイクロニクス開発。F1サーカス'91をベースに移植されているが、逆走出来たりスピードが遅かったりと異なった要素がある。
メイクソフトウェア開発。ハードスペックの問題で全体的にスピードダウンした。
チーム・ロータス監修作品。そのため、ゲーム中でもチーム・ロータス、および当時所属ドライバーのミカ・ハッキネンジョニー・ハーバートが実名で登場する。効果音をサーキットで収録し、よりリアルな効果音となった。
クリーム開発。スーパーファミコンの回転機能を生かし、コーナーでは画面が回転するようになった。
  • スーパーF1サーカス リミテッド (スーパーファミコン、1992年10月23日発売)
クリーム開発。今作からスーパーF1サーカス3までFOCAのライセンスを受け、全チーム・全ドライバーが実名で登場するようになった。
  • F1サーカス'92 (PCエンジン、1992年12月18日発売)
F1サーカス'91から効果音やグラフィックなど大幅に改良された作品で、マシンの表示サイズも若干大きくなっている。FOCAのライセンスを受け、全チーム・全ドライバーが実名で登場する。コーナーサインとタイミングがF1サーカス'91に比して親切になっているが、ガードレールに接触した際に弾かれる事が少なくなり即リタイヤとなる可能性が高く、市街地コース(モナコ、オーストラリア)では難易度が増した。又、今作はスリップストリーム効果が顕著となっている。F1サーカス、F1サーカス'91でもスリップストリームは再現されているが、今作ではスリップストリームに入ると処理落ちの現象等も重なりコントロールが効かなくなる為、特にコーナー付近ではコースアウトするリスクが高い。
  • スーパーF1サーカス2 (スーパーファミコン、1993年7月29日発売)
クリーム開発。
3D視点のレースゲームとなった。音楽などはF1サーカス・スペシャルの使い回しが多い。
  • スーパーF1サーカス3 (スーパーファミコン、1994年7月15日発売)
クリーム開発。
  • スーパーF1サーカス外伝 (スーパーファミコン、1995年7月7日発売)
クリーム開発。
F1サーカスシリーズの最終作品。この作品以降はF1ゲームをリリースしなくなった。