笹本恒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ささもと つねこ
笹本 恒子
生誕 (1914-09-01) 1914年9月1日(102歳)
日本東京品川区
職業 写真家

笹本 恒子(ささもと つねこ、1914年9月1日 - )は、日本写真家。一般に「女性報道写真家第一号」とされる[1]肖像写真も得意とする。

従来、1918年(9月1日)生まれとする文献があったが(例えば、下記「参考文献」欄記載の「日本写真家事典」)、2011年に刊行された「好奇心ガール、いま97歳」(下記「著書」を参照)により1914年生まれであることが明確にされた。

来歴[編集]

東京品川区出身。

高等専門学校の家政科に通うも[2]、絵の勉強に専念したかったため中退[3]。その後、絵の研究所(父親には内緒で)および洋裁学校に通った[4]

戦前、女性報道写真家がいなかった頃、東京日日新聞(現在の毎日新聞)の挿絵のアルバイト(社会面のカット[5])として活躍後、東京日日新聞・社会部長の小坂新夫(笹本が子供のころ、笹本家の離れを借りて住んでいた[6])にすすめられ[7]、(1939年に仮入社し[8]、母親の病気を理由とする10か月の休職ののち[9][10]、1940年(昭和15年)4月に)財団法人・写真協会(新聞記者・写真家の林謙一(1906年-)を中心に設立された内閣情報部による国策機関。写真週報の編集なども担当)に入り、女性報道写真家第1号となる。「いろいろな賞状の授与式や除幕式などの催事、海外使節団の動向、著名人や文化人の活動などを海外に紹介する」仕事を行った[11]。国内で起こった出来事を世界に配信したが、1941年のはじめに、兄からの厳しい反対および病気(脚気)のため同協会を退職する[12]

1941年9月に結婚。

終戦後は離婚、写真家として復帰し、国内で起こった話題・事件の女性たちを撮り、数多くのグラフ雑誌に掲載したが、活動の場であった写真グラフ誌の多くが廃刊されてしまい活動を休止した。その活動は、編年的には以下のとおり。

  • 終戦後の1945年には千葉新聞に勤務。
  • 1946年には東京で婦人民主新聞の嘱託カメラマンとなる。
  • 1947年にはフリーとなり、フォトジャーナリストとして活動を継続。
  • 1950年には日本写真家協会の創立会員となる(2011年現在名誉会員)。

約20年間の沈黙を破り、1985年に71歳で国内を代表する著名な女性有名人を集めた写真展「昭和史を彩った人たち」で再び写真家として復帰した。2001年には、第16回ダイヤモンドレディー賞受賞。2011年には吉川英治文化賞を受賞し、現役として活躍している。

2014年、第43回ベストドレッサー賞・特別賞を受賞[13]。2016年に、米国のルーシー賞英語版(ライフタイム・アチーブメント部門賞)を受賞した[14]

2016年3月に、それまでに撮影した100点の写真を長野県須坂市に寄贈した[15]

写真集[編集]

  • 笹本恒子 『昭和・あの時・あの人』 遊人工房。
  • 笹本恒子 『昭和・あの時・あの人 女性報道写真家第一号・笹本恒子写真集』 TBSブリタニカ1990年
    • 1945年以前の掲載作品は以下のとおり
      • p6-p7: スペイン経済使節団(昭和14年秋): 写真作品3点(1点は、加藤恭平撮影で、笹本恒子本人が写っている)
      • p8: ビルマ人来日(昭和15年6月): 写真作品1点
      • p9: ヒットラーユーゲント来日(昭和15年10月): 写真作品1点
      • p10: 日米学生会議(昭和15年): 写真作品1点
      • p11-p13: 日独伊三国同盟婦人祝賀会(昭和15年9月末): 写真作品3点
      • p14: グレン・ショウ(昭和15年): 写真作品1点
      • p15: 円形水のみ場(昭和15年): 写真作品1点
  • 笹本恒子 『昭和・あの時・あの人』 光村印刷〈Bee books〉、1998年5月ISBN 4896157567
  • 笹本恒子 『きらめいて生きる明治の女性たち 笹本恒子写真集』 清流出版1996年5月ISBN 4916028287
  • 笹本恒子 『昭和を彩る人びと 私の宝石箱の中から一〇〇人』 清流出版、2003年10月ISBN 4916028287
  • 笹本恒子 『ふだん着の肖像 昭和20-30年代を彩った100人』 新潮社1988年1月ISBN 4103686014
  • 笹本恒子 『夢紡ぐ人びと 一隅を照らす18人』 清流出版、2002年
  • 笹本恒子 『輝く明治の女たち "いま"に生きる45人の肖像』 日本放送出版協会1992年3月ISBN 4140800283
  • 笹本恒子 『笹本恒子作品展』 JCIIフォトサロン〈JCII Photo Salon library 157〉、2004年
  • 笹本恒子 『素顔の三岸節子』 光村印刷〈Bee books〉、1998年

著書[編集]

  • 笹本恒子 『好奇心ガール、いま97歳』 小学館2011年9月29日ISBN 978-4093882026
    • 掲載されている、1945年以前の写真作品
      • (18ページ)写真協会発行の冊子掲載した女子学生の団体組み体操。(昭和15年ごろ)
      • (18ページ)日本の女性芸術家をテーマに彫刻家を紹介し。海外に配信。(昭和15年ごろ)
  • 笹本恒子 『ライカでショット! お嬢さんカメラマンの昭和奮戦記』 清流出版、2002年7月ISBN 4860290178下記の鎌倉書房 1989年刊行の書籍の再刊
    • 掲載されている戦前の写真作品としては、上記「昭和・あの時・あの人」掲載のものを除き、以下の2点。
      • 扉: 土手のようなところに座る笹本恒子本人の写真(撮影/村山尚寛)(昭和15年)
      • p129: 芸者の写真(昭和15年)
  • 笹本恒子 『ライカでショット! お嬢さんカメラマンの昭和のスナップ』 鎌倉書房、1989年

参考文献[編集]

  • 小学館「サライ 2011年7月号」(定番朝めし自慢、128p-130p)
  • 老いのレッスン 品格のある12人の日本人(松原泰道、石井好子、小野田寛郎、メイ牛山、岡井隆、板橋興宗、清川妙、笹本恒子、桂米丸、岸朝子、久米明、新藤兼人、佼成出版社、2008年)
  • 上手な老い方 金の巻(Serai books) サライ・インタビュー集(サライ編集部・編、小学館、2000年)
    • 5.女性の報道写真家は日本にいないと聞かされて…「やってみたい」って…(笹本恒子)
  • 日本写真家事典(執筆・監修=東京都写真美術館淡交社2000年)153ページ
    • 笹本恒子の作品「銀座4丁目交差点」(1946年)の写真図版が掲載されている。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]