北神急行電鉄北神線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hokushinkyuko-logo.svg 北神線
谷上駅停車中の7000系電車(5連時代)
谷上駅停車中の7000系電車(5連時代)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 兵庫県神戸市中央区北区
起点 新神戸駅
終点 谷上駅
駅数 2駅
路線記号  S 
開業 1988年4月2日
所有者 Kobe-kosoku logo.svg 神戸高速鉄道(第3種鉄道事業者)
運営者 Hokushinkyuko-logo.svg 北神急行電鉄(第2種鉄道事業者)
車両基地 谷上車両基地
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線距離 7.5 km
軌間 1,435 mm標準軌
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式 車内信号閉塞式
保安装置 CS-ATCATO
路線図
ULine Seishin-YamateLine Map.png
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
hSTRa
神鉄Number prefix Kobe Railway line.png 有馬線
hCPICl
0.0 S01 谷上駅
htSTRa htSTRa
tSTRaq tSTRr tSTR
←神鉄:Number prefix Kobe Railway line.png 有馬線
KDSTaq tSTRaq tABZgr
北神急行本社・谷上車両基地
tSKRZ-A
阪神高速7号北神戸線
tSKRZ-A
阪神高速32号新神戸トンネル(南行)
uSTR+l uSTRq mtKRZ uKHSTeq
ハーブ園山頂駅
AETRAM tSTR
神戸リゾートサービス:
神戸布引ロープウェイ
tSTR
北神トンネル
uLSTR tSKRZ-A
阪神高速32号新神戸トンネル(南行)
umKRZt htSTReq tKRZh
htSTRaq
JR西山陽新幹線 山陽新幹線
uSTR tSKRZ-A HUB
阪神高速32号新神戸トンネル(北行)
HUBq
HUBrf
7.5 S02 新神戸駅
tSTR
ハーブ園山麓駅
tSTR
地下鉄Subway KobeSeishin.svg 西神・山手線
tSTRe
KHSTe
S17 西神中央駅

北神線(ほくしんせん)は、兵庫県神戸市中央区新神戸駅から北区谷上駅までを結ぶ北神急行電鉄鉄道路線である。

概要[編集]

神戸電鉄有馬線から神戸市中心部への短絡ルートとして建設された。谷上駅付近を除く全線が六甲山地を貫く全長7,276m[1]の「北神トンネル」となっている。このトンネル1997年北越急行ほくほく線が開業するまでは日本の私鉄最長の山岳トンネルだった。トンネルの建設に際しては自治体は出資せず、阪急電鉄日本鉄道建設公団の折半によって行われた。なお、北神トンネルとほぼ並行して新神戸トンネル有料道路が神戸市によって建設されている(1976年5月15日開通、2012年に神戸市道路公社から阪神高速道路に移管され阪神高速32号新神戸トンネルとなった)。

北神線を計画するにあたり、当時建設計画中で、当初計画では、現在でも市営バス路線にて混雑状態にある青谷・王子動物園方面への延伸の可能性をも考慮して山陽新幹線新神戸駅とほぼ並行する形で建設する予定だった神戸市営地下鉄山手線新神戸駅(当時は仮称布引駅)の位置を変更した。また、山陽新幹線新神戸駅の直下を掘ることになり、国鉄から「構造計算上、新幹線新神戸駅を2mm以上沈下させてはいけない」という厳しい条件を課せられた工事でもあった[2]

急勾配・短距離の路線であるため、車両の電気ブレーキが利かなくなる(回生失効)ことをなくす必要があり、車両の電気ブレーキで発電された回生電力を駅照明・駅務機器に利用できるようなシステムが当初より採用されている[3]

1995年1月17日阪神・淡路大震災では大きな被害はなく、翌18日には運行を再開し、この時点でまだ不通だった他の鉄道路線などに代わり、大阪その他日本各地から神戸市都心部へ直結する唯一の交通機関としての機能を果たした(ただし後述の通り、やむを得ないとはいえ運賃の割高さがネックとなり利用したくても利用できない被災者がいると言われた)。

しかしながら短い距離の割に運賃が非常に高いことから輸送量が伸び悩み、建設費(先述の日本鉄道建設公団のP線方式による)の金利負担が重くなって経営が苦しくなり、2002年4月1日に鉄道施設を神戸高速鉄道に譲渡し、神戸高速鉄道第三種鉄道事業者、北神急行電鉄が第二種鉄道事業者に変更されたが、神戸高速鉄道の他線とは異なり、営業や運行は引き続き北神急行電鉄により行われている。なお、神戸高速鉄道が20年間北神線の鉄道施設を保有した後、残資産及び残債務はすべて阪急電鉄が引き継ぐことになっている[4]

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):北神急行電鉄(第二種鉄道事業者)・神戸高速鉄道(第三種鉄道事業者)
  • 路線距離(営業キロ):7.5km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:2駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:車内信号方式
  • 保安装置:CS-ATCATO

運行形態[編集]

神戸市営地下鉄西神・山手線と相互直通運転を行い、一体的に運行されている。北神線のみの運転はない[5]。北神線からの列車はほとんど地下鉄終点の西神中央駅まで直通しているが一部は名谷駅までの運転となる。

  • 新神戸 - 谷上間
    • 平日:朝7 - 9分間隔、昼15分間隔、夕方6 - 12分間隔。
    • 土曜・休日:朝12分間隔、昼15分間隔、夕方15分間隔。

北神線ではワンマン運転を行っている(市営地下鉄西神・山手線内では車掌が乗務する)。

新神戸駅で北神急行と神戸市交通局運転士の交替が行われる。

女性専用車両[編集]

2002年(平成14年)12月16日より、相互乗り入れ先の神戸市営地下鉄西神・山手線の区間も含め、谷上方から3両目(4号車)は毎日終日女性専用車両に設定されている。毎日終日設定は神戸市営地下鉄も含め日本初の事例である。

女性専用車両
← 谷上
新神戸 →
6 5 4 3 2 1

車両[編集]

自社車両[編集]

乗り入れ車両[編集]

車両基地[編集]

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)4月2日 新神戸 - 谷上間が開業。神戸市営地下鉄と相互直通運転開始。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月1日 鉄道施設を神戸高速鉄道に譲渡。第二種鉄道事業者へ移行。
    • 12月16日 谷上方前から3両目に日本初の終日女性専用車両を設置。
  • 2006年(平成18年)10月1日 PiTaPaICOCAの利用が可能に。
  • 2011年(平成23年)3月1日 駅構内の喫煙コーナーを廃止し、駅構内を全面禁煙化。

駅一覧[編集]

  • 全駅兵庫県神戸市に所在。
  • 駅番号順に記述。正式な起点は新神戸駅。
駅番号 駅名 営業キロ 接続路線 所在地
S01 谷上駅 0.0 神戸電鉄KB 有馬線 北区
S02 新神戸駅 7.5 神戸市営地下鉄Subway KobeSeishin.svg 西神・山手線(直通)
西日本旅客鉄道■ 山陽新幹線
神戸リゾートサービス:神戸布引ロープウェイ(ハーブ園山麓駅)
中央区

延伸構想[編集]

兵庫県は子午線鉄道という名称で当路線を谷川駅まで約40km延伸する構想を持っている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北神急行電鉄 安全報告書2012 北神急行電鉄の鉄道施設の概要 (PDF) より
  2. ^ 阪急鉄道同好会報より。
  3. ^ 一般的な電力回生ブレーキの場合、同一変電所区間内の別の電車が電力を消費しなければ、電気ブレーキで発生した電力を使うことができず、結果、電気ブレーキが利かなくなる。新神戸方面行きはブレーキをほぼ常用する線路条件であり、早朝深夜等に列車本数が少ない場合に電気ブレーキが失効すると空気ブレーキのみに頼ることになり、安全性・車両メンテナンスに問題があるため。
  4. ^ 神戸市平成17年度財政援助団体等監査報告 (PDF) より
  5. ^ しかし新神戸駅は谷上駅方面に折り返し可能な渡り線が設置されている。
  6. ^ 川島令三著『日本三大都市未完の鉄道路線』p.305

関連項目[編集]

外部リンク[編集]