北海ハイジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北海ハイジャック
North Sea Hijack
FFOLKES
監督 アンドリュー・V・マクラグレン
脚本 ジャック・デイヴィス
原作 ジャック・デイヴィス
製作 エリオット・カストナー
製作総指揮 モーゼス・ロスマン
出演者 ロジャー・ムーア
アンソニー・パーキンス
ジェームズ・メイスン
音楽 マイケル・J・ルイス
撮影 トニー・アイミ
編集 アラン・ストラッチャン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 スウェーデンの旗 1980年3月30日
イギリスの旗 1980年4月3日
アメリカ合衆国の旗 1980年4月18日
日本の旗 1980年5月24日
上映時間 95分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

北海ハイジャック』(North Sea Hijack)(FFOLKES)は1979年イギリスの映画

テログループに占拠された油田基地を舞台に犯人と特殊部隊の駆け引きを描くアクション映画。『007』シリーズのジェームズ・ボンド役で知られるロジャー・ムーアが、ボンドとは対照的な堅物男を演じる。

ストーリー[編集]

1970年代後半のイギリスは北海油田を国家の主要な財源のひとつにしていた。ルー・クレーマーと名乗るリーダーとその5人の仲間たちは、小さい方の油田掘削基地「ルース」に交換部品を運ぶエスター号に、報道陣と偽って乗り込み、「ルース」とさらに大きな「ジェニファー」に爆弾をしかけ、イギリス政府に2500万ポンドの身代金を要求する。期限は翌日の夜9時までの24時間ということで、ティッピング枢密院議長と首相を含む政府閣僚は緊急会議を開き、民間会社でこの手の事件を請け負うルーファス・フォークスとその6人の部下がその対策という任務を受けることになる。フォークスは女性より猫を愛し、スコッチウイスキーをラッパ飲みするという変人だが有能な人物で、F.ブリンスデン海軍提督の副官ということにして、交渉の場でクレーマーを殺す段取りをする。翌日の夜、嵐の中をヘリコプターでジェニファーからエスター号に乗り込んだ提督とフォークスだが、フォークスは少し怪しいというクレーマーの判断で乗船が許されず、手順が狂う。しかしダイバーとしてエスター号に着いたフォークスとその部下は犯人たちと争い、リーダーのクレーマーも提督の機転で殺され、事件は解決する。記念のお礼にフォークスが政府からもらったものは、エスター、ルース、ジェニファーと名前がつけられた3匹の白い子猫だった。

スタッフ[編集]

  • 監督:アンドリュー・V・マクラグレン
  • 製作総指揮:モーゼス・ロスマン
  • 製作:エリオット・カストナー
  • 原作・脚色:ジャック・デイヴィス
  • 撮影:トニー・アイミ
  • 音楽:マイケル・J・ルイス
  • 編集:アラン・ストラッチャン
  • 美術:モーリス・カーター
  • 提供:シネマセヴンプロダクションズ・リミテッド、ユニバーサル映画

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ テレビ朝日
フォークス ロジャー・ムーア 若山弦蔵 広川太一郎
ブリンスデン提督 ジェームズ・メイソン 内田稔 前田昌明
ルー・クレーマー アンソニー・パーキンス 野沢那智
ハロルド・シュルマン マイケル・パークス 神山卓三 富山敬
キング デヴィッド・ヘディソン 阪脩 玄田哲章
オラフセン船長 ジャック・ワトソン 千葉耕市 梶哲也
フレッチャー ジョージ・ベイカー 原田一夫 阪脩
ティッピング枢密院議長 ジェレミー・クライド 千田光男 小川真司
ヘリング デイヴィッド・ウッド 増岡弘 西川幾雄
首相 フェイス・ブルック 土井たか子 谷育子
その他 戸田恵子
高橋ひろ子
山口健
塩屋浩三
喜多川拓郎
戸谷公次
塚田正昭
石塚運昇
村松康雄
石井敏郎
山田栄子
筈見純
大塚芳忠
若本規夫
加藤正之
鈴置洋孝
北村弘一
秋元羊介
榊原良子
立木文彦
石森達幸
塚田正昭
沢木郁也
演出 壺井正 福永莞爾
翻訳 高橋京子 宇津木道子
効果 PAG リレーション
調整 飯塚秀保 荒井孝
担当 大橋義輝
配給 日本MCA
解説 高島忠夫 淀川長治
製作 フジテレビ
グロービジョン
東北新社
初回放送 1984年2月18日
ゴールデン洋画劇場
21:02-22:54
1988年9月11日
日曜洋画劇場
21:02-22:54

外部リンク[編集]