古谷綱武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955年

古谷綱武(ふるや つなたけ、1908年5月5日 - 1984年2月12日)は、日本の文芸評論家

ベルギー生まれ。父の古谷重綱は外交官で、在メキシコ、アルゼンチン公使を務めた。弟は古谷綱正。妹・滝沢文子(1910-52)は滝沢修の最初の妻。妻は吉沢久子。伯父に伊藤博文の秘書官を務めた古谷久綱がいる。

成城高等学校中退。同人雑誌『白痴群』に参加し文藝評論を行う。女性論、児童文学論などで多数の著作がある。

著書[編集]

  • 川端康成 作品社 1936
  • 批評文学 三笠書房 1936 
  • 横光利一 作品社 1936
  • 純情の精神 砂子屋書房 1938 
  • 文学紀行 評論感想集 竹村書房 1938 
  • 作家の世界 赤塚書房 1939
  • 魅力の世界 竹村書房 1941 
  • 生活の心情 三省堂 1941
  • 美しき日本 愛宕書房 1942 
  • 女性論 愛宕書院 1942
  • 村生活の反省 翼賛図書刊行会 1942 (村の調査報告)
  • 少女のための生活論 淡海堂 1942
  • 少女のための人生論 教養社 1942 
  • 生活の精神 教材社 1942
  • 女性・生活・文化 時代社 1942 (婦人文化叢書)
  • 児童文学の理想 帝国教育会出版部 1942 
  • 私たちの生活と文学 宋栄堂 1942 (青少年文化読本)
  • 現代母性学 東京学芸社 1942
  • 生活のなかの勉強 明石書房 1942 
  • 人生紀行 明石書房 1942
  • 指導者の精神 教材社 1943
  • 人生論 一生活者の手記 青年書房昭光社 1943
  • 生活の中の芸術 翼賛出版協会 1943 
  • 働く女性と生活 時代社 1944 (婦人文化叢書)
  • 生きる態度 三省堂 1944 
  • 日本のこころ 翼賛出版協会 1944 
  • 愛情と教養 新紀元社 1946 
  • 人生と愛 文苑社 1946
  • 生活のなかの女性 弘文社 1947 
  • 終戦まで 雕居堂書房 1947 
  • 若き母のために 光文社 1947
  • 人生随筆 正・続 青雅社 1946-47 
  • 児童文学の手帖 育生社 1948 (芸林新書)
  • 宮沢賢治の文学 日本社 1948、のち「宮沢賢治」角川文庫 
  • 女性の書 真光社 1948
  • 若き日の思索 臼井書店 1948
  • 世の中雑記 創元社 1948 (百花文庫)
  • 宮沢賢治研究 日本社 1948
  • 小説のなかの女性たち 1948 (コバルト叢書)
  • 随筆北海道紀行 玄文社 1948 
  • 詩人宮沢賢治 山海堂 1948
  • 教育のなかの人生 西荻書店 1948 (新教育叢書) 、のち河出文庫 
  • 現代の青年について 双樹社 1948
  • くらしの今と昔 中央公論社 1949 (ともだち文庫)
  • 悩める未亡人の為に 中内書店 1949
  • 幸福への道 三笠書房 1949 
  • 生活への愛情 乾元社 1949
  • 明かるく生きよう 少年少女のために 二葉書店 1950 (二葉学習文庫)
  • ぼくの日本旅行 中央公論社 1950 (ともだち文庫)
  • 暮しのなかの人生論 角川新書 1950
  • 文章のはなし 小峰書店 1951 (小学生文庫)
  • 日本のおいたち あかね書房 1951 (小学生学習文庫)
  • 世界文学 市ケ谷出版社 1951 (文芸読本)
  • どう暮したらよいか 要書房 1951
  • 若き日の文学探求 泰光堂 1951 (教養選書)
  • 若き女性のために 1951 (創元文庫) のち新潮文庫 
  • 女性のための二十四章 白灯社 1951 (白灯叢書)
  • 美しい社会とよい子の生活 小峰書店 1951 (小学生文庫)
  • 私たちの生きかた 牧書店 1951 (学校図書館文庫)
  • 女性のための人生論 ジープ社 1951
  • 青春の生き方 梧桐書院 1951 のち三笠文庫
  • 心を清くする話 あかね書房 1952 (小学生学習文庫)
  • 日日の幸福 実業之日本社 1952
  • 恋愛と結婚 三笠書房 1952 (三笠新書)
  • 日々の幸福のために 創元文庫 1952、のち新潮文庫 
  • 女の生き方 北辰堂 1952
  • 生活を愛して 要書房 1953
  • 生きるということ 要書房 1953
  • はたらく女性 東洋経済新報社 1953 (家庭文庫)
  • 女の幸福 東西文明社 1953
  • 女性の幸福について 社会思想研究会出版部 1953(現代教養文庫)
  • 現代文学教室 ポプラ社 1953 (少年少女知識文庫)
  • ぼくの日本旅行 三十書房 1954 
  • 読書と学生 同和春秋社 1954 (中学生の文学教室)
  • 妻の生きかた 新潮社 1954
  • 娘の生きかた 新潮社 1954
  • 母の生きかた 新潮社 1954
  • 女性の幸福のために 葦出版社 1954 (葦現代叢書) のち現代教養文庫
  • 働く女性のために 女性と職業 河出書房 1954 (河出新書)
  • 女性のための人生論 要書房 1954
  • 日本のことわざ あかね書房 1955 (小学生学習文庫)
  • 宮沢賢治 国土社 1955 (少年伝記文庫)
  • 若さと幸福 社会思想研究会出版部 1955 (現代教養文庫)
  • 恋愛と結婚 三笠書房 1955 (三笠新書)
  • 新しい生活のために 北辰堂 1955
  • 女の考え方 河出書房 1955 (河出新書)
  • わたくしの恋愛論 ダヴィッド社 1956
  • くらしのちえ 学風書院 1956 (思索新書)
  • 家庭生活の幸福 1・2 角川書店 1956 (角川新書)
  • 生きる人たち 東西文明社 1956
  • 男の考え方 河出書房 1956 (河出新書)
  • 考えるということ 学生社新書 1956
  • 青春のなかの人生 学灯社 1956 (若人新書)
  • 若い日を生きるために 河出書房 1956 (河出新書)
  • 考えること生きること 牧書店 1956 (学校図書館文庫)
  • 中学生について 新評論 1957
  • 女が酒を飲むこと 弥生書房 1957
  • 古谷綱武集 日本書房 1958 (現代知性全集22)。復刻「日本人の知性20」学術出版会 2010
  • 小学生について 新評論 1958
  • 暮しのなかで考えたこと くろしお出版 1958
  • 女が生きること 穂高書房 1958
  • 美しい心・人間らしい生きかた 牧書店 1959 (子どもの生活シリーズ)
  • 働く女性の生き方 青春新書 1959
  • 母親の道徳 牧書店 1959
  • 生活のなかのことば 牧書店 1960 (子どもの生活シリーズ)
  • 考えること生きること 牧書店 1960 (新編学校図書館文庫選集)
  • 劣等感を生きる 青春新書 1960
  • 評伝川端康成 実業之日本社 1960
  • 職場の生き方 青春新書 1961
  • 現代良妻論 牧書店 1961
  • 女房関白時代 弥生書房 1961
  • 美しく生きた人びとのほんとうにあったお話 1~6年生 国土社 1965
  • 現代文学入門 入門百科 ポプラ社 1965
  • 転換期の家庭と教育と人間と 明治図書出版 1965 (道徳教育選書)
  • 人生ノート 若い日の思索のために 大和書房 1965
  • 若き日をどう生きるか 鶴書房 1966
  • 女性の生き方 これからの人生設計 大和書房 1966
  • 母の歴史 明治図書出版 1966 (シリーズ・現代家庭教育新書)
  • 自分自身の人生 日日を美しく生きるために 大和書房 1967 (銀河選書)
  • 青春の愛とモラル 旺文社新書 1967
  • ひとり生きる人生 哀しみをはねかえすもの 大和書房 1968 (銀河選書)
  • 日日の心得 幸福な生活をささえる心の糧 日本文芸社 1968
  • 教育に生涯をかけた婦人たち 明治図書出版 1969
  • 弱さを生きる 希望を見失ない絶望したとき 大和書房 1970 (銀河選書)
  • 私の中の日本 六芸書房 1972
  • 私の心の中の日本 日本放送出版協会 1975 (NHKブックスジュニア)
  • 新潟遠望 地方の中の日本 みき書房 1975
  • 生きいきと感じるとき 大和書房 1978

編著[編集]

  • 生活文化の方向 名取書店 1940(編)
  • 子に生きる母の日記 滝沢文子 刀江書院 1940
  • 僕たち人間のほこり 少國民文藝選 帝國教育會出版部 1942.10
  • 愛は風雪に耐えて 獄中通信 滝沢修・滝沢文子 中内書店 1949
  • 石川啄木集 新潮文庫(上下) 1950、のち改版
  • 石川啄木純情歌集 三十書房 1951
  • 少年少女から大人への抗議 西荻書店 1951
  • きみの意見わたくしの意見 富永次郎共著 東西文明社 1954
  • 村に生きる日日 新評論社 1954
  • 町の生活雑記 新評論社 農村新書 1955.3
  • 若い女性の生き方 吉沢久子共著 青春新書 1959
  • 人を魅きつける秘訣 若い日の生活設計 吉沢久子共著 青春新書 1960

参考[編集]

  • 新潮日本人名辞典