鈴木悦郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 悦郎(すずき えつろう、1924年大正13年)1月20日 - 2013年平成25年)8月5日)は画家イラストレーター。本名は鈴木一郎。

雑誌『ひまわり』『それいゆ』などの挿絵、月刊絵本『ぎんのすず』、本の装幀、バレエ美術など幅広い分野で知られる。

略歴[編集]

1924年、東京浅草に父清五郎、母かねの6人兄弟の長男として生まれる[1]

1939年、下谷商業学校中退後、中原淳一を訪ねたことがきっかけとなり、麹町にあった「ヒマワリ」の店で店番を1年ほどしていた[1]

1941年、父が東宝舞台で大道具を担当していた縁で東宝舞台に入社。東京宝塚劇場の舞台芸術を担当する[1]

1944年、陸軍に入隊。その後中国で捕虜になるが、余興の舞台装置や衣装作成などに関わっていた。復員後は東京宝塚劇場(当時は接収されアーニー・パイル劇場)の舞台芸術に復帰する[1]

1946年、『少女の友』で鈴木越郎として初めて挿絵を描く。のち『ソレイユ』、『ひまわり』にも挿絵を描く。この頃は、「一郎」または「越郎」の名前で描いていた。挿絵の仕事に本格的に取り組むため翌年、東宝舞台を辞職する[1]

1948年、松本かつぢの紹介で少女雑誌の仕事が増える。さらに「鈴木悦郎」のペンネームもらう[1]

1950年、猪熊弦一郎絵画研究所で絵画の基礎を学ぶ。それまでは我流であった。のち、新制作派協会展に入選[1]

1952年、この頃、幼児、小学生向けの絵本、イラストなどの仕事が増える。また、文具、雑貨などのデザインも多く手がけるようになる。また、バレエの絵を描くためにバレエ団でレッスンを受け、その後にバレエ公演衣装や美術、ポスターなども多く手がけるようになった[1]

1975年、1年間パリに滞在。美術館やバレエ鑑賞などに費やす[1]

1979年、膵臓壊死のため半年間入院[1]

1980年、この頃から挿絵から油彩画に活動を移していく[1]

2013年8月5日、肺炎のため死去。

人物[編集]

  • 中原淳一、猪熊弦一郎、松本かつぢを3人の師と仰ぐ[1]
  • 中原淳一とは最後の雑誌『女の部屋』の最終号まで仕事をした[1]
  • 松本かつぢとの出会いは戦後まもなくで、その後長年にわたりつきあいがあった[2]。また、松本かつぢの弟子、上田トシコ、田村セツコとの交流も深い。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『鈴木悦郎 詩と音楽の童画家』 河出書房新社
  2. ^ 『松本かつぢ 昭和の可愛い!をつくったイラストレーター』 pp.110-112、河出書房新社

関連項目[編集]