吉沢久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉沢 久子(よしざわ ひさこ、1918年1月21日 - )は日本の評論家・随筆家[1]東京都江東区深川出身[2]文化学院文科卒[2]

人物[編集]

  • 夫は文芸評論家の古谷綱武で、義弟はニュースキャスターの古谷綱正である。
  • 1941年に速記者から始まり[2]、古谷綱武の秘書を務めてから出会ったことをきっかけに1951年に結婚した。
  • 生活に関することを経験に生かし評論家となったが、1969年に「“家事評論家”廃業宣言」と書き話題となる。夫と共に勉強会の記録誌「むれ」は現在も続いている。最近はシニアライフについて評論を執筆している。夫の死後から現在までは一人暮らしである[3]
  • 秘書時代は文化学院、東京栄養学院東京学院に学んだ[2]
  • 2018年1月21日に100歳になった。2017年2月から10月まで7冊出版した[4]

脚注[編集]

  1. ^ さくら舎(書籍情報)
  2. ^ a b c d 歴史が眠る多磨霊園
  3. ^ ブックサービス
  4. ^ J-CASTニュース(2018年1月19日)

外部リンク[編集]