千葉県立船橋芝山高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉県立船橋芝山高等学校
Funabashi-Shibayama High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 千葉県の旗 千葉県
学区 第2学区
設立年月日 1978年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 12206J
所在地 274-0816
千葉県船橋市芝山七丁目39番1号

北緯35度43分5.8秒 東経140度1分42.6秒 / 北緯35.718278度 東経140.028500度 / 35.718278; 140.028500座標: 北緯35度43分5.8秒 東経140度1分42.6秒 / 北緯35.718278度 東経140.028500度 / 35.718278; 140.028500
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

千葉県立船橋芝山高等学校(ちばけんりつ ふなばししばやまこうとうがっこう)は、千葉県船橋市芝山七丁目にある県立高等学校

1978年昭和53年)、団塊ジュニア世代の中学浪人対策として、津田沼高校松戸六実高校など県北西部地域の6校と同時に開校した。建設費削減のため、これらの高校の校舎の設計等は全て同じ規格品である。団塊ジュニア世代のピーク時の生徒数は10クラス470名に達した。

設置学科[編集]

通学区域[編集]

第2学区に位置し、交通手段の選択肢が多彩なため、船橋市のほか、八千代市市川市浦安市からの通学者が多い[1]

教育環境[編集]

芝山団地の東部に位置し、同団地に隣接して千葉県立船橋東高等学校、私立東葉高等学校(旧・船橋女子高等学校、1996年平成8年)に船橋市宮本より移転改称、後に共学化)などがあり、市内では習志野台に次ぐ文教地区を形成しつつある。正門より中門への坂(芝山坂)は、春になると桜が美しい[2]

学校行事[編集]

学園祭は創立当初「文化発表会」「体育大会」と呼ばれていたが、のちに翔鷹祭「文化の部」「体育の部」と改称された。

部活動[編集]

運動系

文化系

同好会

  • 盛んな部活動
    野球部は創部から10年ほど公式戦で1勝もできなかったが、1987年(昭和62年)に国府台高校を相手に初勝利をあげ、また2回戦では銚子商業高校に敗れはしたが善戦したことから、新聞を賑わせた。またその翌年にはベスト16、1995年(平成7年)にベスト8などの成績を残している。その後、2016年(平成28年)第98回全国高等学校野球選手権千葉県大会でも、再び21年ぶりにベスト8入りした(対戦相手は、千葉経済大学附属高等学校)。
    2018年(平成30年)第71回秋季千葉県高等学校野球大会ではベスト16入り(対戦相手は成田高等学校)し、高校野球激戦区千葉において、県立高校として善戦している。
    その他、弓道は2005年(平成17年)関東大会出場、同年と翌年に国体選手輩出。陸上競技は近年では毎年、関東大会への出場やインターハイへの出場経験(近年では2009年に4×400mリレーでインターハイ出場)を持つ。

生活指導[編集]

創立十周年記念誌 第三章 翔けよ青春 ―各部の歩み―より当時あった事実を基に要約

「西の愛知」に負けてならじと、創立当初は県内きっての管理教育のモデル校とされ、登校指導では遅刻で1点、早退で1点、欠席で2点とする点数制を導入、3点になると1週間の早朝掃除を行った。1990年7月6日校門圧死事件が起きた兵庫県立神戸高塚高等学校と同じような登校指導を行い、登校時間後は門扉を施錠していた。

他にも月1度の除草作業を生徒全員参加で行い、愛校心を深める教育にも力を注いでいた。靴下は全員で統一された。

上記の内容は1985年から1990年代前半まで行われていたもので、2006年には生活指導に関するものは登校指導、頭髪服装検査が学期間に数回実施されるのみになった。近年ではカーディガン着用も認められている。

沿革[編集]

著名な卒業生[編集]

交通アクセス[編集]

付記[編集]

  • SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年8月公開)の劇中の回想シーンで主要メンバーが通っていた高校として学校周辺が登場する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]