千本倖生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せんもと さちお
千本 倖生
生誕 (1942-09-09) 1942年9月9日(81歳)
日本の旗 日本 奈良県奈良市
出身校 京都大学工学部電子工学科卒業
フロリダ大学修士課程・博士課程修了、工学博士(電子工学)
職業 連続起業家
実業家
教育者
活動期間 1966年 - 現在
団体 株式会社レノバ取締役会長
公益財団法人千本財団代表理事
著名な実績 DDI(現在のKDDI)共同創業者
イー・アクセス株式会社創業者
イー・モバイル創業者
影響を受けたもの 稲盛和夫
松下幸之助
小倉昌男
公式サイト 千本倖生 (100004231245937) - Facebook
テンプレートを表示

千本 倖生(せんもと さちお、1942年9月9日 - )は、日本連続起業家実業家教育者

日本電信電話公社(現在のNTT)を経て、DDI(第二電電、現KDDI)を共同創業した。その後慶應義塾大学教授に転じた。イー・アクセス株式会社、続いてイー・モバイル(現Y!モバイル)を創業し、両社の代表取締役社長、会長を務めた後、同社取締役名誉会長を務めた[1]2014年3月に同社取締役名誉会長職を退任。同年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任し、2015年8月より代表取締役会長に就任。2017年9月に公益財団法人千本財団を設立、代表理事を務める。

経歴[編集]

日本における通信事業開拓者として知られる人物である。京都大学卒業後、日本電信電話公社に入社。フルブライト奨学生としてフロリダ大学へ留学し、電子工学の修士・博士(Ph.D.)の学位を取得。

電電公社近畿電気通信局部長(当時42歳)時代に自社・電電公社の通信独占状態に疑問を持ち、同社を退社。新しい通信事業会社の構想を京セラ社長(当時)の稲盛和夫に説き、1984年に稲盛の指導を得て第二電電株式会社(DDI、現在のKDDI)を創業し専務に就任した[2]。DDIでは通信自由化により専用線事業、市外電話事業を興し、続いて携帯電話事業(DDIセルラー、現在のau)、イー・アクセスへの吸収を経てワイモバイルへ。現在はソフトバンクに吸収)を立ち上げ軌道に乗せ、1994年にDDI副社長 兼 DDI東京ポケット電話社長に就任。

シリコンバレーのエクセレントカンパニーの取締役や世界的通信社のロイター発起人会社 取締役を務めたほか、1996年慶應義塾大学教授に就任[2]1997年スタンフォード大学客員フェロー、2001年カリフォルニア大学バークレー校客員教授、カーネギーメロン大学客員教授、2006年カンタベリー大学招聘教授を歴任[3]

1990年代後半にインターネット急速に普及し始めたことからADSLの回線卸を業とするイー・アクセスを創業(1999年[4]。2004年には当時の最速記録となる創業5年での東証1部上場を達成[5]2005年には、新規参入の携帯電話会社イー・モバイルを創業(2011年には親会社のイー・アクセスに吸収)、データ通信を中心とした契約プランで契約数を伸ばした。

2012年10月、株式交換によりイー・アクセスはソフトバンクと合併を発表[6]日本経済新聞のインタビューの中で、KDDIからも同様の提案があったことを明らかにした上で、孫正義のiPhoneに懸ける情熱に圧倒され、従業員や株主へのフォローが約束されたことから、交渉開始から約10日でソフトバンクへの売却を決断した、と述べた[7]

2014年3月にイー・アクセス株式会社取締役名誉会長職を退任。同年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任し、2015年8月より代表取締役会長に就任[8]

2017年9月に公益財団法人千本財団を設立、代表理事に就任。財団内容はアジア太平洋各国において、経済的に困窮する優秀な若者に対し、日本国内の大学における勉学・研究のための財政的援助を行い、将来各国のリーダーとなる人材の養成をすると共に、日本とアジア太平洋各国の相互理解の深化に貢献[9]

2022年、東京ニュービジネス(NBC)協議会主催『第4回経営者大賞』に選出[10]

人物[編集]

  • こだわりは「忍耐強くきちんとやり、途中でやめないこと」[11]
  • 趣味は読書、書道[11]
  • 座右の銘は「周到に準備をして果敢にリスクを取れ!」[11]
  • 尊敬する人は稲盛和夫松下幸之助小倉昌男[11]
  • 仕事の魅力について取材で聞かれ、「新しいことへの挑戦には必ずリスクや困難が伴う。リスクや困難に正面から立ち向かい乗り越え、目的を成し遂げたときの喜びと充足感が魅力であり、次の挑戦への勇気とバネを与えてくれる」と答えている[11]

略歴[編集]

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 『起死回生のマネジメント―「市場共生経営」のアクション・プログラム』(著書:B.チャールズ エイムズ、PHP研究所、1994年3月1日) ISBN 978-4569542904
  • 『MBA 起業家育成』(著者:ウィリアム・D. バイグレイブ、学習研究社、1996年12月1日) ISBN 978-4054007109
  • 『トルネード経営―「超成長」への戦略』(著者:ジェフリー・A. ムーア、東洋経済新報社、1997年8月1日) ISBN 978-4492520857
  • 『ベンチャー創造の理論と戦略―起業機会探索から資金調達までの実践的方法論』(著書:ジェフリー・A ティモンズ、ダイヤモンド社、1997年2月1日) ISBN 978-4478372036
  • 『「ネットワーク経済」の法則―アトム型産業からビット型産業へ…変革期を生き抜く72の指針』(著者:カールシャピロほか、IDGコミュニケーションズ、1999年6月1日) ISBN 978-4872803778

関連書[編集]

  • 『手にとるようにADSLのことがわかる本―最も身近なブロードバンドはこれだ!』(著者:イー・アクセス、かんき出版、2001年12月1日) - 監修 ISBN 978-4761259686
  • 『英知25人が示す 日本の針路』(ウェッジ、2014年5月23日) - 国内外英知25人の1人として寄稿 ASIN B00KHJRG9W

脚注[編集]

  1. ^ a b イーアクセス株式会社 (2014年2月28日). “取締役の辞任に関するお知らせ”. 2014年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 1999年にイーアクセスを創業し社長に就任。更にイー・モバイルを創業し会長・CEOに就任。千本倖生氏―世界に通ずるアントレプレナーシップとは(グロービス2009年1月20日付記事)2012年10月2日閲覧
  3. ^ a b 2022年8月12日付けで千本倖生 氏がインフィニティ国際学院中等部・高等部 顧問に就任したことをお知らせ
  4. ^ イー・モバイル会長・千本倖生氏―世界に通ずるアントレプレナーシップとは(グロービス2009年1月20日付記事)2012年10月2日閲覧
  5. ^ 千本倖生氏インタビュー「ADSLはまだこれから伸びる 携帯電話新規参入に決意」(月刊テレコミュニケーション2005年1月号、2012年10月2日閲覧)
  6. ^ ソフトバンク株式会社による株式交換を通じてのイー・アクセス株式会社の完全子会社化に関するお知らせ 兼 ソフトバンクモバイル株式会社とイー・アクセス株式会社の業務提携のお知らせ (PDF) (イー・アクセス株式会社2012年10月1日付プレスリリース、同年10月2日閲覧)
  7. ^ “決め手は「iPhoneへの孫氏の熱意」 イー・アクセス会長が語る”. 日本経済新聞. (2012年10月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0200N_S2A001C1000000/ 2012年10月2日閲覧。 
  8. ^ 経営メンバー | 株式会社レノバ
  9. ^ 財団設立趣旨
  10. ^ 【財界編集部】レノバ・千本倖生会長が東京NBCの『経営者大賞』受賞!
  11. ^ a b c d e イー・アクセス株式会社 千本倖生
  12. ^ a b c d e f g プロフィール(イー・アクセス株式会社、2012年10月2日閲覧)

関連人物[編集]

外部リンク[編集]